旅の持ち物2007.11.4  written by 夫

旅に何を持っていくか?

これは旅人にとって重要な問題だ。

長期の旅行になると、旅が生活そのものとなる。そしてその生活の中では、当然生活するための道具が必要となる。充実した快適な生活(=旅)を送るためには、必要そうな生活道具をできればたくさん持っていきたい、けど移動するときに持ち歩くのが大変になるからなるべく軽くしたい。

ここから出発前の旅人の葛藤が始まる。

「これを持って行くべきか持って行かないべきか」、「あれも持っていきたいけど重くなるからなあ・・・」、そんな数十グラム単位の取捨選択が繰り広げられ、そして不安を伴った最終決定をもって、最終的な荷造りが開始されることとなる。

僕らも出発前に、夫婦間で喧々諤々の議論を交わしながら持ち物の取捨選択を行い、バックパックへ詰めては出し、詰めては出しを繰り返し、まあこれでいいかって感じで旅を出発するにいたった。

この記事では、僕らが旅にどんなものを持っていき、どんな風に活用してるのか、どんなアイテムが便利か、どんなものが外国でも安く入手できるかなど、旅の持ち物についての諸々のことを書き綴りたいと思う。


●バッグについて


荷物を入れるバッグについては、世の中にいろんな種類のものが存在するが、長期旅行者に圧倒的に支持されているのは、やはりバックパックだ。まあ、バックパッカーというぐらいなので。

僕らも当然バックパックをメインのバッグとして旅している。

夫が使ってるのは、50リットル(+10リットル拡張可)入るやつ。出発前にネットオークションで購入したdeuterのものだが、まあ他の旅行者と比べると少し大きいぐらい。容量的には、(キツキツなのは当然だけど)まあ充分かなあと思ってます。

妻が使ってるのは、同じくdeuterの42リットル入るやつ。夫が昔使ってたやつです。妻曰く「もうちょっと大きくてもよかったかな」とのこと。

ちなみに、二人ともdeuterなのは、特に意味ないです。たまたま。でも某アウトドアショップの店員が、バックパックならdeuterがベストと言っていたらしい。まあたしかに腕回りのサイズ調整とかもできるし、フィット感はいいかも。これまでのところ特に大きな不満は無し。


その他に、サブのバッグを持ち歩いている。バックパックだけだと容量が足りないからというのもあるが、バックパックとは別管理したいという理由が大きい。


夫は、patagoniaの22リットルのデイパック(リュック)。乱暴に扱われたり濡れたりすると困る、パソコンとその周辺器具の入れ物として使用。パソコン用のクッションもついてるし、撥水加工もされているらしいし、サイズも丁度良いので、なかなか気に入ってます。

移動の際は、このデイパックを前に持って、背中にバックパックを背負う感じで。妻は、昔中国で購入した派手な肩掛けカバン。移動中でも取り出したりするような道具とかを入れている。

さらに、街歩き用のミニ・バッグもそれぞれ保有。

夫はヒップバッグ、妻は肩掛け。どちらも文庫本が入るぐらいのサイズ。手帳とかipodとか本とかを入れている。移動中はサブバッグの中に押し込んでいることが多い。ちなみに、夫のヒップバックとipodは出発前に友人からいただきました。ありがとうございます。大事に使わせてもらってます。

さらにさらに、妻は「お菓子袋」と称する手提げ袋も持ち歩いている。文字通りお菓子が入っていたり、果物が入っていたり。なんだかんだで、いつもたくさんのものが入っている・・・。


●貴重品の持ち方


海外では盗難とか引ったくりとかがつきもの、ということで貴重品の扱いも注意が必要となる。

うちらは、腹巻式の貴重品入れを旅先で購入し、それにだいたいの貴重品を入れて、あとは適当に分散して持ち歩いている。

他の旅人の様子を見る限り、貴重品入れとしては、この腹巻式が一番メジャー、あとは首かけ式とか、足巻き式とかも有る。腹巻式のやつは日本でも買えるけど、旅先でも旅人が集まるような場所でなら安く買うことができる。うちらは、それぞれバンコクとラサで購入。その他ネパールのカトマンズやポカラでもよく見かけた。

