キリマンジャロの眺め

コーヒーの産地としてとっても有名なキリマンジャロ。
山に登りはしなかったけど、麓の町モシで、のんびりコーヒーをすすりながら山を眺めました。

アルーシャからバスで1時間半、モシの町はノドカな空気あふれるタンザニアの田舎町だ

青い空と白い雲。タンザニアの気持ちの良い景色が広がる

モシの町からは、アフリカ大陸の最高峰、雄大なキリマンジャロの姿を見ることができる

お店のシャッターに何重にもかけられた南京錠。町の治安はあまりよろしくないらしい・・・

頭の上に荷物をのっけて運ぶオバチャンたち。日傘の効果もあるのかも!?

路上に店を構えていた「ムガンガ」のスタンド。漢方薬みたいな感じで、病気に効く薬を色々と調合してくれるらしい

たぶん、地元のラジオ局の車。陽気で派手な感じが、いかにもアフリカっぽい

土産物屋の壁に描かれていたティンガティンガ

タンザニアの土産物屋は、お店の雰囲気も、中に置いてある商品も魅力的なものがとても多い

「ジャンボ〜」と声をかけると笑顔で振り返ってくれた小学生。女の子でも頭は坊主!

キリマンジャロ産のコーヒー!ミルク入りのため、あまりそれっぽくないですが・・・

こちらは正真正銘のキリマンジャロ・コーヒー!味はやっぱりキリマンジャロって感じ

標高5,895メートルのキリマンジャロ。このキリマンジャロ山域を含む国立公園は、世界遺産にも登録されている

こうやって見るとちょっと富士山にも似た感じのする、美しい形をしたキリマンジャロ

山の裾野から朝日が昇る。モシの町が朝焼けに美しく染まっていく

朝日を見た後、キリマンジャロを眺めながら飲んだコーヒーは、ナンダカとっても高級感あふれるお味がしたのでした・・・

[サファリ(マニャラ湖とンゴロンゴロ)]
[ザンジバルの海]