世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2007年10月 1日 の出来事

ジョカン近辺を散策したり -ラサ-

朝起きてからまず洗濯。

かなりの量の洗濯物がたまってるけど、この陽射しと乾燥した空気にかかれば一瞬で乾くだろう。

薄い空気に息を切らせながら、屋上まで階段を上る。

ポタラを眺めながら洗濯できるとは・・・。照りつける太陽の下で、悦に入りながらのんびりと洗濯物を干した。


さて、今日は街を散策というテーマのもと、外に繰り出す。

それにしても暑い、というか陽射しがキツイ!

高度が高いってこういうことなんだな、というのを実感してたら、洗面器を日傘にしてる僧侶を発見。

そりゃ、お坊さんも暑いっすよね。

今日は中国の独立記念日ということで、今週は国慶節という祝日期間。街中のいたるところで、赤い横断幕に「祝!」とかの文言が踊っている。

が、中共軍によるチベット侵略の歴史を考えると、そうした文言がとてもインチク臭く映る。

最近「ダライ・ラマ自伝」を読んでるのだが、僕の想像していた以上に、中国によるチベット侵略というものが、残忍で凄惨極まりないものだったということがわかってきた。

チベット人たちにとっては、拭えない歴史だよなあ。とても祝う気になんかなれんだろう・・・。

散策を続ける。

聖地ラサの中心の神聖なる寺院ジョカンのほうへ。

人波をかきわけて、ジョカンの入口の前に行くと、熱心に五体投地をしている人たちが大勢いた。

全身全霊を投げ出して仏法への帰依を示すこの礼拝法。真冬の凍りつきそうな時期でも、巡礼者はこの五体投地をしながらラサを目指して道を進むという。

地面に両手、両膝をつき、地面にひれ伏してお祈りをささげるチベタンたちを見ていると、その信仰心の深さを感じずにはいられない。


ジョカンの周囲をウロチョロ。

ここらへんには、巻物やらマニ車やら坊さんのプロマイド(?)やら何やらを売る土産物屋がたくさん。

我々も露店でタルチョを購入。願い事を書いてエベレストの近くにくくってくる予定。願い事は叶うでしょうか!?

それにしても、絵になる景色が多い。

写真もたくさんたまってるけど、ブログに掲載するには大量すぎるので、そのうち写真コーナーでも作ります、たぶん。


夕方ぐらいになると疲れてきたため、散策をやめてカフェでまったり。

香港人旅行家パズー氏の作ったこのスピン・カフェは、無線LANもつながるナイスなカフェでした。

宿に戻って洗濯物を取り込み、まったり。

そして、夕食を食べに行って戻ってきて、まったり。

まったり生活がたいぶ板についてた。いったい、いつまでラサにいることになるんだろか・・・。



ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments


コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。