世界一周の旅行中、アフリカ (エジプト、エチオピア、ケニア) で泊まった宿・ホテルの情報です。

ザンビア、ナミビア、南アフリカ、モロッコ の情報については、 アフリカA をご覧ください。

値段、立地、清潔さ、設備、サービス等をふまえて、勝手に独断で5段階評価してます。

※料金は、「/人」と記載されている場合は1人分、それ以外の場合は1部屋分(基本的に2人分)の値段を表示してます。



エジプト エジプト -Egypt- blog 移動 都市 写真

 1ポンド = 約20円

Venice Hosokawaya Hostel

- カイロ -

  • ベニス細川家ホテル
  • 料金 : 65ポンド [ダブル]
  •      (約1,300円)
  • 宿泊日: 2008.1.11〜(4泊)
  • 評価 : ★★★★☆
  •  

    ◆場所
    4 Suuq it-tawfiqiiya。地下鉄ナセル駅のある交差点からラムセス中央駅側(北側)へ100メートルぐらい歩き路地を右に曲がると、この通りに入る。車用品店が並んでいるが、それらを抜けて200メートルほどまっすぐ進み、野菜や果物の屋台のあるあたりの右手に位置している。2Fにスルタンホテル(Sultan Hotel)と6Fにサファリホテル(Safari Hotel)が入るビルの5F。隣にピザ&パイ屋がある。スルタンホテルの看板が目印。

    ◆一口メモ
    オープンしたて(まだしてなかった?)の新しくて清潔な日本人宿。もちろん南京虫とかダニの心配も無し!カイロに到着した日、サファリとスルタンがいっぱいで入れなかったため、この宿に泊まることにした。ドミトリー(25ポンド/人)は男女別だったのでダブルにした。
    以前はベニスホテル(Venice Hotel)という名で営業していたが、まったくコンセプトを変えたキレイで快適な宿にするということで改名・改装したそうだ。日本国籍のオーナーと日本人マネージャーがいて、いろいろと親切にしてくれる。上下の有名宿に比べるとかなり値段は高いが、清潔な生活を望む方は充分に元が取れると思う。5Fまで階段を上るのはやはりちょっとキツイけど・・・。虫が嫌とか、雰囲気が嫌とかで、サファリやスルタンから流れてくる客も多い。我々が宿泊した際は、まだ工事している所などもあったが、今後さらに設備など充実を図っていくのではないかと思う。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    エアコン(冷房のみ)
    朝食付
    ネット無料(ラップトップ可)、キッチン

    Sultan Hotel- カイロ -

  • スルタンホテル
  • 料金 : 11ポンド/人 [ドミトリー]
  •      (約220円/人)
  • 宿泊日: 2008.1.27〜(3泊)
  • 評価 : ★★★★☆
  •  

    ◆場所
    4 Suuq it-tawfiqiiya。上述のVenice Hosokawaya Hostelと同じビルの2階。

    ◆一口メモ
    アスワンからカイロに戻ってからはここで過ごした。5人部屋のドミトリー。南京虫はいなかったが、ダニとかは少しいるかも。でもまあ特に問題なく快適に過ごせた。客はほとんど日本人だが、うちの部屋は3人日本人で、あとギリシア人とイギリス人だった。なんとなく変な外人多し(皆、何ヶ月も住んでるみたい)。サファリホテルもそうだが、情報ノートが充実しており、アフリカ情報等かなり収集できる。漫画や日本の新聞(結構新しい)・本・雑誌もあり。あとアモーレ塾に入れば、過去数年にわたって蓄積された膨大な量の情報ノートを閲覧可能。あと、2008年2月から12ポンドに値上がりするとのこと。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    ファン
    共同
    キッチン、情報ノート、漫画、新聞、本、雑誌

    Seven Heaven- ダハブ -

  • セブンヘブン
  • 料金 : 20ポンド [ダブル]
  •      (約400円)
  • 宿泊日: 2008.1.16〜(2泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    ダハブのビーチの真ん中あたりにある橋を渡って、道沿い(海を臨むカフェとかがたくさん)に20メートルほど北に歩いた左側。

    ◆一口メモ
    値段の割には充分キレイな宿。難点をあげるとすれば、洗濯物が干しにくいところ。ダイビング屋と一緒になっているので、ダイバーがたくさんいる。あと韓国人率も高い。ダハブのビーチのちょうど真ん中あたりにあるので、いろいろと便利かも。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット(塩っぽい)
    ファン
    共同
    7.5ポンド/日で無線LAN可(遅い)