お金は現金とT/CをUSドルで同額ぐらい持ってきた。ただし、基本的にはキャッシュカードで現地のATMからおろすようにしていて、現金とT/CはATMの無い国or緊急用という感じで。ATMは手数料かかったりするけど、たくさん現金を持ち歩く危険性を考えると、このほうがいいのかなと思ってます。

あと、クレジットカードも一応数枚保有。出発3ヶ月たちますが、ほとんど使ってません。ネットで何か買ったり(Skypeのクレジットとか)するとき使うぐらい。ヨーロッパとかアメリカで使うことになるかも。

ちなみに我々、バンコクでクレジットカードと現金少しを盗まれました。で、かなりの金額を悪用されてました・・・。まあカードの付帯保険のおかげで実害はありませんでしたが、皆さんも気をつけましょう。


●パソコン・モバイル・カメラなど電子機器類


このホームページの更新もあるのでノート・パソコンを1台持参。昔から愛用しているIBM(Lenovo)のTinkPad。黒いボディに色々なシールをペタペタ。

パソコン中毒気味の夫がいつも占有しているため、もう1台持ってくればよかったと妻がよく愚痴っている。いつもごめんなさい。

パソコンが1台あると、DVDも見れるし、保存しといた旅行情報とかも宿で寝そべりながら見れるしで、とても便利。たまに宿で無線LANを傍受してネットにつなげることもできるしね。すみません。

その他、周辺機器としては、映画とかバックアップデータとかが入った外付けの120GBのハードディスク、外付けDVD/CD-Rドライブ(DVD見たり、写真のバックアップCD-Rを作成したりする)、外付けフロッピードライブ(アフリカとかで活躍か!?)などなどを保有。



パソコン以外のモバイルとしては、携帯電話、ipodを夫婦それぞれで保有。携帯はSimカードを買えばどこでも使えるやつで、とりあえず中国で使用。それ以外の国で使うかは未定。まああれば便利だけど、無くてもいいやって感じです。

それと主に妻の暇つぶし用として任天堂DSも活躍中。ラサから一緒だったランクルメンバーみんなで桃鉄をやろうと言っていたけど、実現できず。そのうちどこかで。

カメラは、普通のコンパクトなデジカメを夫婦それぞれ1台ずつ。夫はその昔、社会人初ボーナスで買ったsonyのデジカメ、妻はpentaxの防水のデジカメを使用。後者は水のあるところや、砂のひどいところでも使えるので、今後活躍するんじゃないかと期待してます。


●意外と使える便利アイテム


普段、日本で生活してるとほとんど使わないけど、旅先だと意外と使える、そんなものをご紹介。

<スイムタオル>

たぶん高校生のときに水泳部の人とかが持ってたやつ。吸水性抜群なのに、絞ると水分がほとんど落ちて早く乾くため、移動が多くて干す時間が少ない旅人には、かなり使えると思う。湿ってるときはグニャグニャだが、乾くとパリパリになる。
東急ハンズで700円ぐらいで購入した(セール品)けど、中国のスーパーとかネパールのアウトドア用品店でも見かけた。



<S字フック、ネジ式のフック>
旅先では洗濯物を部屋の中に干すことが多いが、その際、洗濯物干し用のロープを使うことになると思う。だけど、ロープって当然引っ掛ける所がないとピーンと張れないわけで、往々にして安宿には引っ掛ける所など無い部屋が多い。そんなとき、ちょっとした穴とか引っ掛け場所さえ発見できれば、そこにS字フックをかけて、そこを経由してロープを張ることができる。
穴すらない場合は、木の部分とかを見つけてそこにネジ式のフックを捻じ込み、そこにS字フックをかければよい(すべて石でできた部屋の場合はアウトだけど)。ちなみにロープはプラスチックのハシゴ型のヤツがフックをかけやすくて便利。100円ショップで買えます。



