アメリカ(2回目)


ロサンゼルスラスベガスグランドキャニオン ・ シアトル ・ ニューヨーク

ラスベガス

ネオンきらめく世界有数の歓楽街ラスベガス。
カジノはもちろん、ショーに、食事に、遊園地に、本当に楽しませてくれる要素満点の町でした。

荒涼とした大地の中に突如姿を現した超にぎやかな町ラスベガス。さっきまで砂漠の中をバスは走っていたのに…。まさに人口都市って感じの不思議な町だ

町の中には色んな楽しげなものがあふれかえっていた。自由の女神のレプリカは、実物の1/2スケール

予約してたホテルに入ると、さっそくカジノが現れた。ていうか、カジノゾーンを抜けないと部屋までたどりつけない・・・

ホテルだけあって部屋はものすごく綺麗、にもかかわらず安い!カジノでお金を使ってもらうため、部屋代は安くしてるのかも。しかし、バックパッカー向けの安宿に泊まるよりも安い

部屋からの眺めもなかなかグッド。こうして見ると、ラスベガスが広大な土地を切り開いて作った人工的な町であることがなんとなくわかる。駐車場も異様に広い

ラスベガスの食事と言えばコレ。たいがいのホテルで食べることができます

そうビュッフェ!!だいたい10ドルぐらいで食べ放題。肉も魚も野菜も寿司もデザートも、たいがいのものが揃ってます

毎日のように食いまくって、そして毎日のように腹が苦しくなってました…

ラスベガスには、世界各地の有名な街並みがいくつか再現されている。こちらは水の都ベネチア風の街路

先ほど自由の女神が建ってた所はもちろんニューヨーク風。ホテルの名前も、NEW YORK NEW YORK とド直球

ラスベガスと言えばカジノだけど、それにしてもいたるところカジノだらけ!建物の中に入ると、だいたいこんな感じの光景が広がっている

スロット台の後ろには車が展示されていた。カジノの景品!?

ラスベガスで一発当てて億万長者になった人たちの写真。いやあ、うらやましい

セレブな町だけあって、もちろんこんな感じの長〜い車も普通に走ってました

夜になると、さらに楽しげな雰囲気の増すラスベガス。町中がネオンだらけ

エッフェル塔も美しくライトアップ!こちらは実物の1/3スケールとのこと。でもデカい

エッフェル塔が建ってるのはラスベガスの中心部、ストリップ大通りとフラミンゴ・ロードの交差点あたり。正面には有名なベラージオホテルが見える

で、ベラージオホテルの噴水ショー。もちろん見学無料。結構お金かかってそうだけど、15分間隔ぐらいでやってるってのがすごい!とってもキレイです

ダウンタウンのアーケード、フリーモント通り。天井全体がスクリーンになってて、1200万個ものLEDが埋め込まれてるそうだ

音楽とともに、ダイナミックな映像が天井に映し出される。すごい迫力!

こちらはトレジャーアイランドの海賊ショー。セクシーなおネエちゃんたちが、船の上でダンシング。もちろんこれも無料で観れます

海賊船から勢いよく炎が噴き出した。これまたすごい迫力・・・

ひとつぐらい有料ショーを観に行こうということで、嫁の希望によりCrazy Girlsっていうアダルトショーを観に行くことに。もう20年以上ロングランしてるそうで、入口には彼女たちのブロンズ像が飾ってあった

ステージの上でガールズたちがクレージーにダンス。ラスベガスの古き良き時代の伝統を受け継ぐセクシーなショーでした

ラスベガスには遊園地的なスポットも結構ある。こちらはサーカス・サーカスの室内遊園地

嫁はここのジェットコースターに搭乗。なかなか楽しんでました。でもやっぱり屋外のほうが面白そう・・・

懐かしいコインゲームもありました。結構たくさんコインをゲットしたけど、カジノじゃないから換金できなかったのがちょっと残念

予想以上に楽しかったラスベガス。でも、バックパックのあまり似合わない町なことはたしかです・・・

グランドキャニオンの写真

アリゾナ州北部にある巨大な浸食地形グランドキャニオン。
ラスベガスからの日帰りツアーでこの雄大な峡谷を訪れました。

ラスベガスからグランドキャニオンツアーに参加。こんなバスに乗って乾いた大地を駆け抜けます

途中で立ち寄った、かの有名なフーバーダム。貯水量400億トン(琵琶湖の1.5倍ほど)という超巨大なダムだ

グランドキャニオンに到着!テレビで観たことあるような風景が広がってました

あまりにデカすぎて何が何だかよくわからないので、とりあえず備え付けの双眼鏡をのぞきこんでみた

グランドキャニオンは、コロラド高原がコロラド川の浸食作用によって削り出され、形作られたもの。今でも浸食は続いているそうだ。アップで見ると、とにかく地層が何重にも積み上がってることがわかる

先カンブリア時代からペルム紀までの地層の重なりを目にすることができるそうだ。ていっても、古すぎてわけわからん・・・

いちおう山道があったので、トンネルみたいなのをくぐりながら先へ進んだ

それにしてもデカい。人の姿がほんとに小さく見える

山道の脇にリスを発見!これもデカい。ちなみに、国立公園内では動物に触るのは禁止。狂犬病にかかっている可能性もあるそうなので要注意だ

ツアーに付いていた昼食。ていうかお菓子だな、こりゃ・・・

雲の影がなんだかすごい。やっぱりグランドキャニオンはとっても雄大です

色々と見て回った後、バスに乗ってまたラスベガスへ戻った。窓の外に広がる夕焼け模様もなかなかのもんでした