世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2007年11月11日 の出来事

インドのマクドナルド -デリー-

夜行バスは朝7時にデリーに到着した。

昨日の夜は眠れたことは眠れたけど、すごく寒かった・・・。インドのバスってほんと隙間風がひどいよね。。

なんとなく気だるい体を引きずりながら、バス停付近にいたリクシャーをつかまえてニューデリー駅近くのパハルガンジを目指す。

バックパッカーの集まるこのパハルガンジ、旅行者の間では世界的にも有名な安宿街だ。

メインバザールとも言われ、けっこうな賑わいを見せる地区なのだが、まあいろんな悪いウワサが絶えない。

ついこないだアーグラで会った学生さんも数百ドルほど騙し取られたとか言ってたし、デリーでトラブルに遭ったって日本人にこれまで5人ほど会った。

中には日本人とグルになって騙してくるインド人もいるらしい。

まあとりあえず用心用心。


ということで、パハルガンジに到着。宿を探す。

それにしても、やはりなんかゴミゴミしてて牛も多い。ウンチもいっぱい落ちてる。

まあ、だいぶインドに慣れてきたので大した驚きもないのだが、普通に考えると、10億人を抱える国の首都の駅前とは思えないよなあ。。

通りを歩くと、何人ものインド人が訛った英語で声をかけてくる。

「ハロー・マイ・フレンド!コリアン?ジャパン?」

当然のように無視を繰り返し、目的の宿を探し歩く。が、なかなか見つからない。

どこなんだろと思ってたら、背後から日本語で声がかかった。

どうせ胡散臭いインド人だろうと思って無視してたら、どうやら僕らが探していた宿のオヤジのようだ。

「わたし日本語話せます。うちは日本人宿ですから大丈夫、安心安心。」

と言ってるその口調がものすごく怪しいが、旅先で会った日本人もこの宿に泊まったって言ってたからまあ大丈夫だろう・・・。

とりあえずオヤジに付いていき目的の宿、エバー・グリーン・ゲストハウスにチェックインした。


これまでは姐さんと一緒に三人部屋に泊まることが多かったが、今回は久しぶりに別の部屋に泊まることになった。

バラナシで再会して以来の三人旅だったが、姐さんともここデリーでお別れだ。日本に戻るらしい。

デリーでお互い良い思いでが出来るといいねということで、とりあえず一緒に朝飯を食いに外へ繰り出す。

で、軽くチャイを飲んだ後、近くのチョウメン(焼きソバ)屋でチョウメンを食べる。

相変わらず、シンプルすぎる味のチョウメン。

具はキャベツのみで、ケチャップをつけないと全く味覚に届かないような味だが、でも腹が減ってたのでそれなりに美味く感じてしまった。

ふう満腹満腹!と店の外に出ると、なにやら見覚えのある日本人女性が目の前を通り過ぎた・・・。

後ろ姿を眺めながら、「誰だったっけ?」と思って声をかけようか迷ってたら、後ろからまた見覚えのある日本人男性が。


あっ、カトマンズで会った夫婦じゃない!?


声をかけると、やはりそうだった。カトマンズで風邪をひいて死にそうになっているときに路上で会った夫婦だ。

通称「うさぎとかめ」夫婦。うちら同様、さっきデリーに着いたところだという。

うちらの泊まってる宿を紹介したら、そこに泊まるということになった。

同じ宿に知ってる顔がたくさんいるってのはいいね。楽しいデリーライフになりそうだ!


朝飯後は、久しぶりに我々、夫婦水入らずで行動。

とりあえず新市街を目指す。

10分ほど歩くと、パハルガンジの喧騒とは対照的な大きなビル群が目の前に広がってきた。

おお、すごい!

インドでこれまで全く目にしなかったような近代的なビルが、いくつもバンバン立ち並んでいる。街並みもなんとなくハイソな感じだ。

さすがはデリー。久しぶりの都会的風景になんとなく安心。

まずは目的のcitibankのビルへ。

なぜかインドのATMでは国際キャッシュカードでもお金がおろせないことが多かったのだが(ATMにPlusマークとかついてるのに)、さすがはcitibankのATM、日本のキャッシュカードだけでなく、中国で作った人民元口座からもお金がおろせてしまった。

いやあ、都会はいいねえ。


厚さを増した財布に気持ちが大きくなった我々、昼飯を食うため、なんとマクドナルドへ!

これまたインド各地で全く目にしなかったマックも、ここデリーには何店舗か店があるのです(KFCとかサブウェイまである)。

さすがにビーフは扱ってないらしいけど・・・。

店の入口を入ろうとすると、厳つい警備員がゆっくりとドアを開けてくれた。さすがは高級料理店マクドナルド!

ウワサのカレー味の「マハラジャ・マック」は食べませんでしたが、久しぶりのジャンクな味に幸せを感じ、ソフトクリームまで食べてしまった我々夫婦でした・・・。


その後、一応観光名所といわれているインド門を見たりしながら、ブラブラして夕方ぐらいに宿へと戻る。

しばらくゆっくりした後、他の皆さんと一緒に5人で夕食を食べに行った。

やっぱり大勢で食べる食事っていいもんだねえと言いながら、皆でシェアして食べましょうということでタンドリー・チキンを1匹注文。

このインドの旅で初のタンドリー・チキン!

見た目からして美味そうだったが、食べてみるとやはり美味い。やっぱり大勢っていいもんだね。

が、ここで嫁に異変が・・・。

あれだけ、「タンドリー食いてえ!」と毎日のようにヨダレを流して騒いでいたのに、一口食べただけで手を休めてしまった。

他の人に気を遣ってるのかなと思ったら(まあ思ってないけど)、そんなことではなくて、なんと体の調子が悪くて吐き気がしているらしいのだ。

ん~、まずいなあ。マックで食べたソフトクリームがあたったのかな。。


とりあえず宿まで連れて帰って、ベッドに寝かせる。

が、嘔吐と下痢の繰り返しで眠ることもままならず、死にそうな顔になっている嫁サマ。

こりゃ本格的にまずいぞ・・・。


元医者と元看護婦だった、うさぎとかめ夫婦に色々とアドバイスをいただきながら、とりあえず脱水症状にならないよう注意して看病する。

深夜遅くにようやく寝付いたようだが、しかし大丈夫かな・・・。



ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments


コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。