エルサレムの写真

いわずと知れた三大宗教の聖地エルサレム。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、それぞれの歴史の重みと複雑さを感じずにはいられない街でした。

イスラエルに入国した履歴がパスポートに残ると、色々と不都合が出てくるので、別紙にスタンプを押してもらっての入国。我々は運が良かったのかどうかわからんけど、とりあえず無事に成功。写真はヨルダン出国時の別紙スタンプ

エルサレム旧市街の玄関口ダマスカス門。この城壁に囲まれた旧市街の中で、歴史に残る様々な出来事が繰り広げられてきた

旧市街は、ユダヤ教区、キリスト教区、イスラム教区などに分かれており、それぞれで異なる景色が広がっている。それぞれに雰囲気があって、散歩しても飽きることがなかった

1キロ四方の旧市街の中には、雑貨屋、土産物屋、レストランなど、様々な店がひしめき合っている。多くの人種・民族が暮らしており、行きかう人々の顔も多様だ

旧市街には、歴史的に重要な建造物がそこら中にあふれていて、人々の生活の中に溶け込んでいる。写真左下のほうに見える石造物も何かの史跡らしい。ユダヤ教区にて

イスラム教区にはパレスチナカラーの旗が掲げられた

アラファト議長、そして「FREE PALESTINA」と書かれたのTシャツを発見。思わず、ダライ・ラマと「FREE TIBET」という言葉を思い出してしまった

エルサレムの名所のひとつダビデの塔。意外と地味

ダマスカス門近くにある安宿、パームホステルとファイサルホステル。なぜか隣同士のこの2つの宿。この街を訪れるバックパッカーの大半(全員?)が、どちらかの宿に泊まっている

エルサレムでよく食べていたサンドイッチ。肉や魚やファラフェル(コロッケ)等とともに野菜がたくさんが詰め込まれている。値段はちょっと高いが、ヨルダンで食べたサンドイッチより格段に美味かった

オリーブ山から旧市街を見下ろす。金色の屋根を持つ岩のドームがひときわ目立つ

岩のドームは、預言者ムハンマドが昇天したと言われる場所に建てられた非常に意義深い建築物だ。イスラム建築最高傑作のひとつとも言われる

ユダヤ教徒にとって最も重要な存在のひとつ「嘆きの壁」。ここに来るには、セキュリティチェック(荷物チェック)を受けなければならない

嘆きの壁の前には、正統派のユダヤ教徒たちがたくさん。黒いスーツに黒い帽子、長くてチリチリのモミアゲとヒゲ・・・。イメージ通りの人々があふれていて、けっこうビビった

皆、頭を前後に振りながら、熱心に聖書を読んでいた

壁の前では、ユダヤ教徒同士で談笑する姿も見受けられた。真ん中のおじいさんの帽子の形が印象的だった

壁に体を寄せ、震えながら嗚咽するユダヤ教徒。遠い昔の嘆くべき史実に感情移入しているのだろうか

空にはアザーンが響き渡る。とても不思議な気分がした

旧市街を出たところにある、イエスが処刑前夜に苦悶しながら過ごしたと言われる教会。砂色をした旧市街とは対照的に、色鮮やかな壁画が施されていた

教会の中に入ると、韓国人のキリスト教徒たちが賛美歌を歌っていた。美しい歌声が教会の中に響き渡る

こちらはイエスが処刑された場所(ゴルゴダの丘)に建てられた聖墳墓教会。熱心な信者たちが教会の中にあふれていた

イエスが埋葬され3日後に復活を遂げたとされる石墓

この街の置かれた複雑な状況を象徴するかのように、街には武器を持った兵士がたくさん歩いていた

夕暮れ時の岩のドームと嘆きの壁。エルサレムは、色々と考えさせられる街でした・・・