<湯沸しコイル>
やはり旅先でも贅沢な気分は味わいたいもの。ということで、朝コーヒーを飲みたいとき(主に妻)とかに、このコイルを使ってお湯を沸かす。ものの1分程で沸くので最初使ったときは驚いた。
僕らは東急ハンズで5,000円ぐらい出して購入したけど、旅先でもいろんな場所でかなり安い値段で購入可能。ただし、電圧が世界対応してないと、たくさん買う羽目になる。



<寝袋>
要らないかなあと思って日本からは持ってこなかったけど、エベレストB.Cでのあまりの寒さに参り、購入を決意。ネパールのポカラで夫婦それぞれ購入。フリースのやつで、かなりコンパクトにまとまるので、実際はそんなにかさばらない(バックパックの横にくくりつけている)。暖かい国でも、ベッドのシーツが汚いときに下にひいている。これでダニとか南京虫とか防げるはず。あと寝台列車の中でちょっと寒いときとかに使用。
日本から持ってくる必要は無いかもしれないけど(日本で買うと高いと思うので)、ネパールとか行く場合は安く買えるだろうし、買って損することはないと思う。ちなみにうちらのやつは、たしか700円ぐらいだった。


●最後に


とまあ、いろいろと書いてきましたが、実際旅に出てしまえば、生活道具なんてどうにでもなるというのが実感です。

最低限必要なもの以外は日本で揃えず、海外(特にアジアとか)で購入する。そうすれば、金銭的にも安く済むだろうし、持ってこなくてよかったものを持たなくて済む。海外でも、旅人が集まるような街だったらだいたいのものが揃うし。

移動が多いときなんかは、やはり荷物はなるべく軽くするというのが鉄則だなあと、しみじみ感じてしまいます。

以下、我々が旅に持ってきたもの(旅先で買ったものも含む)を公開。そんなに偏った持ち物では無いと思うので、これから旅に出る方々は、ご参考にご覧いただければ幸いです。

