世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2008年5月14日 の出来事

セクシーなショー -ブエノスアイレス-

昨晩は夜更かししたため、今日は昼過ぎに起床。

おはようございます。嫁でございます!

ホントは今日ブエノスアイレスを離れるつもりでいたのですが、急遽あることに参加することになり、もう1日延長して明日までこの町に滞在することになりました。

まあ、その「あること」については後ほど。

んで、居心地の良いこの上野山荘別館。

もちろん今日もここに泊まるつもりでいたのですが、もうすでに他の客の予約が入っちまったようで、今日は私たちは泊まれないことになってしまいました。

まあ前から「14日に出る」と伝えてたので、しょうがないですが。しかし人気がありますねえ、この宿。

うちのダンナ様は、明日のバスチケットを買うために、率先してバスターミナルへ一人でパシリに行かれたので、ワタクシめは宿のリビングでNHKを観ながらグダグダしつつ、とりあえず荷物のパッキング。

それが終わった後、もうすでにチェックアウトしてるにも関わらず、宿のキッチンを使わせてもらって料理を作り、バスチケットを買って帰ってきたダンナと一緒にまたNHKを観ながら昼飯。

どうやら大相撲5月場所が始まってみたいだね、というダンナの独り言を無視しながら一緒に昼飯を食べた後、新たな宿「ビクトリア2」へと向かったのでありました。

ちなみに「ビクトリア2」じゃなくて、普通の「ビクトリア」って宿もあるのですが、そちらはどうやら泥棒宿ってウワサです。

数々の被害情報を聞いていたのですが、「ビクトリア2」のほうは普通に安全らしい。2になってパワーアップしたのかな!?

地下鉄にしばらく揺られ、ちょっと中心部から離れたところにあるその宿になんとか到着。

だけどこの宿のオバちゃん、まったくさっぱり英語が通じない!!

当然のように日本語なんて、犬に猿が話しかけてるぐらい通じないわけでありまして、意思疎通が全然できません。

というか、うちらがスペイン語を話せないと言ったほうがいいのか・・・。

とにかく、オロオロと困ったちゃんの我々夫婦だったのですが、そこへ日本人らしき宿泊客が登場!

思わず声をかけて通訳してもらい、なんとかチェックインすることができたのでした。はぁ~、助かった。

そのスペイン語ペラペラの日本人客サトルさんは、キッチンの場所とか近くのバス乗り場の場所とか教えてくれて、本当に助かりました。グラ~シアス!

さてさて、お部屋に入ってちょっとユックリした後、小腹が減ってきたので近くのスーパーでお菓子を購入し、その帰りに立ち食いピザ屋(?)でピザを買って帰り、今晩の夕食に。

アルゼンチンはピザもこれまたウマかった。チーズがトロトロでいい感じ。さすがイタリア系移民の多い国であります。

そんな感じで時間をつぶし、太陽も完全に沈みきったところで、さて本格的にお出かけです!

今日の目的、そしてこのブエノスアイレスに1日余計に滞在する要因となりました、↓↓この写真のショーを見に行くのであります!

2日前に町を歩いているときにこの看板を見かけて、もう一瞬でそのトリコになってしまったワタクシ。

そのピンクでセクシーな雰囲気に圧倒され、「絶対このショー観たい!」とダンナを説得し、ショーの開催される今日まで滞在を延期してもらったのでした。

まあダンナも看板見たとき、鼻の穴がプクッとふくれていたので、マンザラでもなかったのだと思いますが。

バスで劇場に到着すると、予想以上の混雑ぶり。

あのインパクト大な看板を見て、私たちと同様に興味をそそられた人も多いのかなあ。しかし、並んでる人たちの顔を見ると、意外と年齢層が高め!?

まあでもそんなの知ったことじゃありません。我々は、あの看板に載っていた色っぽいオネエチャンを拝められればそれでいいのです!

会場に入ると、写真撮影は一切禁止。

あぁ~写真付きで実況中継できないのは、非常に残念ではありますが、まあこの目にしっかり焼き付けて帰りたいと思います。

さてショーがスタート!

看板に載ってたオネエチャン、そしてたくさんの艶っぽいオネエチャンたちが、セクシーな出で立ちで続々とステージに登場してまいりました!!

もちろんダンナもニヤニヤしながらその様子を眺めてましたが、それよりももっと鼻の下を伸ばして、ステージ上のオネエチャンたちに魅了されまくりのワタクシ嫁。

いや~キレイ!お人形さんみたい。

しかもダンスもカッコイイし、べっぴんさんだし、もう何というかアクロバティック&ビューティフル。

いやいや、これならご飯3杯はいけますぜ、ほんと。

ただ、オネエチャンたちのダンスショーよりも、ショーの間に入る、オッサンたちのトークとか、無駄なモノマネセッションとかのほうが時間が長くって、それが非常にウザかった。スペイン語もよーわからんし・・・。

実際アルゼンチンではそのオッサンたちのほうが有名人らしく、会場からはオッサンたちに向かって、年配の女性たちの黄色い声が飛んでました。加山雄三みたいな感じかな!?

まあしかし、本当に写真に残せなかったのが残念でならないぐらい、もう圧倒的なセクシーっぷりを堪能した超魅力的なステージ、興奮しまくりのショーでした。

・・・と思いきや!

なんと、うちのダンナ様がアルゼンチンのサイトから、このショーの動画を探し出してきてくれました。

↓↓に貼っときます。ダンナよ、グラ~シアス!


もっともっとオネッチャンたちをマジマジと眺めていたいという気持ちを若干残しつつ、劇場を後にした我々。

「1日延期してよかったねえ」などとダンナと話しながら、宿の近くのバス停で下車し、宿への道を歩いていると、なにかちょっと道の脇に異様な人影が・・・。

よく見ると、暗闇の中にセクシーな格好をしたオネエチャンたちがポツンポツンと立っているではありませんか!?

さっきのショーの再現かしらと一瞬興奮!

・・・したのも束の間、さらによくよく見てみると、その方々はオネエチャンではなく、オニイチャンたちだったのでありました。。

艶かしい目つきとエロい衣装で男性たちを魅了する、ニューでハーフなお兄様方。まあ男性の立ちんぼってやつですね。

ダンナがそのオニイチャンたちから誘われたり襲われたりしないかなあと願いながら、あえてダンナと距離を置いて歩くワタシ。

フヒヒヒと面白がってダンナの様子を後方から眺める。

しかし、普段はワタシを置いてスタスタと先に歩いていってしまう九州男児なダンナも、この時ばかりは彼らにビビッてワタシのほうへと擦り寄ってきたのでした。

ケッ!何も起きないまま宿に到着しちまったぜっ。

その後、宿の部屋に戻り、当然のようにさっきのショーのことを思い出し、夫婦で意気投合しながら、天使のような羽の生えたオネエチャンのセクシーっぷりについて、夜遅くまでじっくり話し込んだのは言うまでもありません。



ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments


コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。