グラナダの写真

美しい街並みが広がる都市グラナダ。
イスラム建築の傑作アルハンブラ宮殿の美しさに息を飲みながら、かつてのイスラム都市を堪能しました。

グラナダは、イベリア半島最後のイスラム王朝ナスル朝のかつての都。現在は、街全体にヨーロッパな雰囲気があふれるオシャレな感じの街です

世界各地から、美しいこのグラナダの街を訪れる観光客は多い。街の大通りには、おなじみの観光用2階建てバスが走っていた。音声ガイドでは日本語の説明も聞けるそうな

街の中心にドーンと建っていたカテドラル。元々モスクがあったところに建てられたらしい。それにしても、デカい・・・

世界有数の美しい宮殿、アルハンブラ宮殿へと向かう。宮殿方面への道はゆるやかな坂道。通りには、観光客向けのお土産屋が両脇に並ぶ

宮殿に入ろうとしたら、チケット窓口に行列が!人気のあるこのアルハンブラ宮殿、朝早くから行かないと、かなり並ばされる羽目になります。結局1時間半も待たされた・・・

チケット窓口付近にはキレイな花が咲いていた。鮮やかな緑の葉とのコントラストがとても美しい

チケットを買ってさあ入ろうと思ってたら、ヤマト君に遭遇。彼とは、エジプト、ケニア、ナミビア(南ア)に続き、なんと4度目の再会!なんとなくまた会えるかもと思ってたら、本当に会えたのでした

アルハンブラ宮殿は、街を見下ろす小高い丘に建っている

アルハンブラ宮殿は入れる時間が決まっているため、それまで他の建物を見ながら時間をつぶす。こちらは、とりあえず入ってみた円形宮殿

カルロス5世が建てた宮殿だそうです

アルハンブラ宮殿に入ると、イスラムって感じの雰囲気があふれていた。息を飲むような美しい装飾が次々と目に入る

精密な幾何学模様の彫刻。こうした彫刻には、気の遠くなるような時間と労力がかけられたことだろう。イスラム装飾の細かさにはほんとに驚かされる

思わず「お〜」とうなってしまった、池を囲むようにして建てられた壮麗な建物

水面に映りこむ姿もまた美しい

そしてこれが超有名なライオンの中庭。残念ながら工事中で、ライオンも不在・・・。でもやっぱり美しかった

ライオンの中庭の周囲の建物にも、やはり細かな装飾が施されていた。全ての装飾が、とってもシンメトリー

宮殿内を歩いていると、この宮殿が「イスラム建築の最高傑作」といわれる理由が痛いほどわかる

アルハンブラの東のはずれに建てられた離宮、ヘネラリフェ。庭園がとってもキレイ

アルハンブラ宮殿からの眺めもまた素晴らしい

シエラネバダ山脈の白い山並みも見える

物価の高いヨーロッパでは、食事代節約のため、観光するときは常にオニギリ持参なのです

でもオニギリだけじゃ物足りなくて、BARに寄って生ビールセットを注文!

ヨーロッパはビールが安くて美味いのが嬉しい!BARもそこらじゅうにあるし。BARには、昼間っからビール飲んでる人がたくさんあふれている

BAR兼肉屋のような店の天井に吊り下げられた大量の生ハム!やはりスペインといえばコレですね・・・