アイテム
持ち主
備考
◎バッグ・収納用品系
バックパック
夫&妻
夫:deuter50+10L。妻:deuter42L。
サブバック
夫&妻
夫:patagoniaの22Lのデイパック。PC・周辺機器等を格納。妻:昔中国で買った派手な肩掛けバック。
ミニバック
夫&妻
夫:友人から餞別にもらったPORTERのヒップバック。妻:肩掛けバック。
お菓子袋
何枚か保有。旅先の各地で購入している。主に布地のもの。
貴重品入れ
夫&妻
夫:腹巻式のものをバンコクで購入。妻:腹巻式のものをラサで購入。 → 後から夫と妻で交換
財布
夫&妻
夫:メインで使ってるのは色々ポケットのあるやつ。小銭入れはバラナシで購入した毛糸で編んだ小さい袋。妻:持ってきてるけどほとんど使用せず(現金は夫が持ってるため)。
バックパックカバー
夫&妻
夫:香港で購入。妻:バックパックに付属。バスの屋根の上に載せられたりするので、やはりあったほうがよい。
メッシュ袋
夫&妻
洗濯物入れとして使用。100円ショップで購入。
洗面具入れ
夫&妻
友人から餞別にもらったもの。
衣類圧縮袋
夫&妻
ダウンジャケットを圧縮。
風呂敷
昔インドで買ったもの。衣類を包む。意外と使える。
ビニール袋
共通
ジップロックとかたくさん。
◎貴重品・重要なモノ
パスポート
夫&妻
二人とも10年ものの赤いパスポート。
航空券
夫&妻
世界一周航空券。ワンワールドの4大陸。
海外旅行傷害保険証
夫&妻
日本興亜損保の1年間のやつに加入。
現金
夫&妻
それぞれ2,000USドルぐらいずつ。
トラベラーズ・チェック
夫&妻
それぞれ1,500USドルずつ。
クレジットカード
夫&妻
夫:VISAのやつを2枚とJCBのやつを1枚。妻:VISAのやつを1枚持っていたが、バンコクで盗まれる。
キャッシュカード
夫&妻
それぞれplusマーク付きのやつを保有。
アジアマイルのカード
夫&妻
この旅で、小旅行分ぐらいのマイルがたまるといいなあ。
予防接種証明書
夫&妻
黄熱病、肝炎のやつ。特に前者の証明書はアフリカを旅行する場合、必須。
証明写真
夫&妻
ビザとかの取得用に何枚か携帯。
国際免許証
夫&妻
車を運転するかもしれないので。1年間有効。3,000円ぐらいで簡単に取得できる。
重要書類のコピー
共通
パスポート、海外旅行傷害保険証、保険のガイドブック、TCの控え、カード類の緊急連絡先、予防接種証明書など
◎セキュリティ関連
ワイヤーキー
共通
出かけるときに、バッグ類をこれでくくりつけておく。1本しか持ってきてないが、2本持ってきたほうがよかったかも。
バックパックチェーン
パックセーフのやつ。夫のみ保有。かけるのが面倒であまり使用してない・・・。
南京錠
夫&妻
大小あわせて6個ぐらい保有。何かと使う。番号式が面倒くさくなくて便利。南京錠というだけあって、中国で良い品が安く買える。
◎洗面具・トイレタリー
夫&妻
小さいやつを保有。
石鹸
共通
なくなりしだい旅先で購入。
シャンプー
共通
なくなりしだい旅先で購入。
洗顔フォーム
共通
なくなりしだい旅先で購入。液体系ということで、一度バンコクの空港で没収された。
歯ブラシ・歯磨き粉
夫&妻
移動中でもすぐに取り出せるように、手元のバッグに入れている。
化粧水
日本から持ってきたやつはバンコクの空港で没収されたため、香港で購入。
香水
夫&妻
小瓶に詰めて持ってきた。風呂に入らなかったりして臭くなりがちなので。
爪切り
共通
やはり日本製がよいと思います。
耳かき
共通
海外では木のやつは売ってない(目にしたことがない)ので、日本から持ってきたほうがよい。うちらのやつは折れてしまったため、中国で鉄製の小さいのを購入。痛い。
綿棒
共通
主に夫が風呂上りに使用。
ヒゲソリ
ハサミでカットしてるので、全く使用してない。
リップクリーム・ワセリン
夫&妻
乾燥地帯では、カサつきます。
体洗い(ナイロンタオル)
夫&妻
これも海外では入手しにくいと思う。出すのが面倒なときは使ってない。
普通のタオル
夫&妻
スイムタオルで用が済むので、ほとんど使ってない。
スイムタオル
夫&妻
バスタオル代わりに大活躍。小さいし、すぐに乾くので、かなり使える。東急ハンズで700円ぐらいで購入。
マスク
喉を痛めやすいので一応何枚か。
生理用品
なくなりしだい、旅先で購入。でも日本製が断然よいらしいです。
