ラサの写真

憧れだったチベット仏教の聖地ラサ。やっぱり空がとてもキレイ!空気は薄いけど・・・。
とくに何かしたわけでもないけど、なんとなく長居してしまいました。

ラサ駅を出ると、目の前に広がってきたのは、真っ青な空!お〜、雲が近すぎる!

そして、早速登場、ポタラ宮!すんげー!!!長年の念願叶って、拝むことができました

バックパックを背負って、中心地までけっこうな距離を歩く。太陽の日差しもキツくて、かなり体力が奪われた・・・

で、1日目に泊まったスノーランド・ホテル。ドミトリーの薄暗い雰囲気はなかなか気にいってたのですが・・・

妻が高山病にかかったため、キレイな個室宿へ移動。結局ここに8泊もしてしまった。写真は酸素缶を抱きかかえて寝込んでいる妻

これが酸素缶。1本20元(約320円)と高いが、かなりの大活躍。夫も階段上った後とかに使ってました

ちなみにこの宿、屋上からポタラ宮が見えるのです。屋上まで上るのは少しツラいけど、かなりいい眺め!

ラサの旧市街には、こういう小路がたくさん入り組んでいる。強烈な日差しに照らされる白い家屋がとてもいい感じだ

隙間から差し込む光も神聖なもののように感じてしまう。ラサを歩いていると、ここが聖地となった理由が何となくわかる気がする

風にはためくチベタンカーテン。味わうほどにチベットの文化って魅力的なものだなあと感じてしまう

細かい路地を入っていくと、オバちゃんが布を染めていた。オバちゃんが棒を引き出すと、鮮やかな青に染められた布があらわれたのでした

この日差しに照らされると、染物もあっという間に乾いてしまいそう

染物場の奥にさらに進んでいくと、オジちゃんたちが博打やってました。威勢のいい掛け声があがる。みんなすごく元気!

こちらは、その横にあった大衆食堂風なところ。顔つきを見ると、チベタンオンリーの店のようです。メニューもチベット語だけだったし

お坊さんも日差しがまぶしくて、ご覧のとおり洗面器で防御

これも日差し対策かな・・・?

再びポタラ宮。何枚か記念撮影したけど、あまりのまぶしさに、しかめっ面の写真ばかりでした・・・

ポタラ宮の前にあったコマイヌ的なオブジェ。強烈な日差しで、なんか彫刻がすごくリアルな感じ

ポタラ宮の向かいに立つ記念碑チックなやつ。しかしこうやって見ると、ラサって山に囲まれてんだなあ・・・

まぶしそうな顔して果物にかぶりつく少年。ハンチングがなかなか似合ってるね!

新彊やパキスタンと近いこともあって、ラサには意外とムスリムの人たちも多い

お金めぐんでもらってる僧たち。でも、ちゃんとしたチベット仏僧はそんなことはしないそうです

厳つい犬の姿をよく見かけた。チベット(特に田舎のほう)の犬はその凶暴さで有名。チャリダーたちは、ものすごい勢いで犬に追いかけられ、そしてよく噛まれるらしい

よく行ってた近くの飯屋にて。このオジサンも、チベットの悲しい歴史を身をもって体験してきたんだろうなあ・・・

ジョカンの前の広場にて。数々のデモがここで行われ、そのたびに多くのチベタンが人民解放軍によって殺されたそうです

で、これが聖なる寺院ジョカン。両端には土産物屋が並びますが、熱心な信者の姿もたくさん

五体投地をする信者たち。全身を投げ出して祈りをささげる、このチベット仏教のお祈りスタイルを見ていると、信者たちのその敬虔さにちょっと感動してしまう

巡礼者は、真冬の凍りつきそうな時期でも、この五体投地をやりながらラサやカイラス山を目指して数百キロの道のりを進むという。想像を絶する世界だ・・・

ジョカン前のタルチョ巻き巻き柱。後ろのほうにももう一本、巻き巻き柱が見えます

よく見かけた、マニ車をくるくる回すオバちゃん。マニ車の中にはお経が入っていて、これをくるんと回すと、1回お経を読んだことになるらしい。かなり便利なアイテム

土産物屋に飾られてた布(じゅうたん?カーテン?)。欲しかったけど、かさばるので泣く泣く断念

チベット仏教の装飾って、こんな感じのオドロオドロしい雰囲気のものが多い

よくマッタリしてたCafe Nomad。無線LANもつながってグッド。日本人がよくバイトしてました。あとSpin Cafeってところも良かったです

ラサのビールといえば、ラサビール!高地のせいか、酔いのまわりも早い!しかも結構うまかったので、ついつい毎日のように飲んでました

露店で売られているのはヤクの肉。高地でも生育できるヤクは、ミルクもとれるし、チーズもつくれるし、毛皮からは防寒具もできるしで、チベットの人たちにとって大切な生命線だ

こちらは丸ごとトラックにのっけられるヤク肉。チベットは空気が乾燥しているせいか、ハエもそんなにワンサカたからないようだ

生肉を見た後になんですが・・・、我々「ヤク肉で焼肉!」を堪能してしまいました〜

普通のケーキに見えますが、手前右は、なんとヤクチーズケーキ。かなりクセあり・・・。スノーランド・ホテルのレストランでは22時過ぎると半額でケーキが食べれます

漢字があふれ、中国チックな雰囲気の漂うラサの大通り。青蔵鉄道の開通により、漢民族の流入がさらに進んだらしい

そんな大通りから見えたポタラ宮。やっぱりポタラに漢字は似合わないよなあ。。

スーパーでは、青蛙王子のイベントが行われてました。青蛙王子ってのは、日本で言うライオンみたいなメーカーみたい

バスの入口に貼ってあった「盗っ人注意!」の貼り紙。「国を盗んだヤツらに言われたくないわ!」と思ってるチベタンも多いのでは・・・