モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。

2008年7月21日 の出来事

坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-

んんん・・・。

市場の食堂で注文した「モーレ・ネグロ」をスプーンですくって口へ運ぶと、何とも表現しがたい不思議な味わいが口の中に広がり、思わず弱った羊のような悲しい唸り声をあげてしまった。

はっきり言って、この「モーレ・ネグロ」は僕の口に合わなかった。

白いご飯とその上にかかってる黒いソースが、日本人的な感覚からすると、ものすごくありえない組み合わせだったからだ。まあ、もともと合わないってのがわかった上で注文したわけだから、自分が悪いといえばそれまでだけど。。

しかし三度の飯が何より好きな僕ら夫婦にとって、これはとっても残念な状況だった。なんとも悲しい白と黒のハーモニー。

「見た目はビーフシチューみたいなんだけどなあ・・・」

渋い表情でそんな言葉をボヤきながら、その黒いソースのかかったご飯を、ため息まじりで少しずつ口へ運ぶよりほかなかった。

そろそろお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、この黒いソースの正体は一体何かというと・・・、


実はチョコレートなのです! オアハカ名物チョコレート!


で、真ん中の固まりはチキン。つまり、我々が口にしているのは、チョコレート・ライス・ウィズ・チキンというわけです。

英国紳士風に流暢な英語で声に出して発音すると、何となくしっくりくる「チョコレート・ライス・ウィズ・チキン」だけど、日本語にすると「チョコレートかけ鶏ご飯」になるわけで、当然しっくりくるわけがない。

普通のチョコレートとは違って、甘さはそれほど強くなくコクも深いので、食べれないってほどではないけども、でも僕らにはどうしても受け入れがたい味に思えた。

料理にコクを出すための隠し味としてチョコレートを入れたりすることはあるけど、この「モーレ・ネグロ」においては、そのコクが全く逃げも隠れもせず、モロに前面に出てきているように感じがした。

なぜなら、何度も言いますが、これは「チョコレートかけ鶏ご飯」だからです。

さすがのチョコレート好きの嫁も、これにはちょっとお手上げ状態・・・。

というわけで、この旅行中なかなか食べ残すということがなかった僕ら夫婦だけど、このモーレ・ネグロは、結局半分以上食べ残してしまった。

こんなに食べ残したのは、某国のあの酸っぱい主食以来かも。

でも地元の人たちは美味しそうに食べてるみたいだし、慣れると美味しく感じるのかもね。日本人が、おはぎを好むように。

市場内の商店には、こうした料理用と思われるチョコレートが味噌のように盛られてたり、岩石みたいな荒削り状態で置かれたりしてて、見てる分にはすごく美味しそうだった。まあ、昨日のホットチョコレートみたいな感じで甘い系の飲み物やデザートになれば、実際美味しいんだろうけど。

とりあえずチョコレート盛りだくさんの新鮮な光景でした。

さて本日は、メキシコ最大のお祭りゲラゲッツァの開催日。

朝からすでに町全体が盛り上がってるようで、市場の中も昨日より熱気と活気であふれかえっている。市場内を行き交う人たちの表情も一様に明るく、たいていの人が顔の中のどこかの部分に笑いを浮かべていた。

モーレ・ネグロの攻撃で若干げんなり状態だった僕らも、市場の中を歩いていたら、少しずつテンションが上がってきた。子供の頃、お祭りの日になるとやたらと心が躍っていた記憶があるけど、市場内の人々の様子を目にするにつけ、その子供時代のワクワク感に近いような状態に気持ちがたかぶっていったのだった。

うーん、祭りってやっぱりいいもんだねえ~。

昼間から缶ビールをグビグビあおりながら勢いよく市場から外に出た僕らは、民族衣装を身にまとった人たちの姿がポツポツ目につくオアハカの町の中を、気分よく大股で歩き始めたのだった。