    Auski Camp- ダハブ -

  • オースキーキャンプ
  • 料金 : 20ポンド [ダブル]
  •      (約400円)
  • 宿泊日: 2008.1.18〜(2泊)
  • 評価 : ★★★★☆
  •  

    ◆場所
    ダハブのビーチの南のほう。噴水のある歩行者天国の入口から20メートルぐらい手前(南)の海側。カンガルー(ワラビー?)が書いてあるゲートが目印。

    ◆一口メモ
    ここも値段の割には充分キレイな宿。屋外の談話スペースは、ノンビリするにはなかなか良い。従業員もけっこう親切。バスチケットの手配とかもしてくれる。日本人宿泊者も多く、楽しい時間を過ごせた。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット(塩っぽい)
    ファン
    -

    Sherif Hotel- ルクソール -

  • シェリフホテル
  • 料金 : 35ポンド [ダブル]
  •      (約700円)
  • 宿泊日: 2008.1.21〜(3泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    駅から徒歩10分ほど。テレフィジヨーン通りにあるBadr Stの奥(行き止まりになっている)のほう。Badr Stは、テレフィジヨーン通りがサラフッディーン通りとつながる所の近く(少し南)にある西にのびる道。

    ◆一口メモ
    別名Bob Marley House。宿のいたる所にボブ・マーリーのポスターとかが貼ってある。薄暗い通りの奥にあるが、とても清潔でキレイな宿。ドアノブが壊れてドアがものすごく開けにくかったのと、シャワーがぬるかったのを除けば快適だった。従業員もけっこういい人たち。ルーフトップレストランがあり、けっこう豪華な朝飯が食える。ネットは1時間5ポンドでラップトップも可。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    ファン
    朝飯付
    ボブ・マーリーだらけ

    Marwa Hotel- アスワン -

  • マルワホテル
  • 料金 : 7ポンド/人 [ドミトリー]
  •      14ポンドでダブルの部屋利用可
  •      (約140円/人)
  • 宿泊日: 2008.1.24〜(2泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    駅を出て左に100メートルぐらい行き(門の少し手前)、薬局のある小路を右に曲がってちょっと行ったところ。有名なので、現地の人は皆知ってる。

    ◆一口メモ
    ちょっと汚いけど、安さと立地が魅力的な宿。宿の従業員もフレンドリーで悪くない。1泊目はドミ、2泊目はダブルに宿泊した。情報ノートもあるらしいが、ボロボロすぎるからという理由で見せてくれなかった。客は韓国人と日本人が多い。アブシンベルのツアーも行っているが、そんなにボッてないというウワサ。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    ファン、 エアコン(冷房のみ)
    -



    エチオピア エチオピア -Ethiopia- blog 移動 都市 写真

     1ブル = 約12円

    Taitu Hotel- アジスアベバ -

  • タイトゥーホテル
  • 料金 : 63ブル [ダブル]
  •      (約756円)
  • 宿泊日: 2008.2.6〜(2泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    ピアッサの宿屋が並ぶ通りの一番奥の右側。門を入って少し下ったところにレセプションがある。

    ◆一口メモ
    100年以上前に皇后様によって建てられた由緒正しきホテル。レストランのある建物は邸宅風でそれなりの雰囲気はあったが、泊まったほうの建物は普通の安宿風。ホットシャワーは出るが、夕方早いうちがよいとのウワサ。停電、断水有り。
    入口の前の通りは、夜になると賑やかな歓楽街風になる。なお、近くのBaro Hotelには情報ノート有り。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    -

    Abay Hotel- シャシャマネ -

  • アベイホテル
  • 料金 : 25ブル [ダブル]
  •      (約300円)
  • 宿泊日: 2008.2.8〜(3泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    バスターミナルから未舗装道路を南へ5〜10分ほど歩くと大通りに出る。その大通りを右に曲がり、1キロぐらい進むと左手にある。入口はレストランの脇にある。

