世界一周の旅で泊まった北中米の宿・ホテルの情報です。

値段、立地、清潔さ、設備、サービス等をふまえて、勝手に独断で5段階評価してます。

※料金は、「/人」と記載されている場合は1人分、それ以外の場合は1部屋分(基本的に2人分)の値段を表示してます。



アメリカ アメリカ -America- blog 移動 都市 写真

 1USドル = 約110円

 アメリカ 1回目blog 移動 都市 写真

Jazz Hostel - マイアミ -

  • ジャズホステル
  • 料金 : 25.99 USドル/人 [ドミトリー]
  •      (約2,859円/人)
  • 宿泊日: 2008.8.14(1泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    321 Collins Avenue, Miami Beach。ビーチまで徒歩2分ぐらい。空港からだと、まずJバスに乗ってマイアミビーチのほうへ向かい、41st StreetとSheridan Avenueの交差点で下車。Mバスに乗り換えてWashington Avenueと3rd Streetの交差点で下車し、3rd Streetを歩いて1本隣のCollins Avenueへ出て左折するとすぐ右手にある。バスの接続が悪いと全部で2時間近くかかる。

    ◆一口メモ
    マイアミビーチのSouth Beachに近いキレイなホステル。HOSTELWORLD.COMで調べたら、この付近最安値の16ドルぐらい(税抜)で泊まれるということだったため、とりあえず予約をいれずに、バスに乗ってここへ向かったのだが、行ってみると「予約してないから23ドル+税金」とのこと。もう1軒、近くのSouth Beach Hostelというところにも当たってみたが、ここも予約してないため同じぐらいの値段を言い渡されてしまった。マイアミでは事前に予約したほうが安いみたいだ。ていうか、なんなのそれ?でもまあしょうがないので、宿泊することを決めたのだが、チェックインは14時からと言われ、部屋にそれまで入れず・・・。着いて早々、アメリカの合理的(?)なシステムが嫌いになった。
    でも、宿の設備自体は値段が高いだけあってグッド。入口を入ると、ソファーの前に大きな薄型テレビが置いてあり、バーカウンターみたいなのがあったりする。ここでWi-Fiもつながる。雰囲気もなかなかよく、キッチンも充実してて使いやすい。従業員も実はいい人たちだった。
    泊まった部屋は8人部屋のドミトリー。部屋の中は、宿の共通スペースとかに比べると汚い雰囲気。シャワーもドミの室内にあるが、温度調整がすごく難しく、換気口が無いので超こもる。まあでも、室内に冷蔵庫とエアコンがあるのは嬉しかった。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    室内共同
    室内共同・ホット
    エアコン
    共同
    朝食付
    キッチン、無線LAN無料、コーヒー・紅茶無料

     アメリカ 2回目移動 都市 写真

    浜田宿 - ロサンゼルス -

  • はまだじゅく
  • 料金 : 25 USドル/人 [ドミトリー]
  •      (約2,750円/人)
  • 宿泊日: 2008.8.19(1泊)
  • 評価 : ★★★★★ オススメ!
  •  

    ◆場所
    2506 1/2E,1st Street。ダウンタウンから東へ向かったところ。地下鉄Civic Center駅近くを1st Street沿いに走っているメトロバス30か31(リトルトーキョー前も走っている)に乗り、10分ほど行くと2400〜2500番台の住所のところに着くのでそこで下車。その付近の右手にお冨レストラン(2506番)という日本食屋が見えるのでその店に入り、「浜田宿に泊まりたい」と言うと泊めてくれる。

    ◆一口メモ
    ロサンゼルスに暮らしている浜田さんの経営する日本人宿。浜田さんは、創業50年をむかえる老舗日本食屋「お冨レストラン」で働いている、とても親切で旅行者思いの温かい人。我々が宿泊したときは、ビールやジュースを差し入れとしてくれたり、バス停まで車で送ってくれたり、ラスベガス行きのツアーを調べてくれたり、お冨レストランの日本食(すごく美味しい!)をサービス価格で食べさせてくれたりと、ほんとに色々と面倒を見てくれた。
    宿の部屋は民家の一室を貸し出しているという感じでとても居心地が良く、のんびりゆっくりできる。ダウンタウンからはちょっと離れているが、すぐ近くをメトロバスが走っているので、地下鉄と共通のメトロパス1日券を買えばダウンタウンからお金を使わずにいける(2009年には地下鉄も走る模様)。1週間割引で150USドル。車も駐車可。http://www.geocities.jp/hamadajyuku/

