居心地の良かった町2009.1.8  written by 夫

かけあしの世界一周の旅だった我々夫婦。数えてみると約400日の間に150ぐらいの町を訪れてました。だいたい2、3日に1都市のペース。

でも、そんな中でも居心地の良さのために、けっこうな期間滞在した町がいくつかありました。

いくら急いで旅していても、居心地の良い場所にはどうしても長居してしまうものです。

というわけで今回は、そんな我々が訪れた約150都市の中でも、また行ってノンビリ過ごしたいなあと思うような、特に居心地の良かった町をランキング!

<評価の方法>
[@物価]、[A食事]、[B雰囲気]、[C宿]、[D利便性]、[Eネット環境]、[F娯楽/観光]について、それぞれ10点満点で何点となるか評価。特に重視する[@物価]、[A食事]、[B雰囲気]については点数を2倍にし、さらに[G治安の悪さ]については最大-5点までマイナス評価して、その合計点を比較した。最大で100点。



カイロ
ラサ
バラナシ
ラパス
カトマンズ






カイロ (エジプト)






第1位は、エジプトのカイロ!

有名な日本人宿もあって、たくさんの情報が集まるため、日本人バックパッカーも多いカイロの町。長期旅行者にとっては再会の町でもあります。

イスラム世界の中心都市として、長い歴史の中で堂々たる地位を築き上げてきたカイロは、町自体の雰囲気も良いし、そこら辺を歩いてるオヤジたちの感じも良い。物価が安いのに交通機関など整ってて色々と便利。

ピラミッドなどの観光ポイントもたくさんあるし、しかも食事も意外と美味くて、治安も全く問題なし。

というわけで、ノンビリしたくなる要素がたくさんあふれるこの町が1位となりました。

ちなみにうちらは1週間ほど滞在してました。でも1ヶ月はユックリしてたかったなあ・・・。

@物価 10点 Eネット環境 7点
A食事 7点 F娯楽/観光 8点
B雰囲気 8点 G治安の悪さ 0点
C宿 7点
合計: 81
D利便性 9点


ラサ (中国・チベット)









第2位は、チベット仏教文化圏の中心ラサ!

以前に比べるとちょっと中国色が強くなったと言われてますが、やっぱり雰囲気はさすが「聖地」と呼ばれるだけあって素晴らしい町でした。

青く深い空、照りつける太陽、そびえ立つポタラ宮、五体投地を繰り返す信徒たち。そういった印象的な光景が、日常の中にいくつも存在してました。

中国ということもあり、物価は安く、食事は美味い。中華料理もあれば、チベット料理もあります。

宿もたくさんあるし、スーパーもあってモノも色々と揃います。

標高4,000メートル近くにあるため、息も苦しいし、高山病にかかってしまうとちょっとつらいけど、それもまたこの地の雰囲気を盛り立てているような、そんな気もします。

暴動の影響で、最近は入りにくくなったのかもしれませんが、ぜひとも、またもう一度行きたい町のひとつです。

@物価 8点 Eネット環境 7点
A食事 8点 F娯楽/観光 8点
B雰囲気 10点 G治安の悪さ 0点
C宿 6点
合計: 80
D利便性 7点


バラナシ (インド)









第3位は、ガンジス川を望む町バラナシ!

ここもまたヒンドゥー教の聖地。ラサとはまた少し違った神々しい雰囲気が漂ってました。

そんな神聖な町の狭い路地には、人や動物がゴチャゴチャあふれ、「混沌」という言葉がピッタリの不思議な空間が広がっていました。

日本人旅行者もたくさんいて楽しいし、食事もインドの中ではバラエティに富んでるし(ツーリスト向けの店も多い)、物価はインドの中でも安いほう。

安宿は、有名な久美子ハウスをはじめ、ガンジス川沿いに多数あります。

とにかく路地をちょっと歩くだけでも、刺激的でとっても楽しい町なことは間違いなし。

インドということもあって、不便で面倒なことは多々ありますが、それを差し引いてもとても魅力的な町だと思います。

ヨガを習ったり、シタールなどの楽器を勉強したりもできるし、何ヶ月いても飽きることはないんじゃないでしょうか。

でも、たまにこの町で行方不明になる人もいるらしいので、夜中ひとりで路地裏を歩くのは少し危ないかも・・・。

@物価 10点 Eネット環境 5点
A食事 7点 F娯楽/観光 8点
B雰囲気 10点 G治安の悪さ -1点
C宿 6点
合計: 77
D利便性 5点


ラパス (ボリビア)









第4位は、南米ボリビアのラパス!

標高3,600メートルの高地に位置し、四方を山々に囲まれたこの都市には、すり鉢状の不思議な町並みが広がり、独特のファッションに身を包んだインディヘナのオバチャンたちが町中を闊歩してました。

かわいらしい民芸品や雑貨も豊富で、町歩きがとても楽しいし、物価もすごく安いので、気軽に買い食いや大人買いができるのもけっこう嬉しい。

エル・アルトの古着市やインディヘナのプロレスなどの娯楽も豊富。美味しいケーキや日本食も食べれる、グルメ天国としても有名です。

ここもまた高地のため、空気が薄くて坂道とかしんどいですが、そのぶん空がとても青くて、空気が乾燥してるので、町の景色はとてもリアルに目に映ってきます。

スリ、首絞め強盗、ツバかけ強盗などが多く、治安がとても悪いのがタマにキズですが、でもついつい長居したくなってしまう、魅力的あふれる町でした。

@物価 9点 Eネット環境 6点
A食事 8点 F娯楽/観光 8点
B雰囲気 9点 G治安の悪さ -1点
C宿 6点
合計: 75
D利便性 7点


カトマンズ (ネパール)







第5位は、ネパールのカトマンズ!

インドとは似てるようで、かなり違う顔を持つネパール。物価の安さはインドと同じぐらいだけど、人は穏やかだし、食事もカレーだけじゃない!

そんなネパールの首都カトマンズは心癒される楽園のような町でした。

風邪でダウンしてあまり歩き回れなかったけど、かつてのヒッピーたちの聖地だったこの町の雰囲気は、世界遺産に登録されてるだけあって、とってもいい感じ。

かわいらしい雑貨などもたくさん売ってるし、買物欲をそそるような品物がたくさん町に並んでました。

パンやケーキも美味しいし、日本食のレベルはピカイチ。

あとは、安宿の質とネット環境が充実してくれれば言うこと無し。また長くゆっくり滞在してみたいなあと思う町です。

@物価 10点 Eネット環境 4点
A食事 8点 F娯楽/観光 7点
B雰囲気 8点 G治安の悪さ 0点
C宿 5点
合計: 74
D利便性 6点

6位以降は以下の通りです。

6位

ブエノスアイレス(アルゼンチン)

72点

食事が美味くて、町はキレイだが治安悪い

6位

メキシコシティ(メキシコ)

72点

全般的にグッドだが、治安はあまり良くない

6位

バンコク(タイ)

72点

食事が美味くて、全体的に便利な町

6位

麗江(中国)

72点

便利じゃないけど、それ以外はグッド

6位

成都(中国)

72点

雰囲気はないけど、全般的に◎

11位

ダハブ(エジプト)

71点

不便だけど、物価安くて、海で楽しめる

12位

ブダペスト(ハンガリー)

70点

宿がとても良い、町の雰囲気も良い

12位

クスコ(ペルー)

70点

町の雰囲気は良いが、治安はあまり良くない

老後は、こういう居心地のよい町でユックリと余生を送りたいものです・・・。


topicsトップ ページトップへ

[ 強烈インパクトな国 ]