世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2007年10月24日 の出来事

蝿が二匹とまる -ゴラクプル→ガヤー(ブッダ・ガヤー)-

朝5時半に起床。今日も移動が多そうだからがんばらねば。

眠い目をこすりながら荷物をパッキングしていたら、電気が消えて真っ暗に。

どうやら停電みたいだ。

インド名物の停電。この宿は自家発電もないらしく、電気が何にもつかないので全く目の前が見えない。

手探りで懐中電灯を探し出して、なんとかパッキングを終わらせて部屋を後にする。忘れ物してないといいけど・・・。


宿を出ると、駅前の路上でなんか木の枝みたいなやつを売っているオバアチャンがいた。

何なんだろうと思って買った人の行動を見ていたら、口の中に入れてゴシゴシしていた。

どうやら歯磨きらしい。普通の歯ブラシでやればいいのに、と思うのは僕らが日本人だからだろうか・・・。


発車時刻の30分前に駅に入った。

で、どこのプラットフォームから列車が出るか、駅員に尋ねた。

しかし、駅員もよくわからんという。しかも"Ask me sometimes."という意味不明の言葉を発している。

何回も聞けってこと!?

よくわからんので、適当なプラットフォームに行き、ハジプル行きはここから出るのかと聞きまくる。

しかし英語が通じないらしく、皆「よくわからん」みたいな表情をしている。

インドって英語が公用語じゃなかったっけ!?


ん~どうしよう、と唸っていたら、運よく目の前のホームに目的の列車が入ってきた。

よかった、よかった。

しかし、七年前インドに来たときは、列車は普通に三時間ぐらい遅れてたのに、なんと今回は数分遅れぐらいで出発。

七年でだいぶ進歩したもんだなあと感動しながら列車に乗り込む。

列車の中は意外にも快適だった。客も少なくてゆったりだし。

向かいの席に子連れの家族がいた。

はしゃいでいる子供の顔を見るとやはり濃い!

子供の頃からこの濃さってことは、オトナになったらどれだけ濃くなるんだろう思ってたら、オヤジの顔が目に入った。

圧倒的な濃さ!!

でも子供のほうは、濃いとはいえ、目鼻立ちがはっきりしてて、手塚治虫の漫画に出てきそうな感じでかわいらしい。泣き虫で甘えん坊だし。

こんな子供もインド人なんだよなあ・・・。


チャイを飲んだり本を読んだりしながら時間をつぶす。

昼近くになってお腹が減ってきたため、どこかの駅のホームで売っていたカレーみたいなやつを買う。

列車の中に持ち込むから包んでくれみたいな仕草をしたら、バナナの葉で作ったような皿に入れてくれた。

チャパティに包んで食べると、うん、意外とイケる!

14時頃に列車はハジプル駅に到着。

昨日ゴラクプル駅の窓口付近にいたニイチャンの話では、ここからパトナーという所までバスかリクシャーで行くといいらしい。

というわけで、ハジプル駅前にいたオートリクシャーに乗り込み、パトナーへ向かうことに。

日本だったら6人も乗ったら警察に停められそうな小さな車体に、12人が乗り込む。

よく考えるとラサから乗ったランクルの2倍以上の人員だ!

これは乗りすぎだろうと思ってたら、外を走る他のリクシャーもそんな感じだったので、どうやらこれがインド標準なのだろう・・・。

しばらく走ると、外にガンジス河や地平線まで広がるバナナの森が見えてきた。

なかなかよい景色。車内は狭いながらも、少しばかりの贅沢感を味わった。


30分ぐらい走った後、リクシャーはパトナー駅前に到着した。

ここからブッダ・ガヤーの近くのガヤー駅まで列車が出ているはず。

ようやくブッダ・ガヤーの後ろ姿が見えてきたぞーと意気込むも、どうやら今日の列車はもう終わったようだった。

しかし、まだ夕方前だしこんな何も無い街で一日潰すのはもったいないということで、バスターミナルを探しに行く。もしかしたらバスが出てるかもしれん。

そこらへんのインド人に道を尋ねながら、30分ぐらい歩き回ってようやくバスターミナルに到着。

あいかわらず英語は通じないが、「ガヤー、ガヤー」といって歩いていたら、ガヤー行きっぽいバスにたどり着いた。1時間後に出るらしい。

どうも今日は運がいいようだ。


バスが出るまで、のんびりと時間をつぶす。

バスターミナルの前には田園が広がり、牛が寝そべり、人間も座り込んでいた。青空床屋みたいなところで、髪を切ってもらったりヒゲを剃ってもらったりしているオッチャンもいる。

そんなのどかな風景をぼんやり眺めながら、そのあたりで立ちションをしていたら、いつの間にかチ○コに蝿がとまっていた。しかも二匹も!

少し変な気分になりながら黄昏に染まる。


あー、今日も結構がんばった。けど、あともうひとがんばりだ!

ということで、バスに乗り込みガヤーへ向けて出発。

街灯も何もない真っ暗な道をゴトゴトと揺れながらバスは走り、3時間ほどでガヤー駅前に到着した。

ここからブッダ・ガヤーまではリクシャーで30分ほどらしいが、もうだいぶ遅いし、あんまり治安もよくないらしいし、今日はガヤーに泊まることにしよう。

適当に駅前の宿にチェックインし、その宿の食堂で夕食。

お替り自由のターリーはなかなか美味しかったが、この店もベジタリアン。

そういえばここ3日ほど肉を食ってない。

あ~、たまには肉が食いたい・・・。



ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments


コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。