世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2008年7月 5日 の出来事

赤道直下のジョージ -ガラパゴス諸島-

早朝4時。

目覚まし時計が不要なほど、時間ピッタリにベッドから跳ね起きた。

これまで何度も書いてきたように僕は早起きが苦手なのだが、今日はいつもと違ってこんな早い時間にもかかわらずシャキッと目が覚めていた。

本日向かう先は、あのガラパゴス諸島!

野生動物あふれる憧れの島へ向かうとあって、僕も今日はかなり気合いが入っているようで、寝グセもあまりついてないし、鼻クソも鼻の穴からはみ出してないし、目クソもいつもの半分ぐらいの量しかでてない。まるで朝じゃないみたいだ。

とりあえずテンション高めでテキパキと朝の準備を終えた後、タクシーに乗り、ワクワクしながらキトの空港へと向かったのだった。

ガラパゴス諸島は、「諸島」という名の通り、19の島と40余りの小島からなる火山群島だ。

全島あわせても静岡県よりちょっと大きいぐらいの面積しかないのだが、そこにはたくさんの珍しい動植物が生息しており、不思議で多様な生態系が広がっている。

ダーウィンがこの島での観察結果をもとにして、かの進化論を導き出したというのは有名な話だ。

ちなみにこの島に生息する爬虫類の91%、哺乳類の89%、鳥類(海鳥除く)の75%、種子植物の53%が、ここでしか見られない固有種、つまり独自の進化を遂げてきた動植物なのだそうだ。まさにガラパゴス諸島は、「進化の実験室」と呼ぶにふさわしい生命の楽園なのである。


キトからグアヤキルを経由して、赤道に沿うように西へ西へと進んでいた飛行機は、お昼ぐらいにガラパゴスへと到着した。

「ガラパゴスに着いたぞ~!」

しかし飛行機を降りた瞬間、夫婦二人で顔を合わせて驚いてしまった。

そこには赤道直下とは思えないほど、涼しげで爽やかな空気が漂っていたのだ。長袖を1枚着ないとちょっと肌寒く感じてしまうぐらい。

いきなり拍子抜けしてしまったが、どうも南極方面から流れてくる寒流の影響で、ガラパゴス諸島は年中空気が冷やされているらしく、年間の平均気温も24℃程度と赤道直下にしては低めなのだそうだ(だいたい沖縄と同じぐらい)。

まあでも過ごしやすそうなので、これはこれでいいけどね。

というわけで、空港でゲートに並んで入島料100ドルを支払い、いざガラパゴス諸島へ入島~!

早速、空港を出てすぐのところで、イグアナ君が出迎えてくれたのでした。

空港からバスと渡し船、そしてまたバスを乗り継いで、サンタクルス島のプエルト・アヨラという町へと到着した僕らは、とりあえず町の中心部付近で宿を探しはじめた。

ガラパゴス諸島では、クルーズ船に乗って多くの島々を周遊するという観光形態が一般的で、日本で販売されてるガラパゴス諸島ツアーも、たぶん「7泊8日豪華クルーズの旅」みたいな感じで、その多くがクルーズ船での周遊を前提にパッケージ化されていることと思う。

当然、島と島の間に橋がかかってるわけでもないので、大きな船に乗って島めぐりしながら観光するというやり方は非常に効率的だ。

ただ、当然のようにクルーズ船で周るには結構なお金が必要となってくる。なんたってクルーズ船なのだ。

聞くところでは、4泊コースで1人500ドル程度、豪華な船になると1,000ドル以上は当たり前にかかるとのこと・・・。

2ドルもあれば飯が腹一杯食えるほど物価の安いエクアドルにおいて、これは明らかに異常な金額であることは間違いない。キトで泊まったあの連れ込み宿なら、少なくとも100泊以上はできてしまうほどの金額なのだ。

ということで、僕らはガラパゴスに来る前から、クルーズ船には乗らないということに決めていた。気持ち的にも金銭的にもそんな余裕は無いので。

かわりに、島民も利用している定期船を利用して島を回るつもりでいる。

それだと大きな島は3つしか行き来できないみたいなのだが、旅先で会った人たちの話によると、「それだけでも十分たくさんの動物に出会うことができる」のだそうだ。

まあそういうわけで、ガラパゴス諸島内で最大の町といわれているこのプエルト・アヨラで宿を見つけた僕らは、部屋に荷物を置き、今後の計画を練りながら町をブラブラと歩き始めたのでありました。

とりあえず、明日はどうしようかなあと考えながら、ダーウィン研究所のほうへと歩いて向かった。

すると、空港に続いて、ここでも道端でイグアナを発見した。

黒っぽい色をしてるので、たぶんウミイグアナなのだろうと思う。

しかし最初は「結構いるもんだねえ」などと話しながら歩いていた僕らだったが、2匹目、3匹目、4匹目・・・、と発見していくうちに物珍しさも失せ、途中からイグアナを見つけても全く無反応になってしまった。

いるのが当然で、別にそれが普通のことだと感じるようになってしまったのだった。

インドの路上をノソノソと歩き回る牛たちや、線路沿いで朝から並んで野グソしてるインド人連中と同じように、見慣れてくると、人間どんなものでも「当たり前」のように思えてしまうものなのだ。

でも、これだけ大量にいたら、そんな気持ちになるのもわかるでしょ・・・。

あと、途中の船着き場で、アシカとかペリカンとかも目撃。

楽しそうに魚の奪い合いとかしてました。

不思議なサボテンの生い茂った道を抜けると、ダーウィン研究所が見えてきた。

その名の通り、あのダーウィンにちなんで作られた研究所なのだが、ここでは動植物の研究や絶滅に瀕した動物の孵化・飼育などが行われており、ガラパゴスの自然や生態系を守るための地道な活動が進められている。

僕らは、ここで主にゾウガメを見学した。

ガラパゴスの「ガラパゴ」がスペイン語で「陸ガメ」を意味していることからもわかるように、ゾウガメはこのガラパゴス諸島の象徴でもある。

不毛な溶岩台地からなるガラパゴス諸島においては、それぞれの島の環境に適応していくということが生存の必要条件だったわけだが、ゾウガメたちも各島の自然環境に対応して自らを進化させ、15の亜種に分化していったと言われている。

大航海時代の乱獲の影響などで現在残ってるのは11種だけらしいが、この研究所にはそんな巨大なゾウガメたちがたくさん放し飼いにされていた。

その中に、僕が昔から見てみたいと思っていたロンサム・ジョージもいた。

ビンタ島に生息していたビンタゾウガメの最後の1頭なのだが、推定年齢80歳以上ということで、生殖不能の彼が子孫を残す可能性はほとんどゼロなのだそうだ。

つまり彼が死ぬとビンタゾウガメは絶滅。

何とも切なくなるような寂しくなるような境遇とネーミングを持ち合わせたロンサム・ジョージなのだが、やはりというか想像通りというかものすごくヨボヨボで、僕らが見ていた数分間、微動だにしなかった。。

うーん、がんばって長生きしてください・・・。

といった感じで今日の活動はとりあえず終了。

やはり早起きしたせいもあって、ダーウィン研究所から戻ってきたときにはもうグッタリ気味になっていた僕らは、夕方5時にはベッドに入り、ロンサム・ジョージの長寿を祈りながら眠りの世界へ突入していったのでありました。



ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments


コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。