ゲラゲッツァは、民族舞踏の祭典だ。

オアハカの各村から民族衣装をまとった踊り子たちが集まり、観客たちの前で各民族固有の伝統舞踊を披露するというこのお祭り、開催日は7月後半の2度の月曜日で、それぞれ午前・午後にメインイベントが開かれるとのこと(つまり計4回)。

今日はその1度目の月曜日にあたるのだが、すでに時計はお昼をまわっているので、もう午前の部は終わってしまったようだ。

まあ、お祭りを実際に見るよりもお祭り気分を味わうことがお祭りの醍醐味だと勝手に思いこんでいる僕らにとっては、午前の部が既に終わってようがどうでもいいことですが。

ただ、「せっかくなので」という言葉も結構好きな貧乏性の僕らは、やっぱ午後の部ぐらいは軽く見てみようかなという気持ちになり、喧騒の中をかき分けかき分け、その会場である通称・月曜日の丘、フォルティン丘へと向かって歩き始めたのでありました。せっかくなので。

手元に地図は無かったけど、フォルティン丘がどこにあるのかはすぐにわかった。

町の西側にある小高い丘の上から、沸き立つような音が、風とともに町の中に吹きつけてきていたからだ。

それはまぎれもなくお祭りの会場から響いてくる歓声だったわけで、丘の頂上にびっしりと敷き詰められたカラフルな米粒のようなものは、間違いなくお祭り会場を埋め尽くした観客たちだった。

丘の上を目指し、坂道を進んでいった。

オアハカの標高は1,550メートルと結構高いので、坂道は少ししんどい。しかもビールを飲んで若干フラフラ状態なので、かなり酸素が足りない感じがする。

そのため、とにかく前に進むことに集中して坂道を歩いていたのたが、歩き始めて十数分が経ったぐらいの頃、隣に嫁の姿が無いことにふと気がついた。

で、後ろを振り向くと、20メートルほど後方でうずくまっている嫁の姿が目に入った。

うちの嫁は「チョコレートを食べると昼寝したくなる病」という持病があるため、もしや路上で昼寝してしまったのかもと思ったが、どうやら本当に体調が悪くてうずくまっているようだ。

嫁のもとに駆け寄り、話を聞いてみるとお腹の具合がよろしくないらしい。もしかしたら、モーレ・ネグロがお腹に合わなかったのかも・・・。

しょうがないので、歩くのを一旦停止。

近くのお店に入って、お口直しのハンバーガーとか食べながら、しばらくゆっくり休憩することにしたのだった。

結局そこで1時間ぐらい休憩していたのだが、椅子に座ってダラーっとしていたら、なんとなく坂を上るのが面倒くさくなってきてしまった。

で、最終的にお祭りの見学はとりやめ。

嫁のお腹は回復したとはいえ、無理して坂を上ってもしょうがないしね。気分的には祭りをすでに満喫してるので、まあいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、祭りの様子は↓のような感じだったみたいです。なかなか楽しそうですね。


