世界一周の旅での、東南アジアにおける移動の詳細内容を綴ってます。


バリ(インドネシア) ジョグジャカルタ(インドネシア)

  • 移動日  : 2007.8.7〜8.8
  • 移動手段 : バス
  • 移動時間 : 18時間
  • 移動費用 : 15万ルピア(約2,000円)
  • バリからジョグジャカルタへの移動。
    初の長距離移動。18時間は意外とあっという間な感じだった。デンパサールのウブンバスターミナルから、毎日15時にいくつかの会社がバスを出している(他の時間もあるかも)。結構快適だが、エアコンが寒い。夕食付き。途中フェリーに乗り換えるときに、物売りとか流しバンドとかがたくさん入ってきた。正規料金は18万ルピー。

     

    【バリ島内での移動】

    クタ→ウブドは、プラマ社のシャトルバス(1日5便ぐらい有り)で1時間、3万ルピー。ウブドではバイクを2日間8万ルピーで借りた。少し高いがとても爽快なのでオススメ。ウブドからデンパサールへはプラマ社のシャトルバス(ワゴン)で5万ルピー、1時間かかる。宿までピックアップしてくれる(時間通りにこなかったが・・・)。



    ジョグジャカルタ(インドネシア) ジャカルタ(インドネシア)

  • 移動日  : 2007.8.10
  • 移動手段 : 鉄道
  • 移動時間 : 9時間
  • 移動費用 : 16万ルピア(約2,100円)
  • ジョグジャカルタからジャカルタへの移動。
    1日7本ぐらいでている。夜行もあるが、午前中出発の便に乗った。切符を買う際、購入用紙に記入して窓口に提出するのだが、購入用紙にインドネシア語しか書かれてなく(しかも英語の説明はどこにも無し)、適当に記述したらエグゼクティブクラスの切符を買ってしまう。昼飯付きでかなり快適。でもエアコンは寒い。

     

    【ジョグジャ内での移動】

    市バスは2,000ルピー。安宿街(ソスロー通り)が駅の近くなので、駅⇔バスターミナル間を市バスで何度か往復した。プランバナン、ボロブドゥールともに、バスターミナルからバスが出ている。ボロブドゥールのほうが若干遠くて1時間半ぐらいかかった。



    ジャカルタ(インドネシア) バタム(インドネシア)

  • 移動日  : 2007.8.12
  • 移動手段 : 飛行機
  • 移動時間 : 1.5時間
  • 移動費用 : 40万ルピア(約5,200円)
  • ジャカルタからバタムへの移動。
    PELNI社のフェリーでバタム島まで行くつもりだったが、2週間先しか便がなく、飛行機で行くことに。ジャクサ通りのチケット屋で購入。Adam Airという航空会社。空港まではガンビル駅からシャトルバスがでており、1.5万ルピーで1時間弱。朝5時台にもかかわらず、空港は結構込んでいた。

     

    【ジャカルタ内での移動】

    ガンビル駅から安宿街ジャクサ通りへは、徒歩20分、タクシーでも1メーターほど。3輪のバジャイも結構走っており、まあまあ使える。バスもいっぱい走っており、バス停とかじゃなくても適当に手を上げたりすれば乗せてくれる。



    バタム(インドネシア) シンガポール(シンガポール)

  • 移動日  : 2007.8.12
  • 移動手段 : 船
  • 移動時間 : 1時間
  • 移動費用 : 7.5万ルピア(約1,000円)
  • バタムからシンガポールへの移動。
    30分毎ぐらいでいくつかの会社がシンガポールへの船を出している。港はキレイでレストランとかもたくさんあった。空港から港までは、タクシーしか移動手段が無く、しかも7万ルピーもする(決まっているらしい)。しかも港手数料が3S$かかるので、ちょっと現金に余裕をもっておいたほうがよい。僕らは、ちょうどいい具合にルピーを使い切ってしまったつもりでいたが、現金が足りず、あえなく港で両替してしまった。シンガポール側の港は、地下鉄も通っており便利なロケーション。



    シンガポール(シンガポール) ジョホールバル(マレーシア)

  • 移動日  : 2007.8.12
  • 移動手段 : バス
  • 移動時間 : 1.5時間
  • 移動費用 : 2.4シンガポールドル(約200円)
  • シンガポールからジョホールバルへの移動。
    シンガポールのクイーンストリートのバスターミナルから頻繁にバスが出ている。イミグレで2回ほど降りて、手続き後、また同じ会社のバスに乗るので、切符は捨てないように。国境のコーズウェイは歩いて渡ることもできるらしいが、スコールが降っていたためバスでそのまま抜ける。僕らはジョホールバルのバスターミナルまで乗っていってしまったが、たぶん街の中心地で降りることもできると思う。国境はマレー鉄道で抜けることもできるようだ。

     

    【シンガポール内での移動】

    地下鉄、バスと便利に交通網が張り巡らされている。日本と同じ感覚で適当に乗ればたぶん大丈夫。僕らは、街の様子とマーライオンを見物したかったため、バックパックを背負って歩き回った(疲れるのでやめたほうがよい)。クイーンストリートのバスターミナルは、ビクトリアストリートでバスを降りて徒歩3分ほど。



    ジョホールバル(マレーシア) クアラルンプール(マレーシア)

  • 移動日  : 2007.8.14
  • 移動手段 : バス
  • 移動時間 : 5時間
  • 移動費用 : 26リンギット(約900円)


