アメリカ(2回目)


ロサンゼルスラスベガスグランドキャニオン ・ シアトル ・ ニューヨーク

ロサンゼルス

西海岸に位置するアメリカ第2の都市ロサンゼルス。
3日間の短い滞在だったけど、ハリウッドのセレブな町並みを歩き回ってみたり、
リトルトーキョーで日本の良さをしみじみ感じたり、なかなか楽しい日々でした。

ロサンゼルスの空港は、世界の空港ランキングで見事ワースト3に輝いたビミョウな空港。まあその評判どおり、何となくイマイチな空港だった。。

空港内にあったSONYの自動販売機。デジカメやPSPといった高額商品が売られていた。さすがは消費大国アメリカ。しかし買う人はいるんだろうか・・・

シャトルバスとメトロに乗って空港から市内へ。ロサンゼルスのメトロは、地上や高架の上を走ってることが多く、地下鉄って感じがあまりしなかった

大都会ロサンゼルス。ニューヨークに次ぐ全米第2の都市なだけあって、中心部には近代的な高層ビルが建ち並んでいた

400万人弱の住民が暮らすロサンゼルスだが、この町を中心にして広がるロサンゼルス都市圏の人口は約1750万人。大阪都市圏に次ぐ世界11位の大都市圏なのだそうだ

全米最大のホームレス人口を抱える都市でもあるロサンゼルス。その数なんと4万人。住民の約1パーセントがホームレスってことになる。町を歩くと、彼らの姿をチラホラ見かけた

アメリカで一番リーズナブルな日本食の店といえば、YOSHINOYA(吉野家)! ロサンゼルスの町にもいくつか店舗がありました

お店の中はちょっとファーストフード店チック。牛丼は、肉の感じが微妙に違ったけど基本的にあの味だった。ちなみに店内のアメリカ人は、牛丼と一緒にやっぱりコーラを飲んでいた・・・

こちらはリトルトーキョー。19世紀末に移り住んできた日系移民によって築かれた日本人街だ

寿司屋、焼き鳥屋、居酒屋などなど、日本的なお店がたくさん軒を連ねるリトルトーキョー。歩いていると、やっぱりちょっとホッとする

スーパーにもこの通り、日本の食材などが大量に並んでいた。こんな光景はサンパウロ以来

全米日系人博物館そばにある「ロサンゼルスの小東京は我々の心の故郷です」と書かれた印象的な壁画

交番もあります。オマワリさんはいないけど、ボランティアによって運営されていて、とても親切に観光案内などしてくれた

こちらはリトルトーキョーの外れのほうにある日本料理屋「お冨さん」。ロサンゼルスでは、この店で働いてる浜田さんの経営する宿に泊めてもらった。その名も浜田宿

浜田さんはすごく親切で旅行者思いの温かい人。ビールを差し入れしてくれたりバス停まで車で送ってくれたり、本当に色々とお世話になりました

「お冨さん」で食べたカツ丼。日本のレストランとかで出てくるやつよりも普通に美味かった

こちらはチャイナタウン。中華街特有のゴミゴミ感はあまり無く、なんだか少し殺伐としていた

まあでも、いかにも中国って感じの雰囲気が漂ってて、それはそれでなかなか面白かった

そしてこちらはハリウッド。言わずと知れた映画産業の中心地だ。ちょっとセレブな雰囲気漂ってます

映画関連の施設やエンターテインメントが街中にあふれているハリウッド。でも興味が無い人にとっては、いたって退屈な町かも・・・

有名なHOLLYWOODの文字が遠くのほうに見えた。元々は「HOLLYWOODLAND」という不動産会社の広告だったそうだが、破損がひどくなっていた「LAND」の部分が撤去され現在のような状態になったのだそうだ。ちなみに一文字の大きさは、高さ14メートル、幅9メートルとかなりデカい

ハリウッドのマクドナルド。店内には映画の都らしいデコレーションが施されていた。天井から吊り下げられた巨大なフィルムが印象的

大通りを歩いていたら、有名なハリウッド・キャラクターたちに何度か出くわした。これは、バットマンとスパイダーマン

ランボーもいました

チャイニーズシアターにある手形・足形。有名なハリウッドスターたちの手形・足形がたくさん刻まれていた

ミッキーマウスも、ハリウッドの超有名キャラクター。歩道の脇に座っていた彼と一緒に記念撮影しました。でも隣のオジサンのほうが、ミッキーよりも存在感があった・・・

[マイアミ]
[ラスベガス、グランドキャニオン]