    ◆一口メモ
    値段の割にそんなに悪くない宿だった。35ブルの2ベッド部屋もあり、そこは結構広かったが、泊まった部屋はまあ普通。昼間はだいたい停電していたので、ドアをあけて日光を取り込みながらの生活。断水も有り。
    オーナーはとてもいい人で「自宅のようにくつろいでくれ」と言ってくれた(働いてる従業員はあまり愛想良くないけど)。トイレとシャワーは常時カギがかかっているため、入るときは従業員に言って開けてもらう必要が有り、ちょっと面倒くさい。
    付属のレストランは、メニューが多そうに見えて出せる料理が少ない。けどなかなか美味い。夜になると外出させてくれないので、このレストランでばかり飯を食べていた。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・水
    蚊帳付、電源差込口無し

    Kirro Hotel- アルバミンチ -

  • カイロホテル
  • 料金 : 40ブル [ダブル]
  •      (約480円)
  • 宿泊日: 2008.2.11〜(2泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    バスターミナルの東のゲートを出て右に曲がって少し進み、左折してしばらく進むと像の置いてあるサークルの交差点に出る。そこから右に曲がり300メートルほど行った右手。

    ◆一口メモ
    値段の割には、まあまあ清潔。石鹸とタオルもついている。チェックインしたときに英語の話せる背の高い青年がいて結構親切にしてくれたが、油断すると、ツアーに行かないかとかガイドは必要ないかとか、営業トークが始まるので少し注意が必要。停電、断水有り。嫁は南京虫に刺された。敷地内にレストランもあってビールとかも飲める。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    室内
    室内・水
    蚊帳付

    Gho Hotel- ジンカ -

  • ゴウホテル
  • 料金 : 50ブル [ダブル]
  •      (約600円)
  • 宿泊日: 2008.2.13〜(4泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    バスターミナルの出入口(東口)を出て、左に曲がって200メートルぐらい行ったところの右側(左側には草原っぽいのが広がっている)。門の前に看板あり。

    ◆一口メモ
    バスターミナルからも近いし、まあ悪くない宿。入ったとき消毒のニオイがしたし、シーツも干してたみたいなので虫はそんなにいないんじゃないかとは思う。レストランも有り。少数民族フェスティバルに参加する政治家もここに泊まってたので、たぶんこの村では高級な宿なのだろう。うちらが泊まったところが一番安い部屋だった(フェスティバル前だったから高かったのかも)。アジスとかからやってきたランクルもたくさん泊まっていた。イスラエル人がナゼかうちらの部屋の前でテントを張って寝ており、夜中もうるさかった。断水は比較的少なかったが、停電はよくある。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・水
    蚊帳付

    St. Mary Hotel- コンソ -

  • セントマリーホテル
  • 料金 : 50ブル [ダブル]
  •      (約600円)
  • 宿泊日: 2008.2.17〜(1泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    バスが停まる交差点(サークル)の角。ジンカ側から見て左手前の角。

    ◆一口メモ
    バスを降りて最初に目に入った宿。特にコンソの情報がなかったためここに宿泊。部屋はまあ悪くないが、常時断水のためか便所臭い。だいたい停電しているため部屋にロウソクが置いてある。
    敷地内にモヤレ行きのバスが駐車しているため、バスのチケットは手に入れやすいかも。そこらへんにいる英語が使えるヤツに聞くとバスチケットを手配しくれると思う(あとで10ブルほどチップを要求してくる)。レストランも有り。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    室内
    室内・水
    シャワーはあるが宿泊中はずっと断水で使用できず。頼めば、バケツに入った水はもらえる

    Abraham Hotel- モヤレ -

  • アブラハムホテル
  • 料金 : 20ブル [ダブル]
  •      (約240円)
  • 宿泊日: 2008.2.18(1泊)
  • 評価 : ★★☆☆☆
  •  

    ◆場所
    バス停から国境と逆側に100メートルほど行った左手。国境までは徒歩10分ほど。

    ◆一口メモ
    バスの到着が遅かったため、とりあえず入ったバス停近くの宿。入口がレストランになっている。値段は安いのだが部屋は汚くてゴキブリが多い。テーブルがあったが、ロウロクのロウでものすごくベタベタしていた。トイレはとても臭く、常時断水のため水は使えず。停電もあり。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・水
    シャワーはあるが宿泊中はずっと断水で使用できず



    ケニア ケニア -Kenya- blog 移動 都市 写真

     1Ksh = 約1.5円

    Sherif Guest House

    - モヤレ -

  • シェリフゲストハウス
  • 料金 : 400 Ksh [ダブル]
  •      (約600円)
  • 宿泊日: 2008.2.19(1泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    国境から徒歩10分ほどのトラックとかが停まる広場に面している。国境側から見て左手。

