遺跡 in アジア2008.1.1  written by 夫

旅先で訪れた、偉大で壮大な「遺跡」の数々を、我々夫婦の個人的(主にパッと見的)な尺度に基づいて、勝手にランキング!

なお、我々夫婦が行ったことのある遺跡のみを対象にランキングしています(この世界一周旅行以前に行ったことのある場所も含む)。



アンコール
ハンピ
エローラ
ペトラ
ボロブドゥール






アンコール(カンボジア)





って、いきなりこの旅行で行ってない場所の登場。でもやっぱりここは素晴らしかった!

霊廟アンコール・ワットと王都アンコール・トム、そして森林の奥にひっそり残る数々の遺跡、これらアンコール遺跡群は、世界で最も知名度の高い遺跡と言っても過言ではないでしょう。

ジャングルの中を抜けると、目の前に広がってきたアンコール・ワットの姿には、思わず息をのんでしまうスケールのデカさがありました。周囲の緑の風景と調和するあの雄大な光景は、生涯忘れることができないだろうと思います。あとサンセット、サンライズもとてもキレイでした。

ちなみにアンコール・ワットの塔に登るためには、20メートル程のものすごく急な階段をのぼる(よじのぼる!?)必要があります。あれもある意味、すごく印象的でした・・・。

アンコール・トムも見ごたえのある遺跡で、バイヨンの微笑み等とっても素晴らしい!あと、木の根に飲み込まれたような遺跡が特徴的なタ・プロームなど、周囲にも魅力的な遺跡がたくさんあります。

というわけで、文句なしの1位なのでした。


ハンピ(インド)





ここは正直、行く前までそんな期待を持っていなかったのですが、ものすごく素晴らしいところでした。

かつて南インド全域を支配したヴィジャヤナガル王国の幻の都といわれているこのハンピ。ホスペットという町からバスに乗って30分ほどの所に位置してます。

バスに乗っていくと、ハンピに近づくにつれて、見たこともないようなゴロゴロとした岩山(原始時代風!?)が目の前に広がってきたり、バナナのジャングルが見えてきたりと、なんかよくわからない気分になってきます。

で、到着すると、そうしたよくわからない壮大な風景の中に、遺跡群がポツリポツリと目に飛び込んでくる。思わず体が震えてしまいそうな、そんなスケールのデカさを感じてしまいました。これは行って見ないとたぶんわからないと思いますが、相当すごいです!

うまく表現できませんが、ハンピを歩いていたら、いま自分がどこにいて、いま何時代なのか、よくわからないような不思議な気がしてきます。

ちなみに、ハンピには川が流れていて、そこをボートで渡ると、これまたいい感じの風景が広がってます。沈没者多し。


エローラ(インド)




アジャンターと並び石窟寺院で有名なエローラ。繊細な壁画が特徴的なアジャンターに対して、こちらはその壮大さがウリ。

特にメインの第16窟は、岩山をくりぬいて造ったのが信じられないぐらいデカい!

100年以上かけて造ったらしいですが、ほんとに昔の人はすごいなあと感動せずにはいられない遺跡でした。



ペトラ(ヨルダン)



インディー・ジョーンズの舞台になったことでも有名なペトラ遺跡。

岩山の自然風景だけでも見ごたえ有りなのですが、そこの中に遺跡があるのだから素晴らしさは言わずもがな。

遺跡内を走ってる馬車もいい感じです。

入場料は高いけど、十分に元は取れるスケールのデカ過ぎる遺跡でした。



ボロブドゥール(インドネシア)



ジョグジャカルタ近郊にある仏教遺跡。近くにあるブランバナンもいいですが、こちらのほうがやっぱり素晴らしい。

高校の頃から歴史の教科書に載っているその姿を見て、ずっと憧れていた遺跡でした。

ちなみに補修工事が行われてて意外と表面はキレイです。観光客が少なかったのが意外でした・・・。




その他、今回ランキングには入ってませんが、バーミヤン、敦煌、パルミラなど、行ってみたい遺跡はたくさんあります・・・。

「この遺跡がよかった!」、「何でここが入ってないんだ!」といったようなご意見などありましたら、メールか掲示板で情報お寄せいただけると嬉しいです。

topicsトップ ページトップへ

[ 世界中からおめでとう ]
[ アフリカの思い出 ]