洗濯ロープ
共通
洗濯物を干す用。ハシゴ型になってるのでハンガーとか干すのにも便利。S字フックとセットで使用。100円ショップで購入。
洗剤
共通
500mlの空きペットボトルに入れている。なくなりしだい、旅先で補給。
洗濯物干し
共通
洗濯ばさみのついた小さいやつ。パンツとか靴下とかを干す。100円ショップで購入。
折りたたみバケツ
共通
洗濯するときに便利。浸けおき洗いとかできるし。
ウェットティッシュ
共通
手が汚れたときに。はじめのうちは結構使ってたが、途中からそんなに使わなくなった。
トイレットペーパー
共通
だいたいの便所にはついてないので。なくなりしだい、旅先で補給。
防虫剤
共通
タンスにゴンみたいなやつ。イエメンで購入。アフリカで南京虫対策として、バックパックの中や寝袋の中に入れた。
虫よけスプレー
共通
日本から2本ほど持ってきた。さすが日本製だけあって、けっこう防虫効果有り。
虫よけノーマット
共通
電池式の小さいやつ。詰め替え用を2つほど持ってきた。虫が多いところでは夜寝るときに回しっぱなしにする。
◎生活用品一般
寝袋
夫&妻
ネパールのポカラで購入。フリース素材のもの。けっこう活躍中。ダニや南京虫対策としても効果があると思う。
テント
共通
ザンビアで出会った人にもらった。ぎりぎり2人が入れるぐらいの大きさ。意外と軽くてコンパクト。アフリカやヨーロッパではキャンプサイトが多いので結構使えるかも。
懐中電灯
共通
昔、中国で買った充電式のやつと、今回、中国で買った電池式のやつ。前者はあまり明るくない。停電とかに備えて、取り出しやすいところに入れている。
耳栓
夫&妻
大音量で音楽とか映画とか流すバスもいるので。100円ショップで購入。
ライター
共通
お香をたいたり。
十徳ナイフ
果物をむいたり、栓を抜いたりするときに使用。ツーリスト街によく売ってる。
方位磁針
夫&妻
よく道に迷うのでけっこう使う。常に携帯。
目覚まし時計
共通
日本から持ってきたやつは壊れたので、広州で購入。これも壊れ気味でたまに鳴らない。
マグカップ
夫&妻
これに水を入れて、コイルヒーターで温める。
S字フック
共通
洗濯物干しを壁にひっかけたりするときに使用。
ネジ式のフック
共通
壁にひっかける所がないときとかに使用。木の部分に強引に捻じ込む。
コイルヒーター
共通
全電圧対応のもの。東急ハンズで5千円ぐらいで購入。コーヒーを飲んだりするときに使用。
はし・フォーク
夫&妻
一応持ってきたが、あまり使用機会無し。
カナビラ
夫&妻
D字の形をしたカギとかジャラジャラつけるやつ。これを使ってカメラと方位磁針をベルトループにさげている。マグカップもこれでバックパックにつなげている。
計算機
共通
レートを計算するときとかに使用。妻が携帯。
空気枕・エアクッション
長時間の移動の際に使用。100円ショップで購入。
ドライバーセット
共通
PCがたまに動かなくなるので、これで分解する。インドネシアで購入。
裁縫用具
共通
服がほつれたときとか、バックパックカバーが破けたときとか、意外と使う。
はさみ
共通
普通のハサミのほかに、すきバサミと、ヒゲとか鼻毛を切る用のミニバサミも。
カッター
共通
たまに使う機会あり。
オイル式カイロ
共通
ジッポ用のオイルを入れて使う。寒い地域で使用。
◎衣類
フリースジャケット
夫&妻
寒さをしのぐには、やはりフリースが良いと思う。
ダウンジャケット
夫&妻
結構かさばるので圧縮袋につめている。
ズボン
夫&妻
夫:ジーンズ、ワークパンツ、チノを計3本持ってきたが、ジーンズをバンコクで盗まれた。のちにバラナシで麻のやつを購入。妻:ゆったりしたものを4本(うち1本は広州で購入)。
短パン
夫&妻
夫:1枚(寝るとき用)。妻:2枚(寝るとき用と外出用)。
パンツ
夫&妻
それぞれ5枚ほど。
Tシャツ
夫&妻
それぞれ5枚ほど。旅先で買ったり捨てたり。
長袖シャツ
夫&妻
それぞれ2〜3枚。夏でもバスの中とか寒いのでサブバックに入れている。
長袖シャツ(襟付き)
フォーマル用として念のため1枚。
ベルト
夫&妻
それぞれ1本。
夫&妻
だいたいサンダルで過ごしているのでバックパックの中。夫は成都でトレッキング用のやつを購入。日本から持ってきたやつは捨ててしまった。
サンダル
夫&妻
寒いところ以外はサンダル暮らし。