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    エアコン
    有(室内、DVD付)
    キッチン、無線LAN無料(長期滞在者の方の電波を使わせてもらった)

    Gold Coast Hotel - ラスベガス -

  • ゴールドコーストホテル
  • 料金 : 木曜日:2,589 円
  •      金・土:66.48 USドル(約7,312円)
  •      ※いずれも1部屋1泊あたり料金
  • 宿泊日: 2008.8.21〜(3泊)
  • 評価 : ★★★★☆
  •  

    ◆場所
    4000 West Flamingo Road。ストリップとFlamingo Roadの交差点から、Flamingo Roadへ入り、西へ1キロほど進んだ右手。リオホテルの隣。ストリップとFlamingo Roadの交差点にあるBillsホテルから無料のシャトルバスが20〜30分に1回出ている。

    ◆一口メモ
    ちゃんとした三ツ星ホテル。もちろんカジノ付き。ラスベガスには、ダウンタウンにUSAホステルというバックパッカーズがあるが、値段もそんなに安くなく(ドミで1人20ドル以上)、繁華街からも遠くて治安も悪いということで、あまり評判がよくなかったため、ネットで色々探していたらこのゴールドコーストホテルを発見した。初日は平日ということもあって、なんと1泊1部屋2,600円!ラスベガスのホテルは、カジノでお金を使ってもらうために、かなり宿泊料を安くしているとは聞いていたが、ここまで安いとは思っていなかった(2日目以降は週末のためかなり値段が上がったけど)。おそらく3人でも4人でも値段は同じ(1部屋単位の料金設定)なので、複数でラスベガスを訪問する場合は、こういうちゃんとしたホテルに前日までにネット予約しておいたほうがいいと思う(当日に直接フロントに行くよりもネット予約のほうが安い!)。予約したサイトはエクスペディア(1泊目のみ)と、VEGAS.COM(2〜3泊目)。
    ホテルの外観は他の高級ホテルとかに比べると見劣りはするが、三ツ星だけあってベッドや部屋の設備などはやはり素晴らしく、ものすごくキレイで快適。バックパック背負ってホテルに入るのがちょっと恥ずかしかった。立地的にはストリップに面してないため不便に思えるが、ストリップまで無料のシャトルバスが出ているため、ほとんど不便さは感じなかった。ストリップ沿いのホテルだと値段は高いので、ちょっと離れた場所にあるこのホテルはなかなか狙い目だと思う。1階には7ドル台でランチ・ビュッフェが食べられるレストランも有り(結構美味しい)。無線LANは有料(1日11.98ドル)。TEL:702-367-7111。http://www.goldcoastcasino.com/


    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    室内
    室内・ホット
    エアコン
    有(室内・薄型テレビ)
    ストリップまでの無料シャトルバス、コーヒーメーカー、ドライヤー、アイロン

    I Love Dormitory - ニューヨーク -

  • アイラブドミトリー
  • 料金 : 26 USドル/人 [ドミトリー]
  •      (約2,860円/人)
  •      ※mixi割引適用後の値段
  •      ※税金が+8.375%
  •      ※土日は+5 USドル
  • 宿泊日: 2008.9.3〜(5泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    W 136th street。マンハッタンの136丁目沿いの、Douglass Blvd と Adam Clayton Powell Jr Blvdの間。地下鉄駅135th StreetのB、Cラインから徒歩2分。2、3ラインから徒歩4分

    ◆一口メモ
    宿代の超高いマンハッタンの中では、けっこう安い部類に入る日本人宿。ハーレム付近に位置し、観光などするにはなかなか便利なロケーション。周辺の治安も最近は良いらしい。宿内はキレイで雰囲気も悪くないが、ドミトリーが男女別で分かれているのが不便だった(女が男部屋に出入りすることも禁止)。あと宿泊客数に対してトイレが少ない(しかも誰かがシャワー使ってるときは使えない)というのがちょっと難点かも。
    うちらのときは、宿泊客は全員日本人で、大学生とか留学生とか若い人たちが多かった。ニューヨークだけあって、今までとは客層が違って、バックパッカーは少なかった。でも、皆と夜遅くまで楽しく会話できて、最後にいい思い出ができてよかった。
    従業員は昼12時から夜20時までしかいないので、それ以外の時間にチェックインする場合は追加料金が必要。あと毎日チップを1ドル置いていくように言われる。mixiのコミュニティに加入すると宿泊費が割引。TEL:347-585-8744。http://ilovedormitory.com/