    ◆一口メモ
    ムスリム経営。部屋も広くて、まあまあ清潔な悪くない宿。エチオピア側に比べて断水も少なく、シャワーがあびれるのがうれしかった。停電は普通にあった。この宿の前からバスやトラックも出ており、立地的にも問題ない。ただ、チェックインした後に、宿の従業員じゃないヤツ(外部からこっそり入ってきた人間)に宿代を払ってしまい、1泊しかしてないのに2泊分の支出となってしまった。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・水
    -

    New Kenya Lodge

    - ナイロビ -

  • ニューケニアロッジ
  • 料金 : 1,000 Ksh [ダブル]
  •      (約1,500円)
  • 宿泊日: 2008.2.21〜(3泊)
  • 評価 : ★★★★☆
  •  

    ◆場所
    River Road沿い。Latema Roadと接するT字路にある。ナイロビのランドマーク、ヒルトンホテル(円柱型)から徒歩5分ほど。ヒルトンを背にして、大通りMoi Avenueを渡り、露店がたくさんあるあたりの右脇のAccra Roadを300メートル進むとRiver Roadに突き当たる。そこを左折してまた300メートルほど進んだところ。

    ◆一口メモ
    有名な日本人宿。日本人が多く、情報ノートもあるので、いろいろと情報が集まると思う。立地はダウンタウンに近いため少し危ないかもしれないが、なにかと便利な場所ではある(スーパー、両替屋、ネットカフェ等、ヒルトン近辺に多数あり)。蚊が異様に多く、ゴキブリも結構多いが、南京虫はいなかった。屋上は洗濯物も干せるし眺めもまあまあ良い。あとこの宿がやってるサファリツアーは結構良いとのウワサ。ドミトリーは400 Ksh/人。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    室内
    室内・ホット
    共同
    情報ノート、蚊帳付、朝のチャイ無料、室内にコンセント無し(裸電球から電気取得可)、コンロ(料理可)



    タンザニア タンザニア -Tanzania- blog 移動 都市 写真

     1Tsh = 約0.1円

     1USドル = 約110円

    Meru House Inn- アルーシャ -

  • メルーハウスイン
  • 料金 : 8,000 Tsh [ダブル]
  •      (約800円)
  • 宿泊日: @2008.2.24〜(2泊)
  •      A2008.2.27 (1泊)
  • 評価 : ★★★★☆
  •  

    ◆場所
    Sokoine Road沿い。バスターミナルから南へ300メートルほど歩くと、Sokoine Roadに出る。そこを右に曲がってさらに300メートルほど進み、上海飯店やArusha Backpackersを越えると右手に見える。

    ◆一口メモ
    この宿の経営する旅行会社Victoriaのサファリツアーが良いという情報を聞いていたため、宿代をサービスしてくれる可能性の高いここに宿泊。結局ツアーは別の所で申し込んだが、値段の割に宿のレベルはかなり高くて満足。ホットシャワーもガンガン出るし、トイレットペーパー、バスタオル、石鹸が付いているのがまた嬉しい。ツアーで儲けてるような宿だと思うので、客寄せのためにも宿自体のレベルは高いのだろう。Victoriaでツアーを申し込んだ場合、がんばって交渉すれば2泊分無料にしてくれると思う。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    共同
    蚊帳付

    Panorama Safari Camp

    - マニャラ湖近く -

  • パノラマサファリキャンプ
  • 料金 : ツアー代金(1泊2日230ドル)に含む
  • 宿泊日: 2008.2.27(1泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    マニャラ湖国立公園が一望できる山の上。

    ◆一口メモ
    サファリツアーで宿泊したキャンプ場(ツアーの概要はコチラ)。常設テントがあり、その中に泊まった。シャワーやテレビなど、意外と設備が整っていてビックリ。テント内にはマットレスも敷いてあった。山の上にあるので、マニャラ湖が眺められて景色もよい。チップを払うと、従業員によるダンスみたいなやつが見れる。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ぬるま湯
    共同
    夕食付(ツアーに含む)
    -

    Kindoroko Hotel- モシ -

  • キンドロコホテル
  • 料金 : 40 USドル [4人部屋]
  •      (約4,400円)
  • 宿泊日: 2008.2.29(1泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    Mawenzi Road沿い。時計塔から、南西へ徒歩20分ほど行った左手。マーケット近く。