雨合羽
夫&妻
雨のときのお出かけなどに大活躍。
水着
夫&妻
海で泳ぐとき用。
帽子
夫&妻
夫:ニットキャップとハット。妻:普通のキャップとニットキャップ。
サングラス
夫&妻
それぞれ1つずつ。二人とも、かけるとかなり怪しくなる。
靴下
夫&妻
それぞれ5足ほど。
腕時計
夫&妻
防水のものをそれぞれ1本ずつ。
◎電子機器類
ipod
夫&妻
それぞれ1つずつ。夫のは友人に餞別としてもらったもの。
スピーカー
共通
5cm四方ぐらいの小さいやつ。ネパールで700円ぐらいで購入。買ってよかった。
任天堂DS
共通
ケース、USB充電コード、ソフト類含む。Super Cardに何本がソフトを入れている。
パソコン
共通
B5サイズのThinkpad X32。ケース、アダプタも。一応、250V対応の電源コードを使っている。
パソコンのバッテリー
共通
1本だと電源無しで3時間ぐらいしかもたないので。ネットオークションで購入。
デジカメ
夫&妻
夫:sonyのcyber shot。妻:pentaxの防水仕様のやつ。メモリーカード、ケース、充電器も。充電器は無くした(後で見つかったけど)ので、成都で購入。
外付けハードディスク
共通
BUFFALOの120GBのポータブルタイプのやつ。壊れないようクッションケースに入れている。映画とかいろいろデータを詰め込んでいる。
外付けDVD/CD-Rドライブ
共通
PCに内蔵されてないので。写真のバックアップをこれでCD-Rにやいて日本に送ってます。あとたまにDVDを見たりする。
外付けフロッピードライブ
共通
アフリカとかで使えるかもしれないと思い持参。いまだ陽の目を見ず。
USBメモリー
共通
ちょっとしたデータのやりとりに便利。あと、ネットカフェでラップトップが使えないときとかに使用。
CD-R(空のメディア)
共通
写真のバックアップ用。旅先で購入。
DVD(メディア)
共通
映画とか入ってるやつを何枚か持ってきた
メモリーカードリーダー
共通
デジカメの写真をPCに取り込むときに使用。
LANケーブル
共通
ネットカフェでラップトップを使うときに、ケーブルがないことがあるので。たまに使う。
マイク
共通
Skype用。イヤホンはipodのやつを使用。
携帯電話
夫&妻
中国で昔使ってたもの。各地でSimカードを買えば世界中で使えるらしい。
電子辞書
夫&妻
英語と中国語のほかに広辞苑とかも入っている。
電池
共通
単三の充電電池(エネループ)と単四のアルカリ電池をいくつか。
電源テーブルタップ
共通
日本から持ってきたやつは壊れたのでインドネシアで購入。かなり接触は悪いが、小さくて重宝している。必需品。
電源変換プラグ
共通
これひとつで世界中の全ての型に対応。東急ハンズで500円ぐらいで購入。これも必需品。
◎医薬品類
共通
抗生物質、胃薬、痛み止めなど。現地で買ったりもする。
ばんそうこう
共通
切り傷などに。バイキンが入らないためにも、ケガしたときはすぐにつける。
かゆみ止め
共通
液体ムヒと貼るタイプのパッチのやつ。妻が蚊にさされやすいので。
マルチビタミン
共通
栄養が足りてなさそうなときに飲む。
軟膏
共通
傷とかひび割れとかに。
目薬
夫&妻
常に携帯。
◎書籍・文具類
ガイドブック
共通
『地球の歩き方』とか、『Lonly Planet』とか。旅先で買ったりもらったり、交換したり。日本で図書館にこもってコピーしたものはいくつか持ってきた。
世界地図
共通
高校生とかが使っている帝国書院のやつ。たまに見る。
スペイン語の参考書
共通
南米に行くまでに勉強する予定。
文庫本
夫&妻
それぞれ2〜3冊。旅先で買ったり、もらったり、交換したり。
世界史の教科書
歴史を振り返りながら観光したいので、夫のたっての希望で持ってきた。高校時代に使っていたもの。
ノート
夫&妻
日記を書いたりする。
メモ帳
夫&妻
メモ書き用のものと家計簿用のもの。常に携帯。
筆記用具
夫&妻
4色ペンを何本か。
手帳
日付とか曜日とかがわからなくなるのでたまに見る。あと家族の連絡先とか書いている。
◎食品類
ふりかけ
共通
のりたまとカツオ。成都で購入。
調味料
共通
砂糖、塩、だしの素など。醤油はエジプトで購入。
味噌汁パック
共通
日本の味が恋しくなったとき用に。

topicsトップ ページトップへ

[ ビバッ!中華料理 ]