ルレナバケのアマゾン

ラパスからバスで20時間の場所にある、山と川に囲まれたジャングルの町ルレナバケ。
このルレナバケから格安ツアーに参加し、アマゾンの自然を楽しみました。

ラパスからバスに乗って、アマゾンの町ルレナバケへ。出発前、路上で縦列駐車していたバスがぶつかって、うちらが乗り込む予定のバスのフロントガラスにヒビが・・・。でも、ドライバー同士でちょっとケンカした後、普通に何事もなかったかのようにバスは出発したのでした

バス待ちの間、バスタオルをかぶって太陽の強烈な光から身を守っていた嫁

バスは険しい山道を抜けていく。数十センチほどしか道幅に余裕の無い断崖絶壁のガタガタ道をヨロヨロしながらバスは進んでいった

ときおりコンドルが山の谷間を飛んでいく姿が目に入った

20時間の移動を経て到着した、川と山に囲まれたジャングルの町ルレナバケ。ほんとにノドカな田舎町です

ラパスとは標高が3,500メートルぐらい違うだけあって、町の様子も人の雰囲気もかなり異なる

アマゾンの支流ベニ川の岸には、何台かの小さな船が停まっていた。川の向こう側にも集落が広がっているようだ

川の手前では日曜市が開催されていた。小さな市だったけど、この町のどこにこんなに人がいたんだってぐらい、人であふれかえっていた

ルレナバケ在住のアメリカ人が経営しているパンケーキ屋。小さな改造ジープで販売中。チョコケーキやバナナパンケーキなどすごく美味しい!

町角の店で食べたラザニアみたいなやつ。ツーリストが多いだけあって、この町では欧米風のちょっとオシャレな料理も食べることができます

そして、この町には見覚えのあるこんな文字も・・・

そう、一度見たら忘れられないあのヘブライ語です。というわけで、パッと見てイスラエル人だということが丸わかりな人たちがこの町には結構いました

町のツアー会社がやっていた、2泊3日のアマゾン・パンパツアーに参加!まずは、ワゴンに乗ってアマゾンを目指す

アマゾンまでの道はガタガタの未舗装道路。そんな道にもかかわらず飛ばしまくっていたワゴンのタイヤは、案の定パンクしてしまった・・・

アマゾンの手前の村サンタロサ。ここでとりあえず昼食休憩

飯を食った後、サンタロサの村から先へちょっと進むと、アマゾン川の姿が目に入ってきた!

岸に停めてある細長いボートに乗り込む。3日分の食料や水なども載せないといけないため、なかなか乗り込むのも大変だった

ボートに乗って、こんな感じでスタート!

うちらのボートは、日本人3名、英国人5名の8人グループ。しかし、英国人たちのマナーの悪さったらひどいもんだった。眺めの良い席も英国人たちが独占・・・。まあいいけど

ボートからは、アマゾンで暮らす様々な生き物たちの姿を眺めることができた。ピンボケしてるけど、これは亀。なぜかみんな連なってました

木陰でひっそり休憩中なのはカピバラ

いかにも穏やかそうな風貌をしてるけど、実際かなり穏やからしい。アマゾンにもかかわらず、眺めてるとホノボノします

もちろん鳥もたくさん。木の上や木の枝に、色んな種類の鳥がたくさんとまっていた

ガイドが「パラダイス!」と言うのでなんだろうと思って見てみると、極楽鳥が飛んでいた

野生動物あふれるアマゾン、ここの主役といえば・・・

ワニ!!もういたるところに大量のワニがいた。動きはゆっくりだけど、やっぱりちょっと不気味

最初のほうは写真をバシバシ撮っていたけど、あまりにもワニがたくさんあふれすぎてて、途中からは写真も撮らず普通な感じで眺めてました・・・

ワニには、アリゲーター、クロコダイル、カイマンなどの分類があるらしいのだが、どれがどれだかよくわからんかった。とりあえず、けっこう小さいサイズのやつが多かったのはたしかだ

こうやって見てみると、やはりガラ悪い顔してます・・・

アマゾン川を遊泳中〜

ツアーの中では、こんな感じでワニとのふれあいを楽しむこともできました

黄色い猿たち。一見かわいらしいが、しつこくエサを求めてくるのでけっこうウザい

すごくわかりにくいけど、中央左に見えるはピンクイルカ!意外な感じがしますが、アマゾンにはイルカが住んでいるのです。しかも色はピンク。水上に出てくるのは一瞬のため、なかなか写真を撮るのは難しかった・・・

アマゾン川に飛び込んでピンクイルカと一緒に泳いでた英国女たち。ピアニアやワニには食われずに済んだようだ

ツアーのお宿はこんな感じ。目の前にはアマゾン河が流れ、周囲はジャングル。猿もたくさんいて、対岸にはワニもたくさんいた

ジャングルなので、夜はベッドを蚊帳で完全防御しないと、ひどいことになります

夕方、宿の近くの展望所へ

展望所からは、真っ直ぐな地平線に沈む、とても美しい太陽の姿を眺めることができた

サンセットの光を浴びて、みんな真っ赤

なかなかここまで美しい夕焼けは見ることができないんじゃないでしょうか。さすがはアマゾン

ツアー2日目は、ちょっと小雨模様。少し水がたまっているボートに乗り込み、さらに奥地へと進んでいった

このツアーのメインイベント、アナコンダ探しのスタート。草木がぼうぼうに生い茂る中を、かきわけかきわけ進んでいった

だけど、この日は雨のため、アナコンダ探しは難航・・・

足をズボズボと地面に埋めながら、なんとか前へと進んでいく。かなりしんどい

長靴をはいてたけど、余裕で中まで水が入ってきてしまっていた。足がヌルヌルして気持ち悪い

草原を抜け小川を越えアナコンダを探す・・・

が、結局見つかったのはヌケガラのみ。かなりがんばったんだけど、見つけられず残念。。

気を取り直して、次のイベントへ。これを使って遊びました

その遊びとは、フィッシング!!針の先に肉を刺して、糸を沈めるだけで・・・

パクッとピラニアが飛びついてきました。簡単に食いついてくるので、すごく楽しい!

なかなかデカいピラニアが釣れました

一見、普通の魚にも見えるけど、でも口を見るとやっぱり凶暴な感じのするピラニア

大漁、大漁!

というわけで、自分たちで釣った新鮮なピラニアが夕食に並んだ。味はさっぱりしてて、かなり美味!

そんな感じで、なかなか楽しいツアーだったけど、帰りは雨の影響で道がボロボロ。。車を後ろから押したりしながら、どうにかこうにか進んでいった

タイヤもこんな酷い姿になりながら、がんばってくれました・・・