  • ジョホールバルからクアラルンプールへの移動。
    駅の周辺にあったチケット屋をいくつか回り、一番安いところで購入。バスの名前は「Super Nice」。30分毎ぐらいでクアラルンプール行きは出ている。チケット屋からバスターミナルへ車で送ってくれた。途中、サービスエリアみたいなところで、昼飯タイム。中華料理食べたら美味かった。バスはかなり快適だったが(エアコンもちょうどよい)、前に座っていたあやしい華僑が話しかけてきて、「お前ら日本人じゃないだろう」とか5回ぐらい言うので少しウザかった。到着するブドゥラヤバスターミナルは、チャイナタウンの安宿街も近くて便利なロケーション。



    クアラルンプール(マレーシア) ペナン(マレーシア)

  • 移動日  : 2007.8.17
  • 移動手段 : バス+船
  • 移動時間 : 5時間+30分
  • 移動費用 : 24リンギット+1.2リンギット(合計 約850円)


  • クアラルンプールからペナンへの移動。
    まずバターワースまでバスで行き、バスターミナルの横の港からフェリーでペナン島へ行った。バスのチケットはブドゥラヤバスターミナル内のチケット屋を回り、一番安いところで購入。朝9時半の便。バターワース行きは、30分毎ぐらいに出ているようだった。直接ペナン島へ行くバスチケットもあったが、値段が少し高かったのでやめた。バスはすごく快適だったが、昼飯タイムがなくてかなり腹が減った。

     

    【クアラ・ルンプール内での移動】

    マスジッド・ジャメを中心に地下鉄・バス・モノレールと移動手段は充実。地下鉄の駅は少し見つけにくかった。



    ペナン(マレーシア) ハジャイ(タイ)

  • 移動日  : 2007.8.19
  • 移動手段 : 船+列車
  • 移動時間 : 30分+4.5時間
  • 移動費用 : 11.1リンギット(合計 約400円)


  • ペナンからハジャイへの移動。
    フェリーでバターワースまで行き、14:20発のマレー鉄道に乗る。自由席だが余裕で座れた。エアコンも効いていて快適。電源まであった。切符はペナン側のフェリー乗り場の横で購入。タイに入ったら、バーツで別の切符を買う必要があるとのことだった(そのため買った切符は国境の街パダン・ベザール行きとなっていた)が、なぜかタイに入っても別切符を買わずに済んだ。ラッキー。パダン・ベザールで1時間ほど止まるので、その間に出入国手続きを行った。

     

    【ペナン島での移動】

    フェリー乗り場から安宿街チュラムまでは徒歩20分ほど。歩いたらバックパックが重くて結構きつかった。バスでも2リンギットぐらいで行ける。移動手段のメインはバスで、コムタからたくさんでている。極楽寺にいく場合はAIR ITAM行きのバスに乗ればよい。



    ハジャイ(タイ) サムイ(タイ)

  • 移動日  : 2007.8.20〜8.21
  • 移動手段 : バス+船+バス
  • 移動時間 : 5.5時間+2時間+0.5時間
  • 移動費用 : 420バーツ(合計 約1,700円)
  • ハジャイからサムイへの移動。
    チケットは、Cathay Guest House入口の旅行代理店で購入。10時半頃にそこからソンテウでバスターミナルまで送ってくれた。バスの中では、80年代風タイ人歌手のカラオケVCDみたいのが大音量で流れていた・・・。スラー・タニー近くのドン・サク港でバスごとフェリーに乗る。2時間ぐらいフェリーに揺られると、サムイ島の南側の港に到着。ラマイ・ビーチに行く場合は、たぶんここで降りて、何か乗り物をつかまえたほうがよいと思う。バスはここからさらに進み、最終的に北側のナ・トン港に着いた。



    サムイ(タイ) バンコク(タイ)

  • 移動日  : 2007.8.23
  • 移動手段 : バス+船+バス
  • 移動時間 : 0.5時間+2時間+15.5時間
  • 移動費用 : 480バーツ(合計 約1,900円)


  • サムイからバンコクへの移動。
    チケットは、泊まっていたバンガローの近くの旅行代理店で購入。ねばったら20バーツほどまけてくれた。バスの出発地点であるナ・トン港までは、バンガローから車で送ってくれた。13時半にバスに乗り、そこからは来たときと逆のルートでドン・サク港まで行き、そこからスラー・タニーのよくわからん停留所で降ろされ、さらにトゥクトゥクで別のところに微妙に移動し、そこで2階建て夜行バスに乗ってバンコクへ向かった。バスでは、なぜか人体切り裂き系の映画を二本立てで上映していた。

     

    【サムイ島での移動】

    島内の移動はタクシーかソンテウしか無い感じだった。いずれも要値段交渉だが、ビーチ間の距離が離れているせいか、タクシーはアホみたいに高い値段を言ってくる。自分たちでいろいろと回りたいならレンタルバイクがオススメ。150バーツで24時間借りれた。旅行代理店は多数あり、パンガン島など近隣の島行きのチケットとかも手配してくれる様子だった。



    バンコク(タイ) 香港

  • 移動日  : 2007.8.27
  • 移動手段 : 飛行機
  • 移動時間 : 1.5時間
  • 移動費用 : 世界一周航空券に含む
  • バンコクから香港への移動。
    世界一周航空券を使用。キャセイ・パシフィックの便。とりあえず空港に行って予約したら空席待ちになったが、運よく乗れた。空港は新しくできたばかりでピカピカ。

     

    【バンコクでの移動】

    主要地点間は地下鉄、モノレールが走っている(カオサン付近は無し)。渋滞に巻き込まれないため便利だが、少し高い。その他、バスがたくさん走っている。トゥクトゥクは最近、免許を取れなくなったらしく減少傾向にあるらしい。



     * レートは世界一周の旅行当時のものです。 情報も旅行当時のものなので、あくまで参考としてご覧ください。