ゴアの写真

ビーチが広がる南インドの楽園ゴア。
キリスト教文化が浸透した不思議なインドが広がるこの地で、 これまでのインド生活を振り返りながら、
毎日美味いカレーを食いまくってました。 それにしても夕陽がとってもキレイだったなあ・・・。

前々から楽しみにしていたゴア。ビーチに着くと、ヤシの木はたくさん生えてるし、太陽はガンガン照りだしで、南国ムード満点!インドではない世界に来てしまったみたいで、いやがおうでも気分が高まる

旧ポルトガル領だったこともあり、キリスト教が浸透しているゴアにはたくさんの教会が建っている。う〜ん、インド=ヒンドゥー世界という図式が成り立たない場所って、ちょっと不思議な感じがする

ゴアの飯は少々高いが、レベルはかなり高い!ここオアシスカフェの飯はほんと美味しくて、ほぼ毎日通っていた

特に美味かったオアシスカフェのカレー。とても気の利いた味がします。たぶん日本人好みの味。ゴアでは毎食毎食がとても楽しみだった

アンジュナビーチからバスに乗って数十分、マプサまで出ると、この通り。人ごみに熱気がムンムン

布地、香辛料、雑貨、食料品・・・、市場にはたくさんのモノがあふれ、そして人があふれる。威勢のいい声がそこら中に響いていた

アラビア海に面したゴアには魚市場もある。久しぶりに見る魚にちょっと感激!でも、「ほんとに食えるの?」って感じの見たことないような不思議な魚もチラホラ

こちらは野菜市場。やっぱり野菜を見てると心が落ち着く。キッチンが付いた宿に泊まりたいなあ・・・

オールド・ゴアは旧植民地時代に首都だった地区。ここボム・ジェズ教会を中心とした教会群は、世界遺産にも指定されていて、多くの観光客をひきつけている

教会の入口前には布が張ってあって、とってもキレイだった

ここボン・ジェス教会は、皆さんご存知、宣教師ザビエルが晩年を過ごした教会でもあります。教会にはあの特徴的な顔(頭?)があふれていました

なんとザビエルのミイラもここに安置されているのです。しかし、一般公開は10年に一度だけ。残念ながら今回は写真のみの見学・・・

教会の近くのアートギャラリーにはキリストの絵やオブジェがたくさん飾られていた

こうした教会群を見ていると、一部とはいえ、ポルトガルもよくインドにキリスト教を浸透させたよなあと感心してしまう

ゴアでもバイクをレンタルしてビーチめぐり。灼熱の太陽の下、風を切りながらのドライブはとっても気分がいい〜!

ノドカな風景の中をバイクは進む。閑散としてますが、ここはゴア名物のフリーマーケット会場。特定の曜日になると、ものすごくたくさんの人があふれかえるらしい

運転中によく見かけた印象的なマークのペイント。たぶんワインの宣伝かな?インドではけっこう入手困難なお酒類も、ここゴアでは普通に手に入る

前方になんかデカいのがいる!と思ったら象でした。観光客向けに顔にペイントまでされていて、なかなかカワイらしい象さんでした

水牛の姿もよく見かけた。水牛の背中に鳥たちがちょこんと乗っかる。いやあ、ノドカだねえ〜

と、のんびり気分で運転していたら、目の前で事故が!前から来たバイクが車にぶつかって吹っ飛んでいた。大事に至らなくてよかったけど、危ないなあ・・・

ビーチにはヤシの木が勢いよく伸びまくる。海とヤシの木って、ご飯と味噌汁ぐらいよく似合ってるよなあ

海には大きな船も浮かぶ。このままアラビア海を西へ真っ直ぐ進み、アフリカ大陸まで向かうのだろうか

いくらクリスチャンの多いゴアとは言え、やはり牛はたくさんいます。ビーチリゾートに牛が普通に寝そべってるのって、世界中探してもインドぐらいじゃないだろうか・・・

なんとか日が沈む前に、夕陽がキレイというウワサのアランボルンビーチに到着した。夕方になると、西日がビーチを黄金色に照らし始める

太陽と地平線と海と砂浜と船。船の近くを歩いていたインド人たちがとてもカッコよく見えてしまった

太陽の光が海面に映り、波とともに揺れながら砂浜を染めていく。ほんとに美しい景色だ

コテコテな感じの風景だけど、感動的なほどに美しかった。思わず、旅に出てよかったなあと感じてしまった瞬間でした

結局、ゴア名物のパーティーには参加しなかったけど、でも充分に楽園ゴアを満喫した我々二人だったのでした

ムンバイの写真

かつてボンベイという名で親しまれていたインド最大の都市ムンバイ。
ほんとインドっぽくない大都会って感じで、物価もインドにしてはすごく高い!
旧ビクトリア駅やエレファンタ島などを、かけあしで観光して、そしてインドを後にしたのでした。

ムンバイの観光名所のひとつインド門。この近くが安宿街となっているのだが、それでも他のインドの街に比べると、宿代はものすごく高い。ムンバイってインドの中の異国なのです・・・

インド門の横に建つタージマハルホテル。ムンバイを象徴する豪華絢爛な超高級ホテルです。大富豪タタにより20世紀初頭に建てられたこのホテル、当時は海に面して建てられたというのがビックリ仰天なことだったらしい

船に乗ってエレファンタ島にちょろっと観光へ。船から見るインド門&タージマハルホテルはなかなかの見ごたえでした。なんとなくゼイタクな気分

船の乗務員は、のんびりと居眠り中。でも横のハシゴをつたって見晴らしの良い2階にあがろうとしたら、ムクッと起き出して「追加料金を払え!」と言われてしまった・・・

エレファンタ島には、世界遺産にも登録されているヒンドゥーの遺跡がある。あまり見所のないムンバイの観光名所のひとつ。エローラやハンピと比べてしまってはいけません

時間がなかったので、のんびり記念撮影するインド人観光客を横目に、我々はかけあし観光。まあかけあしで充分って感じでしたが・・・

パソコンのアダプタを修理しようと、電脳街と言われている場所へ出向く。かなり期待して行ったが、感想はショボ!って感じ。秋葉原の裏通り1本分ぐらいな規模

路上にいたオッチャンがハンダゴテを駆使してアダプタを修理してくれた。ほんと、このオッチャンいい仕事してくれました

ムンバイのタクシーは黄色と黒が目印。ちょこっと派手なデコレーションがいい感じ。きちんとメーターを使って走るというのが、インドにしては奇跡的

ムンバイには、かつての英国占領時代に作られたコロニアルな建物が多くて、なかなか趣がある。こちらは中央郵便局

そしてこちらも世界遺産に登録されている旧ビクトリア駅。現在も普通に駅として機能してます

西日に照らされた旧ビクトリア駅。なかなかいい感じでした

海沿いには砂浜が広がり、そしてその向こうには高層ビル群が見える大都会ムンバイ。これを見て、ここがインドだと思う人は、あまりいないんじゃないでしょうか・・・

ムンバイ空港で夜を明かす。空港前には、やはり路上で寝てる人が多数。楽しかったインドの旅もこれでお終い。ちょこっと後ろ髪ひかれる思いで、アンマンへと向かったのでした

[アジャンター/エローラ、ハンピ]
[アンマン/ペトラ]