世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2007年12月13日 の出来事

ヨーロッパ風チャーハン -チェスキー・クルムロフ-

嫁が本格的に風邪を引いてしまった。

「病は気から」と言うが、寒すぎて気合いも根性も尽きたらしく、あえなくダウン。この旅に出て、うちら夫婦がダウンしたのはこれで何回目になるのだろう・・・。

しょうがないので、今日は一人で町を散策すべく外へ飛び出す。

僕は中学生ぐらいの頃から、ヨーロッパに対して何となく憧れに近い思いを抱くようになっていた。

クラスの友人がカート・コバーンに憧れてボロボロのジーンズを穿くのと同じように、ヨーロッパに憧れてフランス映画を観、ブリティッシュ・ロックを聞き、ドイツ文学を好んで読んだ。

歴史や伝統を重んじ、流行に流されずに、本質的なものを追求するカルチャー。理よりも美、合理性よりも芸術性を追求し、頑なにこだわりを貫き通す人々・・・。

そんなステレオタイプのヨーロッパのイメージがその頃の僕の中にあり、それがとてもクールなものとして映っていた。

もし、レストランのメニューに「アメリカ風チャーハン」と「ヨーロッパ風チャーハン」があったら、迷わず後者を選ぶような、そんな盲目的なヨーロッパ信仰。

ある意味、非ヨーロッパ的な浅薄さでもって、ヨーロッパに対して憧憬の念を抱いていた。

そんな思いも年を経るごとに薄まっていった。

また自分の目でヨーロッパを見たり、ヨーロッパの人々と触れ合ったりしながら、自分の抱いていたイメージと実態の違いというのも何となくわかっていった・・・。


小さな川にかかる小さな橋を渡り終えたところで、教会の鐘が鳴り始めた。その鐘の音に合わせて歌うかのように、鳥たちが甲高い声で鳴き始める。

川のせせらぎと鐘の音と鳥の鳴き声が、赤屋根の町並みにごく自然に溶け込んでいった。

ふと、懐かしい感覚がよみがえる。

僕が思い描いていたヨーロッパのイメージは、もしかしたらこんな感じの町だったのかもしれないなあ・・・。

何となくそんな気がした。

缶ビールを飲みながら歩き周ったせいで、単に酔っ払ってそんなことを考えただけかもしれないが、まあともかく「素敵な町だな」と素直に思えたのはたしかだった。



ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments


コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。