世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2007年8月 4日 の出来事

旅のはじまり -バリ-

朝7時に起床。

早速朝食を食べるために、外をブラブラして店を探す。

いやあ、それにしても念願の世界一周がスタートしました。
↓私ご満悦です。

適当な店に入って、ナシ・ゴレンセットとミー・ゴレンセットをたのんだ。
ナシ・ゴレン、ミー・ゴレンともに、日本でもお馴染みだが、インドネシアで最もポピュラーな料理だそうだ。


うん、なかなかの美味。

日本人の舌に合いそうな味付けだし、今後もインドネシア料理には期待が持てそうだ!


それにしても、スミニャックは欧米人が多い。しかも、欧米風のハンバーガーみたいなのを食べている。ここはインドネシアなのに。

昔どこかで聞いた話だが、ある日本人とアメリカ人が雪山で遭難した際、もうダメだと思い、「最期に何か好きなものを食べられるとしたら何が食べたい?」とお互い問答したそうだ。

日本人は「寿司」と答えたそうだが、なんとアメリカ人のほうは「マクドナルドのハンバーガー」と答えたそうだ。

何とも理解しがたい感覚。。

結局2人とも助かったそうだが、きっとアメリカ人は助かってすぐに雪山のふもとの街でマックのハンバーガーをほうばったんだろうなあ・・・。

そんな話を思い出す瞬間でした。


まあ、それはさておき、朝飯を食いながら、今日の予定について嫁と協議した。

結果、スミニャックよりクタのほうが、何かと便利がいいだろうということで、クタに行って宿を探して、街をブラブラ散歩しながら、明日以降のプランとかを考えようということになった。

で、クタへ行き安宿を探す。


ちなみに、東南アジアでの予算は以下のように考えている(いずれも1人あたり)。

・宿泊代:500円/日
・飲食代:500円/日
・娯楽代:300円/日
・移動代:30,000円(全部で)
・ビザ代:3,000円(インドネシアのみビザ必要)

かなり適当につくったのだが、そんなに贅沢をしなければ、だいたいこれぐらい、もしくはこれ以下でいけるんじゃないかと勝手に思っている。

バリから始まったこの東南アジアの旅は、バンコクを目指して進む。
バリからジャワ島に入り、ジョグジャカルタを通ってジャカルタへ。船でシンガポールへ入り、マレーシアから北上してバンコクを目指す。

25日ぐらいかけて8月末にバンコクに着ければと考えているので、上記予算からすると、だいたい6.5万円ほど、諸経費を加えると7万円ぐらいだろうか。


話がそれたが、この予算をもとに、僕らは2人で1,000円ぐらいの宿を探すことにした。100インドネシアルピーが約13円なので、7万か8万ルピーぐらい。

安宿が固まってそうな地区を回って、Zet Innという宿に決めた。7万ルピーのツインベッド、ホットシャワーはないが、そんなに汚くもないしまずまずの宿だ。フロントの青年も日本語が少し話せる気のよさそうな奴だった。


クタは、1960年代に欧米からのサーファーたちによって開拓されたエリアで、現在はバリ随一の繁華街として多くの観光客を惹きつける活気あふれる街だ。
バリのビーチに寄せる波は非常に良いらしく、サーフィンにきている日本人の姿も数多く見かけた。


僕らは、クタの喧騒の中をくぐりぬけ、まずは両替屋に行くこととした。

たくさんの両替屋の中から一番レートのよさそうな店へと入ると、見るからに怪しそうな2人組の店員が「ヘイ、カモン!」と僕らを呼び寄せた。

・・・2人組はその風貌通り、金額をごまかしてきた。計算機を巧みに使い、万と千の桁を1つごまかしてきたのだ。

何度かやり取りがあった後、そいつらを信用できなくなったので別の店へ。

でも、そこも同じ手で金額をごまかしてきた。

今度は穏やかに指摘すると、そいつはフッと微笑みながら、足りない分の紙幣を出してきた。

枚数を数えると合ってそうだったため「オーケー!」と言いかけたが、念のためもう1回確認してみると、合わない。。

「あれっ!?」

とそいつの顔を見てみたら、またフッと微笑みながら紙幣を差し出してきた。
いつの間に・・・。しかも意外と素直。

どんなトリックを使ったのかよくわからなかったが、とりあえず嫁はそんなやり取りに興奮したらしく、「ハー、両替屋が!」、「ヒー、両替屋が!」、「フー、両替屋が!」と、一日中鼻息荒くこのことをわめいていた。


昼飯を近くの安食堂風の店で食べる。

適当な肉とか野菜とかをピックアップして汁っぽいものと一緒にライスにかけて食べるスタイルで、意外と美味だった。


その後、ビーチへ行き砂浜を歩く。

波はいいみたいだが、あまりキレイな海ではなかった。水着も持ってきてはいるのだが、ここでは泳がず。もっとキレイな海で泳ぐということで、今回は散歩のみ。


それから、明日のウブド行きのバスチケットを買って、ネットカフェ行って就寝。

けっこう歩き疲れてぐっすり・・・。



ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments

ヒロミさん!お誕生日おめでとうございます!!ナシゴレン、ミーゴレンと名前のわからないランチプレートも大切な誕生日の思い出ですね。両替は気をつけなければいけないのも勉強になりました!『まじで?』は連呼しましたか?

  • ひでじぃ
  • 2007年8月13日 21:06



ブログ楽しく読ましていただいてます!
バリ島に入国する際に出国のチケットがないと通れないという事なんですが、フェリーなどで他の国へ行きたい時はイミグレーションでどうしたらいいでしょうか??
ちなみに20日にバリ着予定です。

  • 廣澤瑛介
  • 2014年5月19日 11:51




コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。