かわりに他の名所を見て回ることにした。

まずは、オアハカ郊外のエルトゥーレという地域にあるトゥーレの木。教会の敷地内に生えてました。

どうやら世界最大の幹回りを誇る木らしい。

樹齢2000年を超えるこの老樹の幹回りは、なんと57.9メートル。まさに世界一の巨根!しかもすげーモサモサです。

でも、「このー木、なんの木♪」の木よりも小さい気がしたのは、テレビの見すぎかな・・・。

続いては、サントドミンゴ教会。

16世紀から100年もの歳月をかけて建造された聖堂で、メキシコバロックの代表建築。

内部の装飾はものすごくって、その豪華絢爛な感じに圧倒された。これほどの装飾は、本場のスペインにもそう無いんじゃないでしょうか。

これは一見の価値あり。

最後はやっぱり市場に戻って、バーベキュー屋台みたいなのがたくさんあるところで夕食。

あまりに煙がもくもく充満し過ぎてて、色んなものがよく見えなかったりしたけど、でも目の前で焼いてくれた肉はなかなか美味かった。あと、ネギも。

なんとなく「食ってるぞ!」って感じのする肉食系の夕食でした。

こちらも動画を。


そんな感じで、オアハカを大いに満喫。

気分的にも体的にもお腹いっぱいになった僕らは、夕食後バスターミナルへと向かい、次なる町サンクリストバル・デ・ラスカサスを目指して、夜行バスに飛び乗ったのだった。

さよなら、オアハカ。そして、チョコレート・ライス。



2008年7月20日 の出来事

気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-

朝10時。ペンションアミーゴを後にした僕らは、地下鉄1号線に乗ってバスターミナルへと向かった。

大都会なだけあって、メキシコシティにはバスターミナルが4つも存在する。

だいたい大きな都市でもバスターミナルは1つか2つしか無いというのが海外では一般的だが、この町にはなんと、東西南北それぞれ向かう方向別に4つもターミナルが設けられているのだ。

うーん、なんだかすごい。浦和の駅には負けるけどね。

今回やってきたのは、東方面バスターミナル。つまり僕らはこれから中米を東へ向かって進んでいく予定なのだ。

メキシコシティの北部にも広大なメキシコ領土が広がっていて、魅力的な町や名所がたくさんあるのだが、残された時間を考えると、やはり東へ進まざるをえなかった。

中米の旅の最終目的地である、ちょっと美味しそうな名前の国「ベリーズ」は、カリブ海に面したユカタン半島の付け根部分、つまりメキシコシティからひたすら東に進んだ突き当りにある国なのだ。

というわけで、ニョロニョロと北に行ったり西に行ったり南に行ったりするわけにもいかない僕らは、売店で買った昼飯のタコスを口の中にほおばりながら、メキシコシティの東に位置する町オアハカ行きの長距離バスにあわただしく乗り込んだのだった。

目が覚めると、そこはオアハカのバスターミナルだった。

どうやらひどく爆睡していたようだ。あまりに深く眠っていたせいで、ここがオアハカだという事実、そして時計の針が出発してから6時間以上も進んでいるという事実を俄かには信じられなかった。

昔、中二の頃に失神ゴッコをして気を失ったことがあるが(しかも倒れたときに頭を痛打した)、そのときと同じで、目が覚めたらなんだかよく理解できない状況に自分がいて、すごく不思議な感じがした。

嫁によると、気絶してるんじゃないかと思うほどグッスリ眠っていたとのことなので、もしかしたら本当に半分ぐらい気絶していたのかもしれない。

ちなみに、この爆睡の原因は明白で、昨晩の夜更かしのせいなのは間違いない。

昨日は日中かなり歩き回って疲れていたにもかかわらず、夜中、ペンションアミーゴのリーディングルーム(漫画部屋?)で行われていた麻雀の見学に夢中になってしまったのだ。

さらに「雀鬼流だね」とか呟きながら闘牌の様子を眺めていたら、途中からなぜか無性にエロ本を読みたくなってしまい、部屋の中に転がっていたエロ本鑑賞に没頭。明け方近くまでまさに精読してしまったのだった。

それにしても、「メキシコでエロ本読んで気絶」なんて中ニ以下だな・・・。

ちなみに中ニの失神のときは、教室の床の上で目覚めたときに、クラスの女の子の白いパンツが見えてちょっと得した気分になったけど、今回は目覚めたときに、隣のオッサンの左頬のホクロ毛(約5センチ)が目に入って、すげー損した気分になった。

とまあ、話が飛びまくってしまったけど、とりあえずオアハカに到着!