    ◆一口メモ
    Arusha BackpackersやKilimanjaro Backpackersの系列店。キリマンジャロの眺めが良いということでこの宿に泊まった。予約して行ったにもかかわらず、シャワー無しの安いダブル(15ドル)は一杯。しょうがなく45ドルのファミリールームを40ドルに値切って、Jun&しかちゃんと4人でシェアした。
    高いだけあって部屋は広くてまあまあ清潔。石鹸、タオル、トイペ付。天気が良ければベランダからキリマンジャロの端のほうが見える。レストランのある屋上からはキリマンジャロがかなりキレイに見渡せる。朝食はパンと果物とジュース、コーヒー。まあ贅沢という感じのものでは無かった。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    室内
    室内・ホット
    ファン
    朝食付
    蚊帳付

    Holiday Hotel- ダルエスサラーム -

  • ホリデーホテル
  • 料金 : 18,000 Tsh [ダブル]
  •      (約2,700円)
  • 宿泊日: 2008.3.1(1泊)
  • 評価 : ★★☆☆☆
  •  

    ◆場所
    Jamhuri Street沿い。キストゥ・バターミナルからMorogoro Roadを南東へ進み二つ目に交差する道がJamhuri Street。ここを右折して100メートルほど行くと左手にある。

    ◆一口メモ
    ダルエスは宿代が高いと聞いていたので、バスを下車後、比較的安いと評判のこの宿に向かった。が、値段は特に安いわけでもなく、ディスカウントもきかなかった。宿を探すのが面倒だったのでここに宿泊することにしたが、従業員は無愛想だし、設備もあまりイケてない。電源がとれないというのがかなり痛い。近くにはネットカフェや飯屋もあり、フェリー乗り場も近いため、ロケーションは便利だが、まあ総合的に判断してオススメできるような宿でないことはたしか。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・水
    ファン
    蚊帳付、室内に電源無し(裸電球も無し)

    Bandari Lodge

    - ザンジバル(ストーンタウン) -

  • バンダリロッジ
  • 料金 : 25 USドル [ダブル]
  •      (約2,750円)
  • 宿泊日: 2008.3.2〜(2泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    フェリーを降りて、金網の出口を出て左に曲がる。しばらくすると交差点(サークル)があるが、それも越してさらにちょっと進むと右手にある。さらに進むと左手に魚市場がある。

    ◆一口メモ
    魚市場に近く、冷蔵庫とキッチンも付いているので、刺身を食うにはよい宿。部屋はけっこうキレイでベッドも雰囲気があっていい感じ。共有のダイニングスペースもなかなかよい。ザンジバルの宿はどこも高く、だいたいココと同じでダブルで25ドルぐらいだと思う。ここ以外の宿だと、奴隷市場のあった教会裏手にある、Riverman Hotelというところが、冷蔵庫、キッチン付きでダブル20ドル、シングル10ドルで泊まれるのでオススメ(情報ノートも最近できた様子)。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・水
    ファン
    共同
    朝食付
    キッチン、コーヒー・紅茶飲み放題、蚊帳付

    Paradise Beach Bungalow

    - ザンジバル(パジェビーチ) -

  • パラダイスビーチバンガロー
  • 料金 : 50 USドル [ダブル]
  •      (約5,500円)
  • 宿泊日: 2008.3.4〜(2泊)
  • 評価 : ★★★★☆
  •  

    ◆場所
    パジェのロータリーに看板あり。ロータリーから北のほうの道を1キロぐらい進んだ右手に入口あり。

    ◆一口メモ
    日本人のサオリさんが経営の有名な宿(残念ながら我々が宿泊したときはサオリさん不在)。白砂のビーチが目の前に広がっており、まさにリゾートって感じが味わえる。夜は空一杯に星が広がる。値段は高いが、せっかくのザンジバルなので贅沢気分を味わいたいという人にはオススメの宿。近くのジャンビアーニというビーチのほうが安い宿があるらしいので、節約派はそちらのほうがいいかもしれない(パジェからトラックで10分ほど)。従業員もフレンドリーで楽しい人が多い(マサイの警備員も面白い)。レストランの食事はちょっと高めだが、かなり美味い。冷麺が特に美味かった。釣りやシュノーケリングなど、各種アクティビティも手配してくれる。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    室内
    室内・水
    ファン
    朝食付
    日本語雑誌、蚊帳付


     * レートは世界一周の旅行当時のものです。 情報も旅行当時のものなので、あくまで参考としてご覧ください。