世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2008年2月19日 の出来事

無念の400シリング -モヤレ-

今日は嫁日記でございます!

このブログには、いつもワタシは何にもしてないように書かれてますが、実際は荷物の整理やパッキング、洗濯などなど、毎日毎日いろいろと忙しく雑務をこなしているのです。

昨日の夜も、部屋の中でボケーッとしてるダンナを横に、ワタシは部屋に散らかってるトウモロコシの粒を掃除したり、ダンナの汚いシミ付きパンツをたたんであげたりと大忙し。

なので、今日は朝からユックリのワタシ。

今日の目標は、数百メートル先の国境を抜けてケニア側へ入国することぐらいなので、特に急ぐ必要もないのです。イエイ!

がしかし、ダンナはケニアのお金シリングを手に入れるために、朝から外へ両替にお出かけ。

うむ、ご苦労。がんばってね。

しばらくしてから戻ってきたダンナ。

汗だくになりながら、わざわざ歩き回って両替商を探してきたみたいですが、どうやら両替に失敗して、いくらか損したそうな。まぁ残念。

ワタシ的にはレート計算がよくわからないので、ダンナの言ってる「失敗」の意味がサッパリわからなかったのですが、結論としましては、そんなダンナの顔がとてもマヌケに見えたのでありました。これまた残念。

そんな感じでノンキに午前中は過ぎていったのでした。この後、お金にまつわる惨事が起きることも知らず・・・。

まあその話は後ほど。

昼過ぎに宿を出て、ダンナと二人、国境のほうへと歩いて向かう。

しばらく歩くと、片側だけの踏み切りみたいな、ショボい木製の国境が見えてきた。

器用な小学生だったら、工作の時間とかに作ることができそうな、そんなヘボヘボな国境。

見張りの人もいないし、横の路肩を通れば、簡単にケニア側に行けてしまいそうな感じだ。

ていうか現地人は、向こう側とこちら側を自由に行ったり来たりしてるけど、いいのかな!?

周辺をキョロキョロ見回して、イミグレーションの建物を探しだし、出国スタンプをゲット。その後、暑い中で30分ほど放置プレイされながらも税関チェックも無事にパスして、ヘボヘボ国境を越えた。

ついにエチオピア脱出だぜ~!イエイ!


当然のように国境を越えても景色はたいして変わらない。

町の名前もモヤレのまま。エチオピア側のモヤレからケニア側のモヤレへ移動しただけなのです。

でも、太陽の日差しと空気中の熱気は、どんどんヒドさを増していってるような気がした。

歩き続けても、人が住んでるような開けた場所には、なかなかたどりつけない。

赤道にも近いから、この日差しと熱気は当然といえば当然なんだけど、重いバックパック背負ってのこの状況は、ほんとにツラい・・・。

途中、ケニアのイミグレでボッタクリ的に高額な50ドルのビザを取得した後、さらに歩き続け、ようやく宿を発見。

あ~、しんどかった。これでやっと楽になれる・・・。

しかし、ここで事件が!

部屋の案内をしてくれた宿の従業員の男に、ダンナが宿代を支払ったのですが、黒いTシャツを着たその男はお金を受け取った後、「領収書を取りに行く」と言ったまま何分待っても戻ってこなかったのです。

もともと怪しそうな感じの男だっただけに「もしや・・・」と思い、その男と先ほど軽く挨拶を交わしていた、廊下掃除中の女性従業員に尋ねてみると、こんな答えが返ってきたのでした。

「ノ~!そいつは従業員じゃないわよ!」

え~!!!

つまり、黒いTシャツを着た単なる通行人が、宿の部屋案内をして、ダンナから宿代を回収し、そのままネコババ、はいサヨナラ、バイバイねって感じで逃げていったということなのです。

状況が飲み込めたダンナは、そいつの後を追うため、急いで階段を降りて外へ飛び出したのですが、その甲斐もなく、10分ぐらいしてから、またまたマヌケな顔をして戻ってきたのでした。

あ~あ・・・。

悔しさと暑さと疲れから、涙があふれてきてしまったワタシ。

その後ダンナは、近くの警察に届け出に行ったけど、犯人がすぐに捕まるわけでもないので、結局、宿からは宿代を再び請求された。

「だいたいそんな奴が簡単に宿に入って来れること自体がおかしいし、知らん奴と挨拶交わしてる従業員もおかしい」などとブツブツ抗議しながらも、ダンナは渋々と宿代をホンモノの従業員にお支払い。

無念の400シリング(約600円)だったのでした・・・。

その事件のせいで、二人で昼飯を食べてもなんだか元気になれず、ワタシはフテ寝。

んでも、ダンナは昼飯食って少し気を取り直したのか、バスのチケットを購入しに外に出かけていった。

で、無事に明日のバスチケットをゲット。

と、そこまではよかったのですが、どうやらチケット屋から戻ってくるときに、日本から持ってきた大事な3色ペンを失くしてしまった様子・・・。

日本では100円ショップとかでもすぐに手に入る3色ペンですが、この辺りでは黒いボールペンですら貴重なモノのひとつ。

仮にどこかで新しいのを買うことができたとしても、あんなにインクのつきが良い高品質な3色ペンなんて、とても手に入るとは思えない。

うなだれながら、ガックリと肩を落とすダンナ・・・。

ワタシも泣いたりしたけど、なんだか今日は、この人にとっても散々な一日だったみたいです。

ただ、彼の立ち直りは驚異的に早いので、明日の朝起きたら、いつものように「腹減った」と言いながらケロッとしていることでしょう。マヌケな顔しながら。



ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments


sale of viagra online muscular dystrophy, viagra for the brain abc .

  • of
  • 2016年9月20日 00:12



IPB Hello, buy viagra online canberra, of this more upfront ads for sure, but keep track of and.


vagra sale For Women Herbal in Edinburg .


Is it legal to have viagra online in luggage for holiday?


Today, while I was at work, my sister stole my apple ipad and tested to see if it can survive a 30 foot drop, just so she can be a youtube sensation. My apple ipad is now destroyed and she has 83 views. I know this is entirely off topic but I had to share it with someone!

  • 匿名
  • 2017年3月15日 10:04




コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。