オアハカ州の州都オアハカは標高1,550メートルの盆地に広がる古都だ。

メキシコで初めて先住民族から大統領に選出された国民的英雄ベニート・フアレスにちなんで、「オアハカ・デ・フアレス」という名でも呼ばれているこの町(フアレスはオアハカ州出身)の最大の産業は観光業であり、コロニアル様式の歴史地区や郊外に広がる先住民たちの古代遺跡群は世界遺産にも指定されていて、国内・海外問わず数多くの観光客を惹きつけている。

そんな観光都市オアハカだが、ちょうど今の時期、7月下旬にこの町は一年で一番の盛り上がりをみせる。メキシコ最大のお祭りである「ゲラゲッツァ祭」がこの町で開催されるのだ。

でも僕らがこの町に来たのは、そのお祭りのためではなかった。

最大の目的は「食」。

そう、僕らはこの町の特産物として有名なチーズ、そしてチョコレートをモグモグ食べるためにここまでやってきたのだ。

移動中はいつもグッスリ眠っているうちの嫁だけど、今回はチョコレートのことが気になって興奮してバスの中で眠れなかったようで、僕の気絶状態を横目に見ながら、ヨダレをたらして妄想にふけっていたそうだ。

どんなチョコレートが食べられるのだろうか。すごく楽しみだ。

さて、まずはお決まりの宿探し。

「明日がお祭り本番なので、どこも満室かもなあ・・・」と若干不安になりながら宿探しをしたんだけど、意外とあっさり空き部屋のある宿を見つけることできた。

部屋の中に電源コンセントが無いのとゴキブリが何匹か床をはっているのが少々いただけないが、でも全体的にキレイで悪くない宿だ。

早速、荷物を部屋に置いて外出。

宿の近くにチョコレート屋っぽいのが何軒か並んでいたが、まずは町を散策することにした。

歩いてみると、オアハカは想像どおり、古い建物や教会が多く残る綺麗で風情のある町だった。

メキシコシティとは違って、規模の小さいこじんまりとした町だけど、歩いてるだけで気分が良くなるようなそんな町並みが広がっていて、古都のしみじみとした趣が町全体からにじみ出ているような感じがした。

ただそれだけではなく、お祭り前だからだと思うが、町全体がすごくにぎやかで、活気に満ちあふれていた。

町の中心の広場では、すでにイベントらしきものが開かれていて、休日の渋谷のハチ公前ぐらいの人だかりができていた。民族衣装らしきものを身にまとった人もいて、なんだかとても楽しげな雰囲気だ。

お祭りが目的でこの町に来たわけじゃないけど、でもこれだけ盛り上がってる町の様子を見ると、僕らもワクワクせずにはいられなかった。

やっぱりお祭りの雰囲気っていいですねえ。まだ前日ではありますが。

そんな感じで、1時間ほどで散歩終了。

まあお祭り当日でも観光はできるので、本格的な観光は明日にまわすとして、今日はこれでお開き。嫁も病み上がりでちょっと疲れてるみたいだし、カフェでマッタリ過ごすことにした。

カフェで注文したのは、もちろんホットチョコレート!

飲み物版のチョコレート、念願のチョコラテ・カリエンテだ。

細かな泡で表面が覆い包まれた上品なその飲み物を口に含むと、泡の下から独特のカカオの香りと濃厚な甘さがドドドドーとあふれてきて、口の中全体を喜びで満たしてくれた。

隣がチョコレートの町工場っぽいから、たぶん作りたてなんだろうと思う。本当に鼻血が出そうになるぐらいに美味しかった。嫁もとっても上機嫌。

まあちょっとコッテリしすぎてて、1杯で十分って感じではあったけどね。。

というわけで、とりあえずこれでこの町に来た目的はある程度達成。いやあ楽勝、楽勝~。

明日は、お祭りと観光、ノンビリ楽しみたいと思います。




2008年7月19日 の出来事

カラフルな一日 -メキシコシティ-

昨晩は遅くまで映画を観ていたにもかかわらず、今日はかなり朝早くに目が覚めた。

いつも朝は苦手なのに、今日は朝からすごく調子が良い。不思議なぐらいに元気がみなぎっている。

さすがはピラミッドパワー。

けど、嫁は今日も相変わらずグッタリ状態・・・。だいぶ回復してきたとはいえ、活発に外を出歩くにはまだまだ辛い状況みたいだ。

そんなわけで、またまたひとりで町を散策。

今日は全般的にカラフルなところを見て回ったので、写真や動画を多めにお送りしようと思います!


まず訪れたのは、静かな並木道に面した鮮やかなピンクの壁の建物。

この建物は、20世紀を代表する建築家、ルイス・バラガン設計によるヒラルディ邸。

僕は建築に関して造詣が深くないのであまり知らないんだけど、ルイス・バラガンは「静かなる革命家」とも呼ばれた天才建築家。Wikipediaによると、「彼の建築は内部空間の使い方や庭園に特色があり、伝統とモダニズム建築を融合させたそのスタイルは、他の建築家たちにも影響を及ぼした」とのこと。

で、このヒラルディ邸はバラガン最後の作品ってことで、すごく有名。シャープのAQUOSのCMにも登場したことがあるそうだ。

でも実際は、名前の通り普通の民家。

バルセロナで見学したガウディのカサ・バトリョみたいに、建物の中には普通に人が暮らしているみたいだ。

そのため内部を見学したい場合は、「ピンポーン♪」って感じで呼び鈴を鳴らして中の住人を呼び出し、「見学させてください」とお願いする必要がある。入場料を支払うと、住人が内部へ招き入れてくれるらしいのだ。

だけど、僕が訪問したときは住人は留守だったのか、呼び鈴に全く反応が無かった。

というわけで、ピンクの壁の向こうには行けず。。

うーん、あの神秘的な赤と青のプールのあるダイニングを見たかったんだけどなあ・・・。残念。

ちなみにヒラルディ邸の内部は3D化すると、↓こんな感じみたいです。

では次へ。

今度は先ほどとは打って変わって、地味な外観のこの建物。

なんと、これもルイス・バラガンの建築物!

しかも彼が後半生を過ごした自宅兼仕事場であります。

外観はちょっと控え目だけど、三階建てのコンクリートの内部には、光と色にあふれた独特のバラガン的空間が広がっているとのこと。

ちなみにこちら、世界遺産。

以前、旅先で会った人に「ぜひバラガン邸の内部を見学したほうがいい。きっと自分の中の建築観が変わるよ」と言われたことがある。

バラガン邸はその人にとっての金字塔だったようで、彼はものすごく熱心に口角泡を飛ばしながらその素晴らしさを力説してくれた。

その熱っぽさは、ドラクエⅣが発売された次の日に「やっぱドラクエおもしれー。オレ、もうトルネコの章まで進んだばい」と、まるで取りつかれたようにクマができた目で熱く語っていた僕の小学校のクラスメートH君を彷彿とさせるほどだった。

それほどまで絶賛される建物ならばぜひ内部も見学せねば!ということで今回訪れたこのバラガン邸。

しかし・・・

内部見学するには電話とかで事前に予約をする必要があったようで、もちろん予約などしてない僕は扉の奥に入ることができなかったのだった。

      :

「予約無しで買えるわけないだろ、人生そんなに甘くないよ」

1990年2月某日。寒空の下、小5の僕は店のオヤジにそんな言葉をかけられながら、ファミコン屋の前で立ち尽くしていた。

そう、ドラクエⅣの発売日、予約無しで買い求めに行った僕は、見事にファミコン屋のオヤジから冷酷な門前払いをくらっていたのだった(だからH君のトルネコの話が実はとてもうらやましかった)。

そのときに知った人生の厳しさ、そして予約の大切さ・・・。

しかしその教訓は、20年近くたった今日においてもまったく活かされていなかった。このメキシコの地で、僕はまた同じような過ちを犯し、扉の前で立ち尽くしていたのだった。

こんなときにアバカムが使えれば・・・、とまでは思わなかったけど、あらためて予約の大切さを思い知った、そんなバラガン邸だったのでありました。

世界遺産の番組で紹介されたときの冒頭部分がニコニコ動画にアップされてるみたいなので、興味のある方はどうぞ↓

しかし、2~3日でいいから住んでみたいな、こういうところに。


さて、続いては意味不明な黒服軍団。

100人ぐらいウォルマートの近くでたむろってました。

一瞬、週末の明治神宮前かと思ったけど、とりあえず意味不明だったし、黒服に関わるとロクなことが無いので、無視して通過。はい、さようなら。

黒服軍団にバイバイした後は、地下鉄とバスを乗り継いで、中心部からちょっと離れた場所にあるソチミルコ地区へと向かった。

メキシコシティは、今の姿からはとても想像できないが、かつては緑の野山に囲まれた大きな湖、テスココ湖に浮かぶ壮麗な湖上都市だったそうだ。

しかし16世紀前半、スペイン人侵略者たちによって湖は見事なまでに埋め立てられ、「テノチティトラン」と呼ばれていたその湖上都市は姿を消した。かわりにスペイン風の町並みが広がる現在のメキシコシティが形作られたのだった。

現在のメキシコシティには、テノチティトランの頃、アステカ時代の名残はほとんど見当たらないが、ここソチミルコには、その頃の面影が辛うじて残されている。

この地区には水の都の象徴である、巨大な水路群が広がっているのだ。

世界遺産ということもあって結構な観光名所になっているようで、週末ともなると観光客があふれ、その水路を小舟に乗って周遊したりしているそうだ。

というわけで、ソチミルコでバスを降りた僕は、路上の看板などを眺めながら、水路が広がってそうな方角に向かって足を進めていったのだった。

んで、20分ほど歩き続けてようやく水路に遭遇。

「水路」というと蘇州とかベネチアみたいに、詩とか絵画とかが似合いそうな、ちょっとアーティスティックで落ち着いた雰囲気のものを想像しそうだけど、ソチミルコの水路はそれらとは様子がかなり異なっていた。

ド派手な舟がたくさん並んでて、なんだかとっても陽気な雰囲気があふれていた。

この独特のデコレーションが施されたトラヒネラと呼ばれる舟は、舟乗りが竿を水路の底にさして、前後に進んだり方向を変えたりする人力船だ。

そういう意味では柳川下りと通ずる面もあるけど、その風情は見ての通りだいぶ異なる。

舟の外観だけでなく、水路全体にメキシコ的な賑やかさがあふれていて、周遊していると花屋の舟やタコス屋の舟などが近付いてきて商売をはじめたり、マリアッチ楽団がやってきて舟の上で楽しげな音楽を演奏しはじめたりするのだそうだ。

とにかく楽しげ。

けど、そんなことを書きながらも、結局僕は乗りませんでした、舟。というか、料金が高すぎて乗れず。。

貸切になっちゃうので、ひとりだと高くついちゃうんだよねえ・・・。

でもまあ、雰囲気だけでも楽しめたってことで満足。ソチミルコの観光もこれで終了~。

というわけで、本日の成績。

・ヒラルディ邸 → 入れず
・バラガン邸  → 入れず
・黒服軍団   → 逃げた
・ソチミルコ  → 舟乗らず

この結果だけ見ると、「1日何やってたの?」って感じだけど、意外と今日は満足のいく一日だった。なんだか充実していた。

建物の中に入らなくても、町の中にたくさん色彩があふれていたし、町行く人たちの様子も活気があって楽しげだった。

「タコス」、「遺跡」、「スペイン風」などといったキーワードとは異なるメキシコの魅力を、今日は単に歩いているだけで味わうことができたような気がする。


宿に戻ると、嫁が元気にピンピンしていた。今日一日寝てたら全快したようだ。

そして、「メキシコシティ飽きたから、早く次の町行こうよ」と言ってきた。

たぶん部屋の中にずっといて飽きたってことと、この町自体に飽きたってことがごっちゃになってるんじゃないかなと思ったけど、経験上「病み上がりの嫁は逆らうと危険」なので、素直に同意し、明日この町を出ることにした。

次なる目的地は、チョコレートとチーズで有名な町オアハカ。

とりあえず、またメキシコの新しい魅力を発見できそうで楽しみです。



世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-