    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    エアコン、ファン
    パン2切、玉子1コ無料
    共同
    キッチン、ドライヤー、ネット無料(無線LAN可、備え付けPCは従業員不在時使用可)、情報ノート



    メキシコ メキシコ -Mexico- blog 移動 都市

     1ペソ = 約11円

     メキシコ 1回目blog 移動 都市

    Pension Amigo - メキシコシティ -

  • ペンションアミーゴ
  • 料金 : 120ペソ [ダブル]
  •      (約1,320円)
  •      ※1泊目のみ140ペソ
  • 宿泊日: 2008.7.15〜(5泊)
  • 評価 : ★★★★★ オススメ!
  •  

    ◆場所
    Poniciano Arriage 12。メトロ2号線のRevolucin駅を降りるとPuente de Alvaradoの大通りに出るので、そこからすぐ近くの大きな交差点からPaniciano Arriage(革命記念塔へ向かう道)へ右折。50メートルぐらい行った左手にある。扉には日本の国旗が書かれている。

    ◆一口メモ
    関連する本も出版されているほどの有名な日本人宿。値段の割りに設備も充実していて(キッチンのコンロも多く、ホットシャワーも水圧グッド)、日本語書籍、情報ノート、日本的遊戯類もあふれており、多くの日本人旅行者をひきつけている。夜は、毎日ジャラジャラと闘牌の音が響いていて、さながら日本の学生寮のような雰囲気をかもし出している。
    宿内のメンツによって宿の印象がかなり左右されると聞いていたが、うちらの宿泊時は、管理人さん、長期滞在者の人たちともに、とても気さくな良い人たちばかりだったため、かなり居心地が良かった。宿自体、老朽化も進んでいて、キレイとは言いがたいが、まあでも全然普通に寝泊りできるし、まあとにかく居心地は良い。ダブルの部屋がたまたま空いていた(ドミと同料金)のもラッキーだった。
    泊まっていると、中米の情報や、メキシコシティの情報などかなり耳に入ってくる(詳細な富永マップも壁に貼ってあり、購入も可)ので、メキシコに入って最初にここに泊まったのは正解だったと思う。メキシコシティは見所も多いし、ここでユックリ、マッタリ、ノンビリしたかったのだが、この先の予定を考えて、テキパキと動くことを心がけ(マージャンもやりたかったけどやらず)、5泊ほどでここを後にした。
    ドミトリーは60ペソ(1泊目のみ70ペソ)。1ヶ月の長期宿泊割引などもあるらしい。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    共同(DVD見れる)
    朝食サービス(日曜以外)
    情報ノート、キッチン(冷蔵庫有)、漫画、雑誌、DVD(アニメ等)、マージャン・将棋、飲料水フリー

    La Cabana - オアハカ -

  • ラ・カバーニャ
  • 料金 : 120ペソ [ダブル]
  •      (約1,320円)
  • 宿泊日: 2008.7.20(1泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    Mina 203。ベインテ・デ・ノビエンブレ市場の南側のチョコレート屋とかが並んでいる向かい。

    ◆一口メモ
    ゲラゲッツァのお祭りの前日に到着したためか、泊まろうと思っていた宿(市場の南側にあるチョコレート屋の経営するホテル)は満室。そのためその向かいにあって、値段も手頃だったこの宿に泊まることにした。シングル利用だと110ペソと割高だがダブルは安かった。部屋に電源のコンセントが無くて、ゴキブリが出るのが少しいただけないが、値段の割には全体的に汚いわけでもなくなかなかいい感じ。オアハカは荷物預かりが有料なところが多いと聞いていたが、ここは無料で荷物を預かってもらえた

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    共同
    飲料水フリー

    Hostal Casa Jordin

    - サンクリストバル・デ・ラスカサス -

  • カサ・ジョルディン
  • 料金 : 140ペソ [ダブル]
  •      (約1,540円)
  • 宿泊日: 2008.7.22〜(3泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    Dr.Jose Felipe Flores 26。ソカロからMiguel Hidalgo通りを1ブロック南へ行き、Jose Felipe Flores通りを左折して3ブロック進んだ左手。

    ◆一口メモ
    ちょっとぽっちゃり目の英語の話せるメキシコ人夫婦経営のオスタル。奥さんがバスターミナル前で日本語のビラを持って客引きしてたのだが、宿へのピックアップ無料、Wi-Fi可というのにひかれて、ここに泊まることにした。宿の設備などは若干古い感じがするが、中庭もあって雰囲気はなかなか良い。
    けど、Wi-Fiは実は使えないということがチェックインした後に判明。ラップトップ接続可だが、朝9時から夜8時までしか使えず、しかもいちいち「つなげて」と言わないと接続できない仕組みになっており、かなり面倒くさかった(備え付けのパソコンもあるが日本語読み書きともに不可)。その点についてはかなり不満。あと部屋の電気が、ベッド脇のランプみたいのしかつかなくて暗かった(雰囲気重視のため?)。ドミトリーは60ペソ/人。
    なお、サンクリストバル・デ・ラスカサスといえば日本人宿カサカサが有名だが、満室のようで入れなかった。カサカサは少し町外れにあるけど、情報もたくさん集まりそうだし値段も安いので、空いてたらそっちに泊まったほうがいいかも。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    朝食付
    キッチン、バス停からのピックアップ無料、ネット無料(日本語不可、ラップトップ可)

     メキシコ 2回目移動 都市

    Hotel St. Domingo- パレンケ -

  • サント・ドミンゴ
  • 料金 : 100ペソ [ダブル]
  •      (約1,100円)
  • 宿泊日: 2008.8.1(1泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    パレンケのバスターミナルから、道沿い(道の向かい側に渡らずに)を3分ほど歩いた右手。町の中心の交差点からだと、南へ進み、2つ目の交差点を右折してすぐ左手。

    ◆一口メモ
    「安くてまあまあ」という情報を聞いていたためここに宿泊。町の中心にも近くて立地的にはなかなか良く、聞いていた通りの安くてまあまあな宿だった。部屋はキレイではないが、そこまで汚くもない。シャワーはホットだと従業員は言っていたが、水しかでなかった。でもまあ暑いから全然水で大丈夫だったけど。チェックアウト後に荷物を預ける場合は20ペソ必要。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    室内
    室内・水
    ファン
    -

    Rosas 7- カンクン -

  • ロサス・シエテ
  • 料金 : 8 USドル/人 [ドミトリー]
  •      (約880円/人)
  • 宿泊日: 2008.8.3〜(4泊)
  • 評価 : ★★★★★ オススメ!
  •  

    ◆場所
    Calle Rosas 7。バスターミナルを出て、Av.Uxmalをロータリーと反対に向かって歩き2つ目の左折ポイントで左折。ちょっと行くと左側に大型文具店、右側に駐車場が見えるので、その駐車場を突き抜けて、右折&左折するとすぐ左手にある。

    ◆一口メモ
    カンクン・セントロにある、日本人宿。カンクンの宿といえばカサ吉田が有名だが、Rosas 7のほうが安くて風通しも良いということだったため、こちらに泊まることにした。
    宿自体は新しいみたいだが、各種設備が充実していて、日本人旅行者もたくさん宿泊しており(キューバ、ジャマイカ情報も集まる)、居心地はかなり良かった。冷えた水がいつでも飲めるというのも嬉しい。カンクンの物価は結構高いが、大型スーパーもすぐ近くにあり自炊派にも便利。蒸し暑いのと蚊が多い(宿の問題ではないけど)のと夜中うるさい(外の音楽)のが我慢できれば、非常に気分良くノンビリできる宿だと思う。ネットは1時間5ペソ。無線LAN1日使い放題で30ペソ。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    ファン
    共同(DVD見れる)
    朝食付
    情報ノート、キッチン(冷蔵庫有)、飲料水フリー(冷えてる)、漫画、雑誌



    グアテマラ グアテマラ -Guatemala- 移動 都市

     1ケツァル = 約15円

    ペンション田代 - アンティグア -

  • ペンションタシロ
  • 料金 : 40ケツァル/人 [ドミトリー]
  •      (約600円/人)
  •      ※1泊目のみ45ケツァル/人
  • 宿泊日: 2008.7.25〜(5泊)
  • 評価 : ★★★★★ オススメ!
  •  

    ◆場所
    Calzada Santa Lucia Pasaje Matheu No.11A。アンティグアのバスターミナルからメルカドの並びを抜け、サンタルシア通りに出たら右折。200メートルほど歩き、Hotel El Pasajeのわき道Pasaje Matheuを入って100メートルほど行った先の右手。看板は無いので、「11A」というのが目印。

    ◆一口メモ
    グアテマラの古都アンティグアにある創業10周年を迎える日本人宿。ガス口の多いキッチン、NHKの見れるテレビ、日本の番組豊富なDVDコレクション、日本の漫画・雑誌、24時間接続可能なインターネット(5ケツァル/h、使い放題コース等もあり)といった、沈没気分を盛り上げてくれる各種設備が充実しており、多くの日本人旅行者が長期滞在している。うちらも、その居心地の良さに予定以上の長居をしてしまった。町自体は1日もあれば十分観光できるぐらいの大きさだが、スペイン語学校も多く、ここに宿泊しながら学校に通っている人も多い。
    部屋の種類はいくつもあり、値段もそれぞれ違う。シングルは50ケツァル〜、ツインは80ケツァル〜。うちらははじめ別々のドミトリーに泊まっていたが、途中から2人部屋の男女混合ドミトリーに一緒に泊まれることになったため、ダブルの部屋みたいな感じで泊まれた。1週間からの長期割引もあり。富永マップも置いてある(購入可)。TEL:+502-78321644。http://ptash.web.fc2.com

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    共同(NHK、DVD見れる)
    情報ノート、キッチン(冷蔵庫有)、漫画、雑誌、大量DVD

    Hotel Mirador del Lago

    - フローレス -

  • ミラドール・デル・ラゴ
  • 料金 : 70ケツァル [ダブル]
  •      (約1,050円)
  • 宿泊日: 2008.7.31(1泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    フローレス島の東側。橋を渡ってフローレス島に入り、湖沿いの道より1本内側の道を半時計周りにちょっと回ると、右手に見えてくる黄色い建物。

    ◆一口メモ
    バックパッカー(主に欧米人)が集まるフローレス島では結構有名な宿。もうちょっと値段が高いと思っていたが、思っていたより安かったので部屋を簡単に見てここに決めた。フロントのある建物の向かいにある別館みたいな感じだが、部屋の中にシャワー・トイレもついてたし、とりたてて汚くもなかったし、特に問題なし。蒸し暑くてかなり過ごしにくかったが、まあそれはこの宿に限ったことがないのでしょうがない。ファンで暑さをしのいだ。フロントでは各種ツアー、シャトルバス等も取り扱っている。屋上からは湖が見えて、なかなか眺めが良い。シングルは40ケツァル。すぐ近くに日本食屋「すいか」がある(親子丼25ケツァルなど。富永マップあり)。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    室内
    室内・ホット
    ファン
    -



    キューバ キューバ -Cuba- 移動 都市

     1CUC = 約120円

    オダリスの家 - ハバナ -

  • 料金 : 25 CUC [トリプル利用]
  •      (約3,000円)
  • 宿泊日: 2008.8.7〜(2泊)
  • 評価 : ★★★★☆
  •  

    ◆場所
    セントラル公園から徒歩5分ほど。詳細はRosas 7の情報ノートなど参照。

    ◆一口メモ
    情報ノートなどで評判のよかった、オダリス一家の営む闇カサ。1部屋(2ベッド)を3人で利用させてもらった。評判どおり、オダリスはすごく良い人で色々と丁寧に笑顔で世話してくれた。英語もちょっと話せる。部屋もとてもキレイだし、特に不満は無し。しいて言えば、部屋に置いてあるテレビがほとんど映らなくてしかも白黒だったのが痛かった(オリンピック開幕時だったので)。でもまあ居間のテレビは普通にカラーで見れます。3泊する予定だったが、急遽親族がやってくるということでここを出ることとなったのだが、なかなか居心地の良い宿だった。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    ファン
    室内(白黒、ほとんど映らず)
    朝食付
    キッチン(冷蔵庫有)、飲料水フリー

    オダリスの友人宅 - ハバナ -

  • 料金 : 25 CUC [トリプル利用]
  •      (約3,000円)
  • 宿泊日: 2008.8.9(1泊)
  • 評価 : ★★★★☆
  •  

    ◆場所
    Neptuno 401の4階。セントラル公園の北端から西に延びるNeptuno通りをまっすぐ行き、Italia通りを越えて3ブロックほど行った左手。

    ◆一口メモ
    オダリスに紹介してもらった友人宅。同じく1部屋(2ベッド)を3人で利用。一応、正式なカサのようだったが名称は不明。紹介無しで直接行くのは、ちょっと厳しそうな感じがした。経営している夫婦はスペイン語しか話せないが、笑顔で接すればなんとなく言葉が通じた気になれる。部屋はオダリスの家のほうがキレイだったが、うちらの宿泊時は、経営者夫婦も含めて他に誰もいなかったため1フロア貸切状態になって、なかなか贅沢な気分が味わえた。まあ普通に悪くない宿でした。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    エアコン&ファン
    共同
    キッチン(冷蔵庫有)

    Alquilo 2 Habitaciones

    - ハバナ -

  • 料金 : 25 CUC [ダブル]
  •      (約3,000円)
  • 宿泊日: 2008.8.10〜(2泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    Neptuno 515 1er.piso e/ Lealtad y Campanario。前述のオダリスの友人宅をさらに西に向かって200メートルほど進んだ左手。

    ◆一口メモ
    老夫婦の経営する正式なカサ。バラデロから戻ってきた後、汗だくになりながら町をさまよっていたらこのカサを見つけた。値段はそんなに安くないが、部屋は広くて快適。1部屋に4人は泊まれそう。エアコンもついてて外に出るのがイヤになった。老夫婦もいい感じの人たちで、パンとかくれた。3CUC出せば朝食も出してくれるらしい。夕食は8CUCとのこと。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    エアコン&ファン
    共同(室内のTVは映らず)
    キッチン(冷蔵庫有)、飲料水フリー



    ベリーズ ベリーズ -Belize- 移動 都市

     1BZドル = 0.5USドル = 55円

    Sea Guest House

    - ベリーズシティ -

  • シー・ゲストハウス
  • 料金 : 40 BZドル [ダブル]
  •      ※1人あたり20BZドル計算
  •      (約1,100円/人)
  • 宿泊日: 2008.8.13(1泊)
  • 評価 : ★★☆☆☆
  •  

    ◆場所
    18 Gabourel Lane。スイング橋を北側に渡ってすぐに右折して100メートルぐらい進み、左に教会が見えてきたらそこを左折。20メートルほど進むとまっすぐ行く道と右に行く道があるので、そこを右へ。道なりに進んでいき50メートルほど進むと左手に見える。

    ◆一口メモ
    ベリーズシティには、特に目ぼしい宿は無さそうだったため、この町の中では値段も安くて、そこそこ評判のよかったこの宿に泊まることにした。キレイではないが、まあ普通に泊まれるレベル。蛇口のようなところから1本筋の水が流れるシャワーだったり、南京錠で弱っちく閉めるドアカギだったりで、アフリカを思わせるようなボロさが漂っていた。まあベリーズなのでしょうがない!?でも、シャワーはお湯がガンガンでるし、ベランダは風通しが良くてなかなか気持ちが良かった。しかもベランダでは、微弱な無線LANがキャッチできた。メールを見ることぐらいは可能だと思う。1階にネットカフェが併設されており1時間6BZドルで利用可。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・ホット
    ファン
    -

    Tina's Hostel- キーカーカー -

  • ティナズ・ホステル
  • 料金 : 20 BZドル/人 [ドミトリー]
  •      (約1,100円/人)
  • 宿泊日: 2008.8.14〜(5泊)
  • 評価 : ★★★☆☆
  •  

    ◆場所
    船着場の桟橋を降りてすぐ右折して海沿いを20メートルほど行ったところ。

    ◆一口メモ
    キーカーカーで有名なバックパッカーズ。船着場からも近く、目の前が海といういい感じのロケーション。庭と海に面した出っ張り部分にハンモックもあって、海を眺めながらのんびりユラユラすることもできる。部屋はそんなにキレイじゃないが、風は一応通るので普通に生活できる。ただシャワーが塩っぽくて、しかもクサイのがけっこうキツかった。すぐに満室になるので、泊まりたい場合は午前中に行ったほうがいいと思う。チェックアウト時間の10時頃が狙い目。

    トイレ
    シャワー
    空調
    TV
    食事
    その他
    共同
    共同・水
    ファン
    共同
    無線LAN無料。キッチン(冷蔵庫有)


     * レートは世界一周の旅行当時のものです。 情報も旅行当時のものなので、あくまで参考としてご覧ください。