世界一周 かけあし夫婦旅行 - かけてこ

かけてこ ~世界一周かけあし夫婦旅行~

バックパック背負って世界に飛び出した夫婦の、かけあし世界一周の模様をつづったバックパッカー旅行記です ⇒サイト案内

2008年7月20日 の出来事

気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-

朝10時。ペンションアミーゴを後にした僕らは、地下鉄1号線に乗ってバスターミナルへと向かった。

大都会なだけあって、メキシコシティにはバスターミナルが4つも存在する。

だいたい大きな都市でもバスターミナルは1つか2つしか無いというのが海外では一般的だが、この町にはなんと、東西南北それぞれ向かう方向別に4つもターミナルが設けられているのだ。

うーん、なんだかすごい。浦和の駅には負けるけどね。

今回やってきたのは、東方面バスターミナル。つまり僕らはこれから中米を東へ向かって進んでいく予定なのだ。

メキシコシティの北部にも広大なメキシコ領土が広がっていて、魅力的な町や名所がたくさんあるのだが、残された時間を考えると、やはり東へ進まざるをえなかった。

中米の旅の最終目的地である、ちょっと美味しそうな名前の国「ベリーズ」は、カリブ海に面したユカタン半島の付け根部分、つまりメキシコシティからひたすら東に進んだ突き当りにある国なのだ。

というわけで、ニョロニョロと北に行ったり西に行ったり南に行ったりするわけにもいかない僕らは、売店で買った昼飯のタコスを口の中にほおばりながら、メキシコシティの東に位置する町オアハカ行きの長距離バスにあわただしく乗り込んだのだった。

目が覚めると、そこはオアハカのバスターミナルだった。

どうやらひどく爆睡していたようだ。あまりに深く眠っていたせいで、ここがオアハカだという事実、そして時計の針が出発してから6時間以上も進んでいるという事実を俄かには信じられなかった。

昔、中二の頃に失神ゴッコをして気を失ったことがあるが(しかも倒れたときに頭を痛打した)、そのときと同じで、目が覚めたらなんだかよく理解できない状況に自分がいて、すごく不思議な感じがした。

嫁によると、気絶してるんじゃないかと思うほどグッスリ眠っていたとのことなので、もしかしたら本当に半分ぐらい気絶していたのかもしれない。

ちなみに、この爆睡の原因は明白で、昨晩の夜更かしのせいなのは間違いない。

昨日は日中かなり歩き回って疲れていたにもかかわらず、夜中、ペンションアミーゴのリーディングルーム(漫画部屋?)で行われていた麻雀の見学に夢中になってしまったのだ。

さらに「雀鬼流だね」とか呟きながら闘牌の様子を眺めていたら、途中からなぜか無性にエロ本を読みたくなってしまい、部屋の中に転がっていたエロ本鑑賞に没頭。明け方近くまでまさに精読してしまったのだった。

それにしても、「メキシコでエロ本読んで気絶」なんて中ニ以下だな・・・。

ちなみに中ニの失神のときは、教室の床の上で目覚めたときに、クラスの女の子の白いパンツが見えてちょっと得した気分になったけど、今回は目覚めたときに、隣のオッサンの左頬のホクロ毛(約5センチ)が目に入って、すげー損した気分になった。

とまあ、話が飛びまくってしまったけど、とりあえずオアハカに到着!

オアハカ州の州都オアハカは標高1,550メートルの盆地に広がる古都だ。

メキシコで初めて先住民族から大統領に選出された国民的英雄ベニート・フアレスにちなんで、「オアハカ・デ・フアレス」という名でも呼ばれているこの町(フアレスはオアハカ州出身)の最大の産業は観光業であり、コロニアル様式の歴史地区や郊外に広がる先住民たちの古代遺跡群は世界遺産にも指定されていて、国内・海外問わず数多くの観光客を惹きつけている。

そんな観光都市オアハカだが、ちょうど今の時期、7月下旬にこの町は一年で一番の盛り上がりをみせる。メキシコ最大のお祭りである「ゲラゲッツァ祭」がこの町で開催されるのだ。

でも僕らがこの町に来たのは、そのお祭りのためではなかった。

最大の目的は「食」。

そう、僕らはこの町の特産物として有名なチーズ、そしてチョコレートをモグモグ食べるためにここまでやってきたのだ。

移動中はいつもグッスリ眠っているうちの嫁だけど、今回はチョコレートのことが気になって興奮してバスの中で眠れなかったようで、僕の気絶状態を横目に見ながら、ヨダレをたらして妄想にふけっていたそうだ。

どんなチョコレートが食べられるのだろうか。すごく楽しみだ。

さて、まずはお決まりの宿探し。

「明日がお祭り本番なので、どこも満室かもなあ・・・」と若干不安になりながら宿探しをしたんだけど、意外とあっさり空き部屋のある宿を見つけることできた。

部屋の中に電源コンセントが無いのとゴキブリが何匹か床をはっているのが少々いただけないが、でも全体的にキレイで悪くない宿だ。

早速、荷物を部屋に置いて外出。

宿の近くにチョコレート屋っぽいのが何軒か並んでいたが、まずは町を散策することにした。

歩いてみると、オアハカは想像どおり、古い建物や教会が多く残る綺麗で風情のある町だった。

メキシコシティとは違って、規模の小さいこじんまりとした町だけど、歩いてるだけで気分が良くなるようなそんな町並みが広がっていて、古都のしみじみとした趣が町全体からにじみ出ているような感じがした。

ただそれだけではなく、お祭り前だからだと思うが、町全体がすごくにぎやかで、活気に満ちあふれていた。

町の中心の広場では、すでにイベントらしきものが開かれていて、休日の渋谷のハチ公前ぐらいの人だかりができていた。民族衣装らしきものを身にまとった人もいて、なんだかとても楽しげな雰囲気だ。

お祭りが目的でこの町に来たわけじゃないけど、でもこれだけ盛り上がってる町の様子を見ると、僕らもワクワクせずにはいられなかった。

やっぱりお祭りの雰囲気っていいですねえ。まだ前日ではありますが。

そんな感じで、1時間ほどで散歩終了。

まあお祭り当日でも観光はできるので、本格的な観光は明日にまわすとして、今日はこれでお開き。嫁も病み上がりでちょっと疲れてるみたいだし、カフェでマッタリ過ごすことにした。

カフェで注文したのは、もちろんホットチョコレート!

飲み物版のチョコレート、念願のチョコラテ・カリエンテだ。

細かな泡で表面が覆い包まれた上品なその飲み物を口に含むと、泡の下から独特のカカオの香りと濃厚な甘さがドドドドーとあふれてきて、口の中全体を喜びで満たしてくれた。

隣がチョコレートの町工場っぽいから、たぶん作りたてなんだろうと思う。本当に鼻血が出そうになるぐらいに美味しかった。嫁もとっても上機嫌。

まあちょっとコッテリしすぎてて、1杯で十分って感じではあったけどね。。

というわけで、とりあえずこれでこの町に来た目的はある程度達成。いやあ楽勝、楽勝~。

明日は、お祭りと観光、ノンビリ楽しみたいと思います。




ブックマークはてなブックマークに追加POOKMARK Airlinesに追加livedoorクリップに追加ニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに追加Google Bookmarksに追加Buzzurlに追加del.icio.usに追加


trackbacks

trackbackURL:



comments


コメントフォーム

最新のブログエントリー

  1. 坂の上のゲラゲッツァ -オアハカ-
  2. 気絶と鼻血 -メキシコシティ→オアハカ-
  3. カラフルな一日 -メキシコシティ-
  4. 博物館とピラミッド -テオティワカン-
  5. 泪の次は病院へ -メキシコシティ-
  6. ブログ全リスト

人気のブログエントリー

  1. 世界の犯罪首都 -ヨハネスブルグ-
  2. チチカカ湖と太陽の島 -コパカバーナ-
  3. ねずみ講事件 -ティラナ
  4. アテネを目指す! -オフリド→アテネ-
  5. コーダホテル -アンマン-
  6. 三大宗教の聖地 -エルサレム-
  7. ピラミッド観光 -カイロ-
  8. 世界一の街 -プラハ-
  9. 動くものはすべて -サラエボ-
  10. 不条理バス(1) -ジンカ→コンソ-
  11. トラック荷台移動(1) -モヤレ→ナイロビ-
  12. ガンガーの夜明けとインド式数学 -バラナシ-
  13. 百年の歴史 -アウシュビッツ→ブダペスト-
  14. 世界一のビーチ -ザンジバル-
  15. 南米のパリの旅館 -ブエノスアイレス-

モバイル版 かけてこブログ

「かけてこブログ」が、携帯、モバイルからも見れるようになりました!

右のQRコードを読み取ると、モバイル版ページのURLを取得することができます。

QRコード

http://www.kaketeko.com/mob/

なお、画像は携帯からも見れますが、リンク先などはパソコンからじゃないと見れないものがほとんどなのでご注意ください。