世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2007年12月22日 の出来事

キリスト教国と仏教国 -ブダペスト-

インドやイスラエルなど宗教色の強い国を旅しているとき、現地の人からよくこんな質問をされた。

「お前は何教徒だ?」

そんなときは何となく自信なさそうにこう答えるのだった。

「う~ん、仏教徒」


もうすぐクリスマス。

日本ではクリスマスが近づくと街中に異様な熱気があふれてくる。

鮮やかな光を放つイルミネーションが輝きはじめ、ジングルベルのメロディがそこら中に鳴り響き、カップルたちがベッタリとくっつきながら通りを埋め尽くす。


キリスト教国のここハンガリーでは、そんな仏教国ジャパンとは対照的に、クリスマスが近づくとともに街からはどんどん活気が失われていっていた。

人々は通りから姿を消しはじめ、店という店がことごとくシャッターを下ろしはじめた。

気候が寒いだけでなく、街もほんとに寒~い雰囲気。

ヨーロッパのクリスマスは寂しいとは聞いていたが、これほどまでに街から生気を失わせてしまうものだとは思ってなかった。ほんとに街がシーンと静まり返っている。

皆、クリスマス前後は、家族とともに家の中でゆったりと時間を過ごすのだろうか。

まあとにかく旅行者である我々にとっては、あまり好ましくない状態であるのはたしかだった。

静まり返った街を歩いたところで面白くもないし、何よりお店がどこも閉まってしまうというのが辛い。外食ができないどころか、食料品も容易に手にするができなくなってしまうのだ。

というわけで、今日は買い出しに出かけた。クリスマス中に飢え死にしないように。

昨日ちょっと偵察した中央市場へ行き、野菜とか肉とか酒とかを物色。

かなりの時間、市場内をふらつきながらあれこれ欲しいものを探し歩いていた。やっぱりどこの国でも市場ってのは楽しいもんだね。

結局、大量の食料品が詰め込まれたビニール袋を両手一杯に持ち、指の肉をめり込ませながらなんとか宿へと戻った。

これで何とかクリスマスは越せそうだ・・・。


それにしてもキリスト教国って大変だよね、毎年クリスマスがこんなに静まり返っちゃうと。当日は交通機関も一部ストップするらしいし。

あ~、クリスマスは大賑わいな仏教国に生まれてよかった